女の子の憧れ!花嫁のヘアスタイル・アクセサリーはどう決める?

結婚式の髪型
結婚式のヘアスタイル

結婚式のヘアスタイル。ウェディングドレスver.花冠はレプリカで

幼稚園の頃、将来の夢を聞かれて「お嫁さん」と答える女の子がいるように私にとっても花嫁は憧れで、可愛いものでした。

何色の、どんな形のドレスを着ようかどんな髪型で、どんな髪飾りをつけようかと妄想を膨らませたものです。

実際の打ち合わせにおいても、ワクワクするポイントでした。

 

ヘアメイク

ヘアメイクの打ち合わせは、わずか1時間で終了しました。

事前にいくつかイメージに近いヘアメイク例の画像を探しておいて、なんとか言葉でイメージを伝えます。

しかし髪の長さや質感によって、画像の例とまったく同じようにならないことはわかっていたので、ほとんど「こんな感じで」としか伝えられず、完成形はヘアメイクリハーサルまでのお楽しみです。

 

ヘアアクセサリー

ドレスの試着の際に、決めたドレスを着た状態で、いくつかの種類のアクセサリーを合わせていただきました。

色や大きさ、モチーフでかなり顔の明るさや印象が変わり、またアクセサリー自体は好みでもドレスに合わない…

ということもあるので、できるだけたくさん合わせてみて、写真に残しておくことをオススメします。

私はこのときには決めきれず、ヘアメイクの打ち合わせまで持ち越しました。

なんとなく、

「ゴールドやシルバーなどの光沢が入るより、草花を用いるなどしてナチュラルな印象にしたいな。」

という希望があったのでそのように伝え、最終的にはブーケと合わせた色味で花冠を作ってもらうことにしました。

しかし生花を使うとお値段が張るので、

「前半分の正面から見える部分は生花で、うしろ半分はリボンにして結ぶ、またはカチューシャのように差し込めるようにしてください。」

とお願いしました。

こちらもやはり、当日までのお楽しみになるので、ややリスクはありますね。

お色直しのヘアアクセサリーは、市販の材料を組み合わせて自分で作りました!

と言っても結んだり引っ付けたりしたぐらいですが… とっても満足な出来になりました。

お色直しの髪型

結婚式お色直しのヘアスタイル。

 

結婚式前に髪をどこまで伸ばすか問題

私はもともとショートカットが好きで、本当にこの披露宴のためだけに髪を伸ばしました。

どこまで伸ばせばいいのか、どこまで量を減らすのか悩んだものです。

美容師さんやヘアメイク担当のスタッフさんに相談すると、皆口をそろえて言うのが

「ヘアメイクリハーサルまでは伸ばして」

ということでした。

伸ばせるだけ伸ばして、ヘアメイクリハーサルのときに相談して、「もうちょっと短くてもいいね」とか「すいても大丈夫」と言われれば、切るのはいつでもできるから。

急に「長いほうが」「もう少し量があったほうが」と言われても限界がありますからね。

かなり量が増えてドライヤーやセットが大変でしたが、リハーサルまでは我慢して伸ばしました。

 

ヘアメイクリハーサル

ウェディングドレスと久々の対面です

ウェディングドレスと久々の対面です

披露宴の1〜2ヶ月前に行うのが一般的なようですが、私は会場側の都合と合わず、披露宴と同じ月わずか2週間前に行いました。

ドレスの最終のサイズ合わせも兼ねていたので、ヘアアクセサリーだけでなく身に付けるものをすべて持参しました。

打ち合わせで伝えておいたウェディングドレス・お色直しの衣装に合わせるメイク・髪型を順に作っていただき、実際に衣装とアクセサリーを身につけて、修正点を伝えます。

披露宴会場とは別の室内でのリハーサルのため、いろんな位置に移動してみて鏡で、写真でじっくり観察しました。

照明や角度によって全然見え方が違うので慎重に!

「もうちょっとナチュラルに」「もうちょっと目元を明るく」等々、印象と希望を伝え少しずつ修正。

「これでオッケー!」と思った段階で会場のカメラで写真を撮ってもらいます。

かなりたくさん注文をつけたので、所要時間は2時間半ほどでした。

私的には完全に納得したわけではなかったのですが、当日に希望や変更を言っても大丈夫とのこと。

しっかり写真を見返してよりよい形になるように伝えようと思います。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪
結婚式の髪型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください