婚約指輪っていつまでつけるもの?結婚後につける機会は?

結婚の約束をした2人が、その証として男性から女性に贈られる婚約指輪。

プロポーズの時に貰うこともあれば、二人で一緒に買いに行くこともあると思います。

貰うタイミングは様々ですが、この婚約指輪、いったいいつまでつけているものなのでしょうか?

また、結婚後にはどんなつける機会があるのでしょう?

ここでは婚約指輪をみんないつまでつけているのか、結婚後の使い道なとを調べましたので、ぜひ参考にしてください。

失敗しない婚約指輪の選び方と知っておきたいポイント。

 

指輪を外すタイミング

婚約指輪は、婚約期間中に周囲に結婚の意思を伝えるためのもの。

基本的には婚約期間中につけるものですが、いつまでに外さなければならないというはっきりとした決まりはありません。

婚約指輪を外すのは、入籍した日でもいいですし、結婚後は結婚指輪をつけるのが一般的ですので、結婚指輪をつけ始める時に婚約指輪と交換してもいいと思います。

せっかくの婚約指輪、もっと長くつけていたい!という場合は、もちろんつけていてかまわないのです。

だけどまわりの目が気になる…という方は、結婚指輪と重ね付けできるセットリングにしたり、主張の少ないデザインの婚約指輪を選ぶと、まわりに気兼ねなくつけることができますね。

控えめなデザインの婚約指輪であっても、仕事場でつける場合は慎重に!明確なルールはありませんが、結婚している先輩や上司の方がどうしているのかよく確認してみて下さい。

 

結婚後、婚約指輪だけつけるのはアリ?

最近では結婚指輪を作らずに、婚約指輪だけという方も増えています。

もちろん、婚約指輪だけつけるのもアリです!

しかしその場合、日常的に使いやすいようなデザインや素材の婚約指輪を選んでおくと安心ですね。

ポイントとしては、

  • 家事や着替えの時に爪(宝石を固定するためにかぎ状に曲げた金属の部分)が引っ掛からないデザインのもの
  • リングは強度が高い素材、形状にする(太めのプラチナなど)
  • 派手すぎない見た目のデザインにする

などが挙げられます。

まわりに気兼ねなくつけられる環境であれば、見た目はあまり気にせず好きなものを選んで大丈夫ですよ。

 

結婚後の使い道は?

結婚後、どんなシーンで婚約指輪をつけているのでしょうか。先輩花嫁さんに使い道を聞いてみました。

毎年ちょっとしたお祝いをするので、結婚記念日には必ずつけます。また一年頑張ろうという気持ちになります。

外出するときはちょこちょこつけています。ネイルもちゃんとすると、すっごく気持ちが上がります。

とても大切で宝物みたいな感覚なので、友人の結婚式くらいでしかつけていません。その分新品みたいにピカピカです。それをながめるのが幸せなので、あえてなるべく使わないようにしています。

主人の実家へ行く時はつけて行きます。どうやらその方が夫婦円満に思われるみたいです。

まだ子どもが小さいので普段は大切にしまってありますが、たまにこっそりつけて一人でニヤニヤしています。

もともとアクセサリーをつけるのが好きなので、普段つける指輪と合わせて一緒につけています。意外と違和感なくつけられます。左右合わせて5、6個つけるときもあります。

元が取れるくらい使いたいので、買い物やランチなどでなるべく毎日つけるようにしています。たくさんつけていると、主人も喜ぶので。

家族の誕生日や記念日、クリスマス、子どもの卒入学式などの行事で月1くらいでつけています。つけた日はちょっといい気分になれるので、こういう日はたまにだからいいのかなと、あえて普段はつけないでいます。

などなど、皆さんそれぞれ婚約指輪に対して自分なりの価値観を持ってつけていることがわかりました。

[st-kaiwa4

]たくさんつけていてもいなくても、皆婚約指輪を大切に想う気持ちは同じですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

高額なものゆえに、大事に扱わなければと婚約期間中でもただしまっておくだけの人も少なくないと思います。

しかしそれではもったいない!

婚約期間中も結婚後も、ぜひ素敵な婚約指輪をたくさんつけたりながめたりして、ハッピーな時間をお過ごし下さい♪

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪