結婚式でゲストが楽しめる演出まとめ。ゲスト参加型の結婚式・披露宴を挙げよう♪

1.5次会お披露目ウエディングパーティー

「ゲストにも楽しんでもらえる結婚式にしたい!」
「ゲストの印象に残る結婚式にしたい!」

そう思っているあなたにおすすめするのが、ゲストも楽しめる『ゲスト参加型の演出』です。

結婚式は新郎新婦の幸せな姿を見るのがメインなので、ゲストは受け身になりがち。

しかし、演出にゲストが参加してもらう要素を取り入れることで、ゲスト自身にも結婚式を楽しんでもらうことができます。

楽しかった結婚式っていつまで経っても覚えているものですよね。

今回は、ゲストが楽しめる結婚式・披露宴でできるゲスト参加型の演出を年代別・人数別でご紹介します。

 

結婚式・披露宴の演出流れ

まずは、結婚式と披露宴の流れについてご紹介します。

結婚式では、大きく分けて挙式と披露宴があります。

式場によって異なりますが、時間配分は挙式と披露宴を合わせて3時間が一般的です。

  • 挙式が30分
  • 披露宴が2時間30分

 

時間配分は式場や取り入れる演出によって変わるので、やってみたいこだわりの演出がある場合は、まずプランナーさんに相談しましょう。

ここでは、挙式のスケジュール、披露宴の流れの一例をご紹介します。

 

挙式の流れ(例:教会式の場合)

  1. 新郎入場
  2. 新婦入場
  3. 讃美歌斉唱
  4. 聖書朗読
  5. 誓約
  6. 指輪の交換
  7. 誓いのキス
  8. 結婚宣言
  9. 結婚証明書にサイン
  10. 新郎新婦退場

 

披露宴の流れ(例:お色直し1回の場合)

  1. 新郎新婦入場
  2. 新郎新婦紹介
  3. 祝辞・乾杯
  4. ケーキカット
  5. 友人代表スピーチ
  6. お色直し(この間にプロフィールムービーが流れる)
  7. 新郎新婦再入場
  8. テーブルラウンド
  9. 余興・歓談
  10. 新婦の手紙朗読
  11. 花束・記念品の贈呈
  12. 謝辞
  13. 新郎新婦退場
  14. お見送り

 

 

20代の新郎新婦におすすめのゲスト参加型の演出

ブーケプルズ

ska.1119さん(@ska.619)がシェアした投稿

演出のタイミング:挙式と披露宴の間

未婚のゲストが多い20代におすすめのゲスト参加型演出です。

ブーケプルズとは、花嫁のブーケに未婚の女性ゲスト分のリボンを出しておきます。

ゲストに1人1本ずつリボンを持ち一斉に引っ張ってもらうと、1本だけがブーケにつながっているという演出です。

 

ブーケトスとは違い、対象者が必ず全員参加でき、最後まで誰にブーケが渡るかわからないのがドキドキして楽しい演出です。

ブーケがついていないリボンには小さなプレゼントをつけておくと、ブーケが当たらなかったゲストも嬉しいですね。

最近は、新郎がブーケの代わりにブロッコリーを使用するのも流行っているので、ブロッコリープルズもおすすめです。

一般的には未婚のゲストが対象の演出ですが、最近は既婚のゲストも全員参加にする演出も増えています。

 

新郎新婦クイズ

演出のタイミング:披露宴、二次会での余興

新郎新婦クイズとは、新郎新婦に関するクイズを何問か用意し、テーブルごとに答えてもらい、1番正解が多かったテーブルにプレゼントをするという演出です。

改めてゲストに新郎新婦のことを知ってもらうことができ、答えを相談することでテーブル毎の会話も弾むのでおすすめです。

 

 

30代におすすめのゲスト参加型の演出

ダーズンローズ

Colorgenicさん(@colorgenic)がシェアした投稿

演出のタイミング:挙式、披露宴、二次会

ダーズンローズとは新郎が12本のバラを新婦にプレゼントする演出です。

12本のバラにはそれぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」の意味があります。

その花束を新婦にプレゼントしてプロポーズすることで「その全てをあなたに誓います」という意味になる演出で、サプライズで行うと新婦が感動すること間違いなしですね。

挙式の場合は、事前にゲスト12名を選び、受付時にバラを渡しておきます。

式で新郎がそのゲストからバラを受け取り、新婦に渡します。披露宴の場合は、ゲストに渡しておく以外に各テーブルに設置しておくおき、テーブルラウンドでバラを受け取ることもできます。

また、アットホームな雰囲気の披露宴や二次会であれば、バラをいろんな場所に隠しておき、宝探しのようにゲストに探してもらうこともできるので、人数や雰囲気に合わせていろんなアレンジが効く演出です。

 

リングボーイ、フラワーガール

菅野裕樹さん(@kannoki.730)がシェアした投稿

演出のタイミング:挙式

小さいお子さんがおられるゲストが多い30代には、リングボーイ(ガール)、フラワーガールの演出もおすすめです。

結婚指輪を新郎新婦の元へ運んで来てくれるリングボーイや、花嫁の前を歩きバージンロードに花びらを撒くフワラーガールを親族の親しい友人のお子さんにお願いすると、お子さんにはもちろん親子さんたちにも印象に残る式になります。

かわいい演出に、ゲストも思わず笑顔になること間違いなし。失敗もご愛嬌で一気にその場が和みますね。

 

40代におすすめのゲスト参加型の演出

キャンドルリレー

演出のタイミング:披露宴の新郎新婦再入場

派手な演出は控えたいという大人婚におすすめの演出は「キャンドルリレー」です。

キャンドルリレーとは、キャンドルサービスの代わりになる演出で、各テーブルにゲスト分のキャンドルを用意しておき、新郎新婦はキャンドルを持ち、各テーブルを回ります。

テーブルの代表者1人のキャンドルに火を灯し、その1人からテーブル内でキャンドルの火をリレーしていき、全員のキャンドルに火が灯ったら一斉にキャンドルの火を吹き消すという素敵な演出です。

キャンドルはゲストのお土産になるので、お部屋のインテリアにもなる素敵なキャンドルを選ぶと素敵ですね。

リレーをすることでゲストも楽しむことができ、隣のゲストとも関わりが生まれるので、各テーブルの雰囲気も和みます。

 

ウェディングツリー

演出のタイミング:受付時

木の枝が描かれた絵に、ゲストが指印と名前を書きます。

ウェディングツリーとは、ゲストの指印が葉っぱになり、1本の木が完成するというゲスト参加型の演出アイテムです。

アレンジとして、「結婚に1番大切だと思うもの」をテーマに、愛情は赤色、忍耐は青色などを設定し、ゲストが大切だと思うものの色で指印を押してもらう演出もおすすめです。

出席するゲストが大切に思うものによって木のカラーが変わるので、世界でたった1つのウェディングツリーができあがります。

最近ではウェディングツリー付きの結婚証明書もありますよ。

 

 

ゲスト数10~50人におすすめのゲスト参加型の演出

みんなでケーキカット

@joshuaonoがシェアした投稿

演出のタイミング:披露宴のケーキカット

みんなでケーキカットとは、ケーキカットをゲスト全員で行うという演出です。

親族だけなど少人数の式であればウェディングケーキで、大人数であれば長いケーキを用意して、全員で一斉にケーキカットを行う演出です。

少人数だからこそ行うことができ、他の結婚式とかぶりにくい演出です。

 

果実酒作り

演出のタイミング:披露宴、二次会の新郎新婦再入場

新郎新婦がお酒好きならば、「果実酒づくり」もおすすめです。

果実酒づくりのやり方は、各テーブルにフルーツや角砂糖を用意しておき、テーブルラウンドの際にビンを持って回り、各テーブルのゲストにフルーツや氷砂糖を入れてもらいます。

最後に高砂で新郎新婦がお酒を注いで果実酒の完成です。

 

大人数の結婚式でも演出は可能ですが、果実酒が完成するのは1年後以降になるので、親族のみの式であれば1年後にまたゲストを自宅に招待して果実酒を飲むという楽しみ方もできるのでおすすめです。

 

 

ゲスト数50~100人におすすめのゲスト参加型の演出

プレゼントリレー

Mayoさん(@mayo_wd)がシェアした投稿

演出のタイミング:披露宴・二次会の余興

プレゼントリレーのやり方は、マトリョーシカのように何重にも包まれているプレゼントには、開ける度に「メガネをかけている人に渡して」などミッションが書かれています。

該当する人にプレゼントをし、その人がまたプレゼントを1包装開けミッションの該当者に渡すというリレーし、最後に受け取った人がプレゼントをもらうという演出です。

 

50~100名であれば、該当者を探しやすく、会場の広さを考えてもプレゼントを渡しに行く距離が長くなりすぎないのでおすすめです。

 

リングリレー

演出のタイミング:披露宴・二次会の余興

リングリレーとは、新郎新婦の結婚指輪を長いリボンに通し、式場の後ろから新郎新婦の所まで指輪をリレーして届ける演出です。

大切なゲストが運んできてくれることで、指輪交換という大切な瞬間の思いを共有することができますね。

ゲストの人数で所要時間が変わりますが、50~100名のゲストであれば、ゲスト全員でリレーするのもバージンロードの横に座っているゲストだけでリレーすることも可能です。

 

 

ゲスト数100人以上におすすめのゲスト参加型の演出

バルーンリリース

演出のタイミング:挙式と披露宴の間

バルーンリリースとは、全員で一斉に風船を空に放つ演出で、野外もOKの式場におすすめの演出です。

風船を空に飛ばすことには、「新郎新婦の幸せが天まで届くように。」という意味が込められています。

風船の数が多ければ多いほど華やかになるので、大人数の結婚式におすすめの演出です。

 

ゲストが撮影した写真で作るエンドロール

演出のタイミング:披露宴・二次会

ゲストが撮影した写真で作るエンドロールとは、ゲストが撮影した写真をその場でサイトに投稿するとスクリーンに写し出されるサービスを使用した演出です。

投稿された写真を使って自動でエンドロールも作成してくれます。

自分が投稿した写真が使用されるとゲストは嬉しいですよね。

大人数であるとさまざまな視点からの写真が集まるので盛り上がること間違いなしです。

 

まとめ

やってみたい演出は見つかりましたか?結婚式の演出は新郎新婦からゲストへのおもてなしでもあります。

ゲストも楽しめる演出を取り入れて、何年経っても「あなたの結婚式はとても楽しかったよ。」と言ってもらえる素敵な結婚式を挙げてくださいね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪
1.5次会お披露目ウエディングパーティー