結婚したいけど、お金が心配!彼氏と二人で不安を解消しよう

「愛があればお金なんて!」と言いたいところですが、実際に結婚となるとあれやこれやとお金が必要になってしまいますよね…。

友達の結婚式には何百万もかかったらしい…とか、引越しに新しい家具にと揃えたら貯金がなくなったとか…いろいろな恐ろしい話を聞いたことがあると思います。

入籍という形をとるだけならば、そこまで費用にびくびくすることはありませんが、現実は結婚式に新婚旅行、そして新生活とお金がかかりそうなことばかりですよね。

しかし「なんとなくたくさんのお金が必要」というイメージだけにとらわれていては、前に進むチャンスを逃してしまいます!
費用面をクリアにして、彼氏と二人で悩みや不安を減らしていきましょう。

 

結婚に関する3種類の費用をおさえておこう!

結婚への予算と言っても、それに関する費用は本当に人それぞれです。

既婚者に話を聞いたり、ネットで調べてみるのもためになりますが、あくまでもそれは一つのケースであって、必ずしもお二人に該当するとは限りません。

まずは、結婚に関する3種類の費用について考えてみることをおすすめします!

  1. 結婚式にかかる費用
  2. 新婚旅行にかかる費用
  3. 新生活開始のための費用

大きく分けると、この3種類でしょうか。

お二人がどこに重点をおくかで、随分と予算がかわってきます。

では、それぞれどういうお金の動きがあるのか、ご紹介しますね。

 

結婚式にかかる費用

「結婚したい!」と思った時、真っ先に浮かぶ費用ではないでしょうか。

きっと、結婚式=何百万!といった公式が頭の中をぐるぐると回る方も多いと思います。

確かに、何百万といった予算を組む方もいらっしゃいます。

「じゃあ無理だ…」とあきらめる前に、まずは結婚式にかかる費用を細かく考えていきましょう!

結婚式には、挙式(神社や教会でおこなう)と披露宴があります。

挙式だけの場合は、40万ぐらいの予算でおこなえることが一般的です。

最近では披露宴をおこなわずに、ご家族や身内のみで挙式だけにするカップルも多くいらっしゃいます。

海外やリゾート地で、挙式のみというパターンもよく耳にしますね。

披露宴をおこなう場合は、招待する人数によって金額が変動します。

招待客が多くなれば、費用も増えるということですね。

しかし、招待した方からのご祝儀も予算にいれるので、実際の負担額は100万円ぐらいのケースが多いようです。

「披露宴費用-ご祝儀=自己負担」という公式が成り立ちます。

※ご祝儀をあてにした結果、予想よりいただけないこともあるので、なるべくシビアに考えましょう。

 

新婚旅行の費用

特に女性は結婚式同様、新婚旅行にも夢を見ている方がたくさんいらっしゃいますよね!

極端な話、新婚旅行をしないのであれば、これに関する費用は…そうです!0円です!

しかし、ヨーロッパ制覇するぞ!とか、完全オーダーメイドの旅行にしたい!など理想が高くなればなるほど、費用も必要になってきます。

もちろん、新婚旅行をすれば、周囲へのお土産費用なども加算されます。

そして海外旅行の場合は、パスポート申請費用なども追加されるので、予算組みの時に忘れないようにしたいですね。

予算の関係やお仕事の関係で、新婚旅行は数年後に…というケースもあるので、お二人のお財布とじっくり相談してみてくださいね。

 

新生活開始のための費用

節約したいから、結婚式も新婚旅行もなしでいいと思っていても、新生活開始のお金が必要になることもあります。

同棲していた、別居婚などの場合は、莫大な費用はいらないかもしれません。

しかし、お二人で初めて新生活を開始するならば、部屋代(敷金・礼金・家賃など)や引っ越し代、家具・家電代などの予算を考えなければいけませんね。

※結婚により住宅補助がでたり、どちらかの社宅などに住む場合は、いがいと安くすむかもしれません。

引っ越し費用は、時期によって差が出るので、業者見積もりを活用してみるといいですね。

 

忘れがちな費用はこれ!

挙式と披露宴費用、そして新婚旅行に新生活!すべての予算は完璧だわ!となるまえに、忘れてしまうことが多い費用をチェックしてくださいね。

こちらもカップルによって、予算に幅が出る内容です。

  1. 結納や食事会の費用
  2. 結納金
  3. 婚約・結婚指輪などの記念品

すっかり忘れていた…という項目はありませんか?

この3つにもまとまった費用が必要となるので、リストアップを忘れないでくださいね。

 

結納や食事会の費用

現在は結納にこだわらず、食事会をおこなう方も増えてきているようです。

結納も食事会も、両家が挨拶を交わす機会になります。

お二人の考えだけで結論を出さず、ご両親やご家族への相談も大切です。

結納や食事会をおこなう場所やプランによって、金銭負担もかわってきます。

 

結納金

一般的に、結納をおこなう場合は結納金が必要になります。

また、食事会だけの時でも結納金は用意しておくケースもあります。

両家の考えや、地域によっても金額に差が出ますので、時間をかけて話し合うようにしたいですね。

 

婚約・結婚指輪などの記念品

お二人の価値観にもよりますが、一般的には指輪や時計など、身に着けるものを記念とすることが多いようです。

有名ブランド、オーダー品、思い出のもの…など、金額にばらつきはあるものの、ある程度まとまった額を用意しておいた方が安心ですね。

両家が納得!結納の流れと準備のポイントをしっかりおさえよう!

両家顔合わせマニュアル

婚約指輪やお返しの相場平均を調査!みんなはどのくらい?

 

ブライダルフェアやネットで見積もりを!

情報は集まってきたし、方向性もみえてきたから、実際にかかる費用を把握したい方は、ぜひ見積もりをとってみましょう。

式場のブライダルイベントであるブライダルフェアでは、相談会といって式場(結婚)コーディネーターに費用面の相談もできます。

お二人の希望をつたえて、おおよその金額を出してもらうがおすすめです。

また、ネットでも見積もりを知ることができます。

式場ごとにシュミレーションできるので、時間がとれない方におすすめです。

ブライダルフェアをもっとお得に!サイト別キャンペーンまとめ

 

結婚費用はだれが負担するの?

たくさん出てきた結婚費用…だれが負担しなければならないのか、気になるところですね。

一般的な負担者をまとめてみましたので、ご参考にしてくださいね。

 

ご両親が負担する費用

結婚は両家のつながりも意味するので、お互いのご両親が負担または援助して下さるケースもあります。

  • 結納、食事会費用
  • 結納金
  • 挙式、披露宴費用

これらの費用は、両家が折半したり、ご両親が援助したりといった場合が多いです。

両家で折半の時には、お互いの家の経済状況を考えて予算を決めることも大切ですね。

 

お二人が負担する費用

ご両親が援助して下る項目があったとしても、基本的にはお二人の結婚に関わることなので、お二人がメインとなって支払おう!と考えておく方が無難でしょう。

極端な言い方をすれば、1円もお二人に予算がなく全てご両親に甘える…というのでは、今後の生活も不安になりますよね。

つまり、お二人が負担する費用は、

  • 結婚に関するすべての費用

ということです。

ただし、結納や結婚式(挙式・披露宴)に関しては、ご両親の意見も大切なので、包み隠さず相談し合えるといいですね。

 

結婚式の費用を少しでも安くする方法は?

結婚式をあげることが決定したものの、少しでも費用をおさえたいと思うのは当然だと思います。

実はお得になる方法もいくつかあります!

  1. ブライダルフェアの特典や割引を利用する
  2. 引き出物を厳選する
  3. 写真だけのウェディングも考える

いかがですか?もしもまだ試していない方法があれば、ぜひ選択肢にいれてみてくださいね。

 

ブライダルフェアの特典や割引を利用しよう!

ブライダルフェアに参加すると、特典や割引のサービスがつくケースがあります。

結婚式を挙げたい式場が決まっているなら、ぜひブライダルフェアをチェックしてみてくださいね。

 

ブライダルフェアをもっとお得に!サイト別キャンペーンまとめ

 

引き出物を厳選してみる!

式場のプランで引き出物を選ぶ場合は、ほぼ定価となってしまいます。

しかし、なるべくお得な商品をネットなどで購入した場合、費用をおさえることもできます。

ただし式場への持ち込み料金がかかることがあるので、その金額も含めてどちらがお得か計算してみてくださいね。

 

写真だけのウェデイングもあり!

結婚式というと、挙式そして豪華な披露宴と思いがちですが、フォトウェディングも選択肢にプラスしてみてはいかがでしょうか。

両家の了承がいるかもしれませんが、フォトウェディングと披露宴代わりに身内だけで食事会といったケースもあります。

ハナユメの『沖縄フォトウェディング』や『京都前撮り』結婚式をお得に出来る料金とプラン。

 

勢いにまかせたカード払いに注意!

特に男性は、あなたにかっこよく思われたくて、つい見栄を張ってしまうこともありますよね。

あなたが気づいた時には、彼氏がもっているカードの全て上限額をきっていた…なんてことにならないように気をつけましょう。

新居の家具・家電購入や、新婚旅行でのお土産購入の時は要注意です!

彼氏のカードでも、結婚してお財布が一緒になれば、あなたも負担しなければいけなくなってしまいます。

計画的に費用を捻出していきましょう。

 

まとめ

今後結婚生活を営む上で、お金の問題はとても大切なことですね。

イメージだけで不安にならないように、お二人でお金をかけるべき優先事項を明確にしていきたいですね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪