両家顔合わせ食事会費用の支払いは誰がするの?

両家の顔合わせは、お互いの両親が初めて対面する場です。気をつけたいマナーや準備することがたくさんあります。

中でも顔合わせの際にかかってくる費用の支払いなど、お金の事については両家の間でとても重要です。

のちのち問題になってしまうことが無いように事前に段取りしておきましょう。

顔合わせにかかってくる費用や支払いについて明確にしておくことで、スムーズに顔合わせを進めることができ、その後もお金のことでぎくしゃくしなくて済みます。

両家顔合わせマニュアル

 

両家顔合わせでかかる費用

食事代

顔合わせをする場所がホテルなのか料亭なのかレストランなのか場所によって変わってきますが、食事代の相場は大体1人1万円程度です。

それに飲み物代などもかかってきます。当然ですが、参加する人数が多いほど費用がかかります。

当日の出席者の人数をはっきり確定させておきましょう。

また、個室を利用する場合個室代がかかる場所もありますので確認しておきましょう。

顔合わせは両家の親睦を深めることが目的なので、会話のジャマにならないような料理を選ぶ必要があります。

時間をかけて個別に出てくるコース料理がおすすめです。

大皿などから各々がとって食べるような料理はいらぬ気をつかってしまいますので避けるべきです。

顔合わせの料理に決まりはありませんので、和食や洋食など好みにあった料理を選びましょう。それぞれのご家族の好みを聞いておくとよりよいでしょう。

 

婚約記念品

男性は女性に婚約指輪を送ります。

そのお返しとして女性は男性に婚約指輪の反返し程度の金額の贈り物をします。

一般的に多いのは、腕時計やスーツなどです。普段は買えないブランド品や質のいいものを送ると喜ばれます。

お返しは金額にとらわれず、相手の欲しいものを贈るというのもいいのではないでしょうか。

婚約記念品とは?金額の相場や人気の品物をご紹介!

 

交通費・宿泊費

遠方から来る場合は交通費や宿泊費がかかります。

男性側、女性側の負担が平等になるように中間地点を顔合わせ場所にするとよいでしょう。

一方で、女性側に近い場所で顔合わせをしたほうがよいなどいろいろな考え方がありますので、顔合わせ全体で両家の支払いが平等になるように考える必要があります。

 

手土産代

顔合わせの際に、これからお世話になりますという意味をこめて手土産を持参する場合があります。

相場は3,000円~5,000円程度です。

縁起の良いものや、出身地が異なる場合は自身の地域の特産品などを用意します。

持ち運びしやすく日持ちのするものを選びましょう。

あえて手土産はもっていかないということもありますので、それとなく両家で相談してみるとよいでしょう。

両家顔合わせでおすすめの手土産の選び方や渡し方。

 

支払いの仕方

結婚するふたりのために両家の親族が顔合わせをするので、感謝の気持ちを込めて結婚するふたりが支払いをする場合が多いようです。

費用の負担が平等になるように両家の親が折半して支払いをする場合やどちらかの親が支払いをする場合もあります。

交通費や旅費などの兼ね合いなどの状況も考えながら、事前に両家で支払いについて話し合っておきましょう。

誰が支払いをするにせよ、顔合わせの当日の支払いは結婚するおふたりが両家の親がいないところで済ませましょう。

スムーズに支払いを済ませることができます。両家で折半する場合は、後日お互いの親からお金を支払ってもらうようにします。

どちらかの親に支払ってもらった場合は、後日お礼の電話をかけたり、お礼状を送るなどすると丁寧です。

 

支払いでクレジットカードが使えるかなども確認しておくと、いざという時にドキドキしなくて済みます。

食事代、交通費・旅費、手土産代など細かなことまで考えなければならないのは大変ですが、今後の両家のより良いお付き合いを左右する重要なポイントです。

結婚されるおふたりで協力して、万全の態勢で顔合わせの日を迎えてください。

『両家顔合わせ』タイミング・会場・費用の支払いは?【管理人体験談】

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪