なぜ結婚が決まらないの?お二人の不安解消におすすめな方法!

彼氏との付き合いがとても順調に思えたのに、いつまでたっても結婚が決まらないと頭をかかえてはいませんか?

自分たちより後に付き合い始めたカップルが、すんなりと結婚してしまうと、なおさら不安になってきますよね。

結婚が決まらない原因をつきとめて、その理由に合った対処法を考えていきましょう!

お二人で1つ1つ不安をなくしていけるきっかけになれば幸いです。

 

結婚が決まらない三大理由はこれ!

周りから次々と結婚報告を受け、早く私たちも…と思っている方は多いのではないでしょうか。

結婚が決まらない理由は、大きく分けると3つあると思います。

  • お互いに不満や不安がある
  • 親や家族から反対されている
  • 金銭面に大きな不安がある

つまり、お二人がなんらかの原因で結婚へ踏み出せないか、反対がネックとなっているか、金銭問題ということですね。

「結婚が決まらない…」と悲しんでいても、誰かが解決してくれるわけではありません。

問題となっている項目をみつけて、解決へと導いていきたいですね。

 

お互いに不満や不安がある!

全て順調にことが運んでいたとしても、不安になってしまうのが「結婚」ではないでしょうか。

ということは、お互いの心に何か気になることがあれば、なおさら結婚を決めることが難しくなってしまいますよね。

不満や不安が、自分に対してのものなのか、彼氏に対してのものなのかを、まずは分析してみましょう。

お二人の心がまっすぐに向き合えば、スムーズに結婚が決まるかもしれません。

 

結婚相手が本当に彼氏でいいのか不安、または既に不満がある

生涯のパートナーを決めるわけですから、不安になっても不思議ではありません。

最初に、その不安は「まだ見ぬ不安」なのか、「既に不満」があるのか、はっきりとさせてみましょう。

昔から言われる「酒・金・女」に、根拠のある不安や既に不満を感じる場合、簡単に結婚を決めない方が無難です。

今はDVや薬物依存なども身近になってきています。

「結婚すればかわるかも」という思い込みは一度すてて、ゆっくり考える時間を持つようにしたいですね。

またよく言われる「価値観の違い」に関しても、どこまでが許容範囲なのか、お互いに自身の気持ちと向き合うことが大切です。

 

元彼がまだ気になっている

理由があって別れたはずなのに、元彼への思いがムクムクとしてきている方は要注意です!

あなたが誰と人生を共にしていきたいのか、心を整理してみましょう。

逆に彼氏が「元カノに未練があって」と言ってきたら、「私と向き合ってよ!」と悲しくなってしまいますよね。

 

自分の仕事に影響しないか不安

キャリアアップしたばかり、転勤予定があるなど、ご自身の仕事をついつい心配してしまいますよね。

結婚や出産に対しての会社側の対応(過去例なども)を確認して、両立ができそうな可能性をさがしてみるのもおすすめです。

大変なことではありますが、結婚していても第一線でとても大きな仕事を成し遂げている女性もたくさんいます。

 

家事ができるのか不安

家事負担はまだまだ女性の方が多いのが現状です…。

やってみるとすこーしずつ慣れてくるとは思いますが、最低限度のやり方は結婚前にできている方があとで自分がラクかもしれません。

 

出産や育児への不安

結婚したからといって、必ず子どもをということではありませんね。

でも、子どものことに関しては、結婚を決定するまでに彼氏と話題にしておいた方が、お互いの考えを共有できます。

 

新しい環境が苦手

そもそも新しい環境が好きではない方は、結婚したくても不安ばかりが大きくなると思います。

その不安に彼氏が寄り添ってくれることで、解消できそうなのかということを基準に考えてみるのもおすすめです。

ただし、本当に彼氏が寄り添ってくれるかどうかは、100%保障されているわけではないので、しっかりと話し合う時間がほしいですね。

 

親や家族から反対されている!

まだ彼氏との結婚話をしていないのに、親や家族から反対されてしまうと、結婚を決めにくくなりますよね。

反対の理由が、明確なことなのか不明確なことなのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

反対の理由が明確

「彼氏の酒癖が悪すぎるから結婚はやめておきなさい」など、反対される理由がはっきりしているケースです。

その反対される原因を、改善して安心材料に変えられるのか考えてみましょう。

特にご両親は、冷静にお二人をみていることがあるので、意見を無視してしまってはもったいないかもしれませんよ!

 

反対の理由が不明確

「まだ結婚はしなくていいからね」など、反対される理由がはっきりしていないケースです。

「なぜ」そういわれるのか考えてみましょう。

親や家族を納得させることができれば、あなた自身も結婚が身近になってくるかもしれません。

 

金銭面に大きな不安がある!

結婚にかかる費用、そして結婚生活を営む費用を想像すると、お金が不安になってしまう気持ちはとてもわかります。

なかなか結婚が決まらない理由としても、多いのではないでしょうか。

漠然としたイメージだけで悩んでいても解決しないので、金銭面の何が不安なのか分析してみるのがおすすめです。

 

結納・結婚式費用が心配

必ずしも何百万の披露宴をしなければいけないわけではありません。

挙式だけなら40万程度、フォトウェディングならばもう少し予算が低くても可能です。

式場がおこなうブライダルフェア(ウェディングイベント)は、無料で参加できるうえに、式場コーディネーターに相談もできます。

見積もりをとれるので、一度足を運んでみるのもおすすめです。

 

今ある借金が心配

奨学金返済や車のローンなどならきりだしやすかもしれませんが、その他の借金はいいにくくなりやいですよね…。

返済のめどがたっているのか、借金が増え続けているのかでも変わってきますが、場合によっては彼氏へも負担がかかってしまうので、隠し通しておくのは難しいかもしれません。

同様に、結婚に向けて動き出したら、彼氏の借金額を知っておくことも大切ですね。

 

結婚生活の費用が心配

彼氏のお給料だけで生活は無理かもと、心配ならば共働きを視野にいれるのもいいかもしれません。

実際、専業主婦は少なくなっているようです。

正社員、パート、在宅など働き方はたくさんあります。

また、女性が稼ぎ頭となって、男性が専業主夫になるケースもあるようです。

 

二人で乗り越えていくことが大切

結婚を決める上で、お二人のどちらかに不安があると、そこから前に進むことは難しくなってしまいます。

順調に進んでいるうちは問題ないですが、壁が出てきた時に見て見ぬふりをするのか、解決への糸口を探すのかでは、今後の生活が変わっていくと思います。

本来ならば、結婚にむけてお二人で相談しながら乗り越えていくことが大切です。

しかし、問題内容によっては、言い出しにくいこともあると思います。

その時は、せめて相手に不安感を与えないようにしたいですね。

 

相談することで不安解消を!

不安についてご自身で解決策を考えることはとても大切です。

しかし、それが誰かに相談できる内容ならば、周りの意見を聞くこともあなたにとってプラスになるはずです。

信頼できる方やプロの方、もちろん結婚相手として考えている彼氏に相談してもいいですね。

一人で抱え込まないように気をつけたいですね。

 

まとめ

結婚が決まらない理由を、まずは特定していくことからはじめてみましょう。

複数の理由が考えられる場合は、焦らずに1つ1つ解決していくことが大切です。

また、あなたと同じように彼氏も悩んでいることもあります。

お互い気持ちがすっきりすれば、結婚という新たな節目に向かう余裕が出てくるかもしれませんね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪