1月の結婚式は非常識?寒い中出席してくれるゲストに迷惑をかけないための注意点。

1月は仕事始めで忙しく、出費も多い月。

そんな1月に結婚式を挙げるのは非常識なのでしょうか?

確かに1月の結婚式に出席することに難色を示すゲストもいるかもしれません。

けれど、1月じゃないと予定が合わない人や1月に特別な思い入れがある人など、どうしても1月に結婚式が挙げたいっていう場合もありますよね。

今回は、そんな1月の結婚式にできるだけゲストが気持ちよく出席できるために気を付けたいことをご紹介します。

人気が少ない月だからこそのメリットもご紹介するので、お楽しみに♪

 

1月に結婚式を挙げる人が少ない理由とデメリット

年始で忙しい

年末年始の長期休みがある1月は、仕事が忙しいことが多く、長期休暇の上に休日申請を出すのは気が引けるという人が多いため、ゲストが出席できない可能性があること。

新郎新婦自身も忙しくて準備に満足な時間が取れないことがあります。

 

寒さが厳しい

1月は1年の中でも寒さが厳しい季節。寒く雪が降る中の結婚式に参加するのは大変。

交通機関の乱れも多く、遅刻や欠席をするゲストが出てくる可能性があります。

 

体調を崩しやすい

1月は普通の風邪はもちろん、インフルエンザやノロウイルスが流行る季節。

ゲストはもちろん、新郎新婦も体調を崩してしまう可能性があります。

ほとんどの結婚式場がインフルエンザやノロウイルスにかかっている場合は、式場の出入りを禁止しているので、その場合は、出席のキャンセルや式自体がキャンセルになってしまうことも…。

 

1月に結婚式を挙げるメリット

費用が安く設定されている

1月は結婚式を挙げる人が一番少ない月。

結婚式場にとって、オフシーズンである1月に結婚式を挙げてもらえるよう、人気のシーズンより費用を安く設定したり、豪華なキャンペーンを実施している結婚式も少なくありません。

その場合、同じ挙式で同じ内容でも人気のシーズンに挙式を挙げるより、費用を抑えることができますよ♪

より多くのウエディングドレスから選べる

レンタルのウエディングドレスは、挙式の1週間前に着用する新婦のサイズに調整し、挙式後はクリーニングをするため、結婚式の前後2週間ほどは他の人が着用できなくなります。

人気のシーズンは、たくさんのウエディングドレスが予約されるため、選べるドレスが限られてきます。

しかし、オフシーズンなら予約されているドレスも少ないので、より多くのウエディングドレスから気に入ったドレスを選ぶことができます。

良い日取りが抑えやすい

オフシーズンなのでライバルが少なく、大安の日取りなどが抑えやすいのもメリットです。

しかし、オフシーズンといっても結婚式を挙げるカップルは他にもいらっしゃるので、良い日取りは早めにおさえましょう。

 

12月に結婚式を挙げるなら、気を付けたいこと

ガーデンウェディングや野外演出は避ける

寒さが厳しい時期なので、ガーデンウェディングや野外での演出は基本NG。

室内での演出を心がけましょう。移動でゲストが野外に出る必要がない完全室内の結婚式場もおすすめです。

成人の日に結婚式を挙げる場合は親戚に新成人がいないか確認する

1月の第2月曜日は「成人の日」で、土曜日~月曜日は3連休になります。この3連休を利用して結婚式を挙げたい人は、親戚に新成人がいないかどうか確認しましょう。

また、地域によっては成人の日当日ではなく、別の日程に成人式を行う場所もあるので、前後の日程に結婚式を挙げる場合も確認をしておきましょう。

寒さ対策をしっかりと行う

1月に結婚式を挙げるなら寒さ対策は必ず行いましょう。

結婚式場での寒さ対策だけでなく、行き帰りの寒さ対策も考えておくのが素敵なおもてなしです。

ゲストの寒さ対策の例

  • 駅から結婚式場までのシャトルバスやタクシーを手配する
  • ウェルカムドリンクにホットドリンクを追加
  • 待合室や披露宴会場にブランケットを用意しておく
  • プチギフトにカイロをプレゼントする

 

天候や体調不良による急なゲストのキャンセルも考慮しておく

豪雪などの悪天候によって公共交通機関が運行停止になってしまうと、出席できないゲストもいるかもしれません。

また、インフルエンザやノロウイルスが流行し、体調を崩す人が増える季節です。

欠席されるのが残念な気持ちはわかりますが、まずはゲストの安全を第一に考えましょう。心に余裕を持って、ゲストが無理して参加しないように気を配ることも大切です。

 

1月のおすすめの日程

1月に結婚式を挙げるなら、日取りは下旬がおすすめです。

上旬は、長期休暇明けでお仕事が忙しい方が多く、参加してもらえない可能性があります。

また、お年玉や忘年会・新年会など年末年始はなにかと出費が増える時期。

その上にお祝儀を用意するのはゲストにとっては厳しいので、給料日を過ぎた下旬だとゲストはとっても助かりますよ。

1月の下旬でおすすめの日程

<2019年1月>

土・日

  • 1月20日(日)友引
  • 1月26日(土)友引

平日

  • 1月17日(木)大安
  • 1月23日(水)大安
  • 1月29日(火)大安

 

<2020年1月>

土・日

  • 1月18日(土)大安
  • 1月26日(日)友引

平日

  • 1月24日(金)大安
  • 1月29日(水)大安

 

1月におすすめのテーマや演出

お正月や成人式をイメージして和装婚

1月はお正月や成人式など和装をするイベントが多い月。結婚式にも和装を取り入れてみましょう。

演出にもちつきや鏡開きをするのもいいですね!

 

お年玉抽選会

新郎新婦からのサプライズ演出として、抽選で選ばれたゲストにお年玉をプレゼントする余興をするのもおすすめです。

 

雪をテーマにする

雪をモチーフにした装飾やペーパーアイテムを取り入れられるのもこの時期だからこそ!

雪の色として使用される白や青は純白やサムシングブルーなど結婚式で縁起の良い色とされているので、おすすめです。

 

アナと雪の女王をテーマにする

ディズニー好きであれば、この時期の結婚式で取り入れてほしいのは、アナと雪の女王をテーマにしたディズニーウェディング。

公式のアイテムでなくても、雪をモチーフにした装飾や形に近いドレスを選ぶことで、アナと雪の女王の世界観を演出することができますよ!

 

いかがでしたか?

1月の結婚式も気を付けるしっかりポイントをおさえておけば大丈夫。

オフシーズンを利用して、お得に素敵な結婚式を挙げましょう。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪