結婚式のご祝儀金額が気になる…立場別の相場をご紹介!

結婚式へのご招待をいただいたものの、ご祝儀金額をどのくらいにすればいいか迷っていませんか?

ご親戚やご友人の節目となる結婚をお祝いできることは嬉しい反面、実際その気持ちだけでOKとはいきませんよね…。

一般的なご祝儀金額をおさえておくと、大きな恥をかかなくてすみます。

あなたと新郎新婦との関係性を考えながら、マナー違反にならないご祝儀金額を包みたいですよね。

また最後に、ご祝儀額の気になることもまとめましたので、ご参考にしてください。

※あなたの立場が新郎新婦側でしたら、おおよそこのくらいはいただける…との目安にしてくださいね。

 

 

結婚式のご祝儀に含まれるものって何?

ひとことに「ご祝儀」と言われていますが、その中にどんな費用が含まれているかご存知ですか?

結婚式のご祝儀には、主に2つのものが含まれています。

  • ゲストをもてなすのにかかる費用(料理・飲物・引き出物など)
  • ゲストからのお祝いの気持ち

つまり、結婚式でゲストがいただく料理や引き出物の金額を「ご祝儀」の一部として負担し、プラス新郎新婦へのお祝い金を「ご祝儀」に含めているのです。

このように結婚式のご祝儀にはすでに「お祝い金」もふくまれているので、あらためて別でお祝いを包む必要はありません。

最近ではリーズナブルに結婚式を挙げられることもあり、新郎新婦がいただいたご祝儀で挙式費用全てをまかなえることもあります。

しかし、豪華な結婚式やこだわった料理や引き出物の場合、ご祝儀だけではまかなえず、新郎新婦側が赤字になることも多いのが現実です。

 

 

立場でご祝儀の相場が違う?!

ご祝儀の金額は、親戚か友人・同僚か…など、あなたと新郎新婦との関係性によって違ってきます。

また、あなたの年齢によっても相場が多少ことなることを念頭においておきましょう。

 

一般的なご祝儀の金額はどのくらいなの?

結婚式のご祝儀という言葉から、パッと思い浮かぶ金額は「3万円」が多いのではないでしょうか。

実際に、3万円はよくご祝儀として渡される金額です。

この金額を目安に、あなたの立場や年齢を考慮することがおすすめです。

 

 

結婚式のご祝儀相場【親族編】

新郎新婦があなたの親族の場合:3万円~10万円

やはり身内へのご祝儀となると、金額もドドンッと大きくなりますね。

状況によっては、10万円以上ということもめずらしくありません。

親族間では、「兄弟は○万円、叔父叔母は○万円、いとこ同士は○万円」といったように、すでにルールが決まっている場合があります。

ご両親など身近なご親戚の方に確認し、良くも悪くもとびぬけてしまわないようにしたいですね。

また、あなたが社会人になってすぐの時や、独身の場合など状況で金額を変えているケースもあります。

※甥や姪、いとこなどは、親族の相場より低いことがあります。

 

 

結婚式のご祝儀相場【会社編】

新郎新婦があなたの会社関係の場合:3万円~5万円

あなたが上司(35歳以上)で新郎または新婦が部下の場合、5万円から10万円ということもあります。

同僚(会社での立場がほぼ同じ)や、あなたが上司でもまだ若い場合(34歳以下)は、3万円を相場と考えることが多いようです。

あなたと同じ立場で結婚式に出席する方がいたら、事前に相談するなど、お互いご祝儀額に差が出ないようにすることも大切ですね。

 

 

結婚式のご祝儀相場【友人編】

新郎新婦があなたの友人の場合:3万円

友人同士の場合、年代に関係なく3万円が相場です。

関係性が深い友人などには、「ご祝儀3万円+気持ち程度の品」というように、プレゼントをプラスすることもあります。

プレゼントをお考えの方は、新郎新婦のご自宅へ郵送するなど、結婚式の荷物をお互いに増やさないように気をつけたいですね。

 

 

結婚式のご祝儀相場【先生編】

新郎新婦があなたの生徒の場合:3万円

新郎新婦からみて、あなたが先生(恩師・習い事・スポーツコーチなど)の時には、3万円が相場です。

しかし、新郎新婦との関係性の深さで、相場がかわります。

状況によっては、7万円から10万円というケースもあります。

 

 

家族や夫婦連名の時、ご祝儀額はかわるの?

一般的には、「通常の相場×人数」です。

ただし、夫婦で結婚式へ出席し、新郎新婦があなたより年下ならば、7万円(ゲスト二人の合算)からが相場ということが多くなります。

7万円はちょっと…という時には、「5万円+品物(1万程度)」という方法もあります。

また、家族連名でそのなかに小さな子どもが含まれる時には、ご祝儀額を少しさげても問題ありません。

例:大人4人家族連名→12万~15万/大人2人・子ども2人家族連名→10万~ など

 

 

ご祝儀金額の気になるあれこれを解決!

ご祝儀を用意する際、こんなことは気になりませんか?

  1. 2万円など偶数はいいのか?
  2. 少なすぎるのはダメなのか?
  3. 多すぎるのはダメなのか?

せっかくのお祝いの気持ちがマナー違反で悪い印象をあたえてしまわないように、ポイントをおさえて下さいね。

 

2万円など偶数はOK?NG?

状況によりOKです。

一般的にご祝儀は「3万円」ということでご紹介してきました。

2万円など偶数は、2で「割れる」ので、昔から縁起が悪いとも言われています。

ただし、最近ではあまりそういったことを気にせず、2万円だとしても「ペア・夫婦」を連想させるからOKと言う方もいらっしゃいます。

なるべくならば3万円を基準としたいですが、学生や経済的にどうにもならない場合は、2万円でも大丈夫です。

2万5千円ならだせるのに…という方は、「2万+品物(5千円程度)」にするなど、最大限の気持ちを表したいですね。

あなたがはじめに結婚していて、その時にご祝儀で3万円をいただいている時には、きちんと3万円を包みましょう。

 

少なすぎるご祝儀はOK?NG?

基本的にはNGです。

結婚式のご祝儀には、お祝いの他に結婚式にかかる費用も含まれています。

新郎新婦が明らかに赤字となってしまうような金額はさけましょう。

どうしても立場を考えた相場が難しい時には、「相場より少し下げたご祝儀+品物」というように、気持ちは必ず表すようにしたいですね。

例外として結婚式場が遠く、宿泊・交通費が自己負担となる場合は、ご祝儀が少なくなってしまっても仕方ありません。

とはいうものの、相場とかけ離れすぎないように調整する気持ちは大切ですね。

 

多すぎるご祝儀はOK?NG?

基本的にはNGです。

思い切り気持ちを込めたいから、少ないよりいいでしょ!!と奮発したいお気持ちはわかります…。

しかし、相場より多すぎるご祝儀は、いただく側つまり新郎新婦の負担になってしまうこともあります。

お返しをどうしよう…こんなにいただいてしまうなんて…などと、良かれと思ってしたことで、相手に迷惑をかけてしまっては大変です。

新郎新婦との関係性を考慮しながら、相手の立場になって金額を決めたいですね。

 

 

まとめ

結婚式のご祝儀相場は、多くの場合「3万円」をスタートとして、関係性により金額がかわります。

またゲストの年齢によっても、多少の違いがでてきます。

あなたと同じ立場で結婚式に出席する方がいる場合、事前に話し合うなどして、それぞれのご祝儀額に大きな差が出ないように気をつけましょう!

結婚式はお二人のスタートをお祝いする席です。

あとあとご祝儀金額がもめ事の発端となってしまわないためにも、あなたの気持ちを最大限に伝えられる方法を選びたいですね。

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪