仏滅の結婚式はアリ?!実はお得な「仏滅割引」とは?

結婚式の日取りを決定するうえで、「仏滅ってやっぱりダメなのかな?」「両親に反対されたけど、そもそも仏滅って何?!」といったように、「仏滅」という言葉に翻弄されてはいませんか?

ただでさえ決めなければならないことが多いのに、日にちにまでNG日があると、なかなか先にすすみませんよね。

一般的には、大安吉日がよしとされる結婚式ですが、仏滅にはとてもお得な割引やサービスがついてくることがあるのです。

まずは仏滅とは何なのかをおさえたうえで、お得情報を手に入れてくださいね。

 

仏滅って悪い日なの?

仏滅は「大凶日」と言われ、とても悪い日とされています。特に祝儀(結婚式など)は、この仏滅をさけるのが一般的とされてきました。

そもそも仏滅とは、中国の「六曜(ろくよう・りくよう)」というものに属しています。六曜は、中国での争い事などの吉凶を知るために使われていたものです(諸説あり)。

日本に伝わったのは鎌倉末期以降といわれているので、日本古来のものというイメージではありませんね。

しかし、日本でも盛んに使われるようになり、明治時代には政府が「迷信だ」と、禁止令をだしたという歴史もあるようです。

ところが第二次世界大戦以降、政府の規制もなくなり再び人気がでてきました。みなさんの祖父母・両親が「六曜」をご存知で、それを気にするのも納得ですね。

特に昔はカレンダーや手帳などに、既に六曜が書き込まれていることも多く、生活と密着していたものでした。

しかし、仏滅には「大凶日」という見方と全く異なる考え方も存在します。一度物が滅んで、新たに始まることから、「物事を始めるのに良い」日であるとも言われています。

「仏滅=最悪」というイメージも、少し払拭される気がしませんか?

 

六曜を簡単に解説!

六曜には、仏滅以外にも吉凶をしめす言葉があります。気になる方は、ご参考にしてくださいね。

 

仏滅(ぶつめつ)

大凶日。結婚式など祝儀にはむかない日。物事を始めるのには良いという考えもある。

 

大安(たいあん・だいあん)

六曜の中で一番吉の日。何事においても良い日。大安には何も行わない方がいいという考えもある。

 

先勝(せんしょう・せんがち・さきがち など)

午前中が良く、午後2時から6時までは良くない日。

 

先負(せんぶ・せんぷ・さきまけ など)

午前中が良くなく、午後が良い日。

 

友引(ともびき)

朝が良く、昼は良くない日。夕方はとても良いとされる。お葬式はNG日。

 

赤口(しゃっこう・じゃっこう・せきぐち など)

午前11時から午後1時までは良いが、それ以外は良くない日。

いかがでしょうか?

解釈の仕方によっては、どの日も吉凶入りみだれている気もしますね。

 

仏滅の結婚式は非常識なの?

みなさんは結婚式の招待状をいただいたときに、すぐ六曜をチェックしますか?

おそらく大半の方はあまり気にせず、「○日挙式か!おめでたいな!」とはじめに思うのではないでしょうか。

実際、仏滅に結婚式を挙げたからといって非常識なわけではありません。

それぞれ、ご家庭の都合や仕事の都合などあってのことですので、無理矢理に大安にしなければ!というものでもありませんよね。

ただし、結婚式費用を両親が負担または援助して下さっている時には、お二人だけの気持ちで日取りを決めずに、必ず両親にも相談しましょう。

世代的にも両親や祖父母は、仏滅という言葉に敏感になる方もいらっしゃいます。

また、結婚式のプランナーに「仏滅に挙式したい」と言いにくい…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、非常識にはならないので、安心して希望を伝えてくださいね。

むしろ式場側にとっては、仏滅に結婚式をあげてもられることは「ありがたいこと」です。お得なプランが用意されていることもありますよ!

 

結婚式を安い費用で?!仏滅割引って何?

やはり結婚式は大安(週末だと特に)に人気が集中します。そんななか、式場はなんとか稼働率をあげるためにも仏滅でも集客したいのが本音ですよね。実は仏滅の結婚式には、メリットがたくさんあるのです。

代表的な「仏滅割引」をご紹介します。

  • 結婚式のプラン設定金額が安い!
  • 結婚式費用の割引率が大きい!

 

「仏滅プラン」を設定している式場では、もともとの設定金額が安くなっています。

その上、式場によっては、衣装のプレゼントやグレードアップそして映像を特典でいただけたりと、至れり尽くせりのサービスが用意されていることもあります。

また、割引率は式場により差が出ますが、なかには半額近くの割引をしてくれる式場もあります。

仏滅割引を上手に活用することで、結婚式費用をおさえることができるだけでなく、プラスαのお得を手にすることができますね。

 

急な結婚式は仏滅の日をねらう?!

結婚式を挙げる日を急がなければならない時は、仏滅の日をねらってみるのも一つの方法です。

予約が比較的とりやすく、仏滅割引がつくとなれば、いいこと尽くしですね。

 

ハナユメの仏滅割引を要チェック!

結婚式場を探すときに利用されることが多い「ハナユメ」でも、もちろん仏滅割引が実施されています。

一例をご紹介しますので、気になる方はぜひハナユメのホームページをご覧になってくださいね。

式場 アーカンジェル代官山
費用 87.5万円OFFの、219.2万円!(60名)

 

なんと、通常60名で306.6万円かかる結婚式費用が、219.2万円に節約できます!

この最大ともいえるハナユメ割は、人気があることから延長されています(2018.8現在)。

仏滅という日にこだわらないのであれば、かなりお得に結婚式を挙げることができますね。

ハナユメのホームページでは、招待客人数別の見積もりや、ハナユメ割に含まれるものを確認できます。

仏滅で式場を探すならば、ハナユメは必ずチェックしておきたいですね。

ハナユメの公式ページはこちら

 

まとめ

みなさんの「仏滅」に対するイメージが少しでもかわりましたでしょうか?

お相手との話し合い、両親への相談など、クリアしなければいけない課題はありますが、大安へのこだわりがないのであれば、ぜひ仏滅の結婚式も選択肢に加えてくださいね。

また、ハナユメや各式場の仏滅割引を上手に活用し、お得な結婚式を目指したいですね!

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪