ブライダルフェア『ドレス試着会』準備しておく持ち物、服装や時期について。

ブライダルフェア ドレス試着
ブライダルフェア ドレス試着

ブライダルフェアでドレス試着。緊張で固まる旦那氏

試食につづいてブライダルフェアでの期待ポイントと言えば、ウェディングドレスやタキシードの『ドレス試着会』ではないですか?

フェアでの試着はなにがどこまでできて、なにを準備しておけばよいのでしょうか。

 

ブライダルフェアにおけるドレス試着会

ドレスの試着があったブライダルフェアにて。撮影は自由でした♪

ドレスの試着があったブライダルフェアにて。撮影は自由でした♪

 

ドレス試着会が含まれるブライダルフェアは実はあまり多くありません。

ドレス試着会があるブライダルフェアに行きたい場合は、ブライダルフェアを検索する際に『ドレス試着』の項目にチェックを入れてみてください。

ドレス試着会があるブライダルフェア全体の所要時間は2~3時間が一般的ですが、その中の30分程度が試着の時間だと思ってください。

ドレスを試着できる数のは1〜2着が多く、新婦のドレスのみの場合が多いです。稀に男性のタキシードの試着ができる場合もあります。

選択肢はブライダルフェアに行く時期や会場により変動します。

私が1月に参加した際は、ウェディングドレスが10着程度と、カラードレスが1着用意されており、その中から1着選んで着ることができました。

 

ドレス試着会の流れ

事前に聞かれること

まず

  • 身長
  • 靴のサイズ
  • 普段着ている服のサイズ

などを聞かれます。

ブライダルフェアを予約した際に入力欄があったり、事前の電話で聞かれたりする場合もあります。

ブライダルフェアのドレス試着会当日

そして当日、

  1. 衣裳と対面して試着したいドレスを選び
  2. 試着と簡単なヘアセット

をしてもらいます。

ブライズルームから少し館内を歩くことができ、写真撮影は自由にすることができました。

ブライズルームとは、結婚式でふたりがヘアメイクや着替え、お色直しをする部屋のことです。

 

ドレス試着会の事前準備と持ち物

衣裳の試着をメインの目的としてフェアに参加する場合は、事前に何種類の衣裳から何着選べるのか聞いておくとよいでしょう。

また画像などで着たい衣裳のイメージを膨らませ当日説明できるようにしましょう。

ヘアセット・メイクはプランにより程度が異なりますが、いずれにせよ簡易的にヘアセットしてもらえる場合が多いです。

私はヘアアクセサリーもつけてもらえました。

ワンピースや前開きなどの着替えやすい服装で行くと着替えがスムーズです。

ブライダルインナーから着替えることはほとんどないので、ベアトップ型の下着をつけていくと実際に近い形で見ることができます。

袖がある下着の場合でも、お披露目するときだけ肩を出すなどすればOKです。

事前にストッキングを持ってくるように言われる場合があります。

また写真撮影用にカメラなどもあるとよいですね。

持ち物と服装まとめ

  • ヘアセットが付いてない試着会では髪をまとめていく。
  • ワンピースや前開きなどの着替えやすい服装で行くと着替えがスムーズ。
  • ベアトップ型の下着をつけていく。
  • ストッキング、写真撮影用にカメラを持参する。

 

ブライダルフェアの服装、持ち物と、行く前の準備。

 

ドレス試着会の時期選び

私も実際にブライダルフェアで試着を体験してみるまで知らなかったのですが、ブライダルフェア専用の衣裳があるわけではなく、実際の披露宴でも使用される衣裳の中から数点がフェアで閲覧・試着できます。

つまりブライダルフェアに参加した時期に、披露宴で使われている衣裳は試着できません

よって、平日や結婚式が少ない時期のフェアに参加したほうが、選択肢が多くなったり希望の型に出会える可能性が高くなったりします。

 

結婚式・披露宴で使用する衣裳はクリーニング期間を含めて、だいたい前後1週間程度押さえることが多いです。

 

ドレスありきで式場を選ぶなら

会場の雰囲気と並んで重要なポイントであるのが衣裳。

希望の衣裳がその式場で使えるかどうか、希望が具体的にある場合は必ず確認しておきましょう。

式場が提携しているドレスサロンがある場合

  • 事前に提携サロンのホームページで検索する。
  • ブライダルフェア当日に提携サロンのパンフレットをもらう。

などの方法で、どのようなスタイルの衣裳が何点あるのかを見ておきましょう。

式場専用のドレスサロンがある式場

式場が提携している衣裳サロンがある場合に関してもパンフレットやホームページで確認しましょう。

持ち込み料がかかるのか確認しよう

提携・式場のサロン内で希望の衣裳が見つからなかった場合に持ち込みが可能かどうかも確認しましょう。

持ち込み料がかかる場合がほとんどで、持ち込みがまったくできない式場もあります。

また、ドレスの持ち込み料は有料でも、ブーケやグローブなどの小物の持ち込みが無料の場合もあります。

 

ポイントを押さえれば、あとは楽しむだけ!

写真撮影OKなので、いろんな場所で、ふたりで腕を組んだり後ろ姿を撮ったり…なりきり撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

衣裳スタッフの方に頼めば快く撮影に応じてくれますよ。

打ち合わせが始まってからの試着で気づいたポイントもたくさんあります!

▼こちらも参考にしてみてください。

ウェディングドレス、カラードレスの試着と準備のポイント【管理人体験談】

2017.10.23

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪
ブライダルフェア ドレス試着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください