会費婚とは?メリットデメリットと先輩カップルの口コミ

結婚式を挙げたいと考えているカップルの中には、会費制での実施を検討している方もいるかと思います。

一般的な結婚式・披露宴はご祝儀制で、金額を定めずお祝いの気持ちをいただくもの。

一方会費制は設定した会費をいただいて行う結婚式です。今回は会費制の結婚式に特化した『会費婚』のサービスとその口コミ、会費婚で結婚式を行うメリット・デメリットについて解説したいと思います。

 

会費制の結婚式って?ご祝儀制とのちがい

まずは一般的なご祝儀制の結婚式と、会費制の結婚式のちがいを見ていきましょう。

ご祝儀制の場合

結婚式・披露宴に招待するゲストからお祝いの気持ちとしてご祝儀をいただきます。ご祝儀の額はあくまで気持ちなので定めはなく、友人であれば3万円包むのが相場です。

ご祝儀をいただく代わりに、料理やドリンクなどのおもてなし、引き出物で『ご祝儀返し』をするのがマナーとなっています。

 

ご祝儀制のメリット

まだまだご祝儀制が大半であることから、年配の方にも受け入れられやすく、ほとんどの結婚式場で対応がスムーズです。

上司や親族などご祝儀の額を予想して引き出物を豪華にするなど個別の配慮も可能になります。

 

ご祝儀制のデメリット

まず招待されるゲストの金銭的な負担と、ご祝儀袋や包み方のマナーなど準備の負担が生じることが挙げられます。そしてなによりも、もらえる金額を正確に予想できないことから、予算をたてにくいことが難点です。

 

会費制の場合

ゲストから一律の会費をもらって結婚式・披露宴の運営を行うスタイルです。会費は運営費という位置付けなので基本的に引き出物は用意せず、お料理やドリンクでもてなします。

 

会費制のメリット

一番は招待されるゲストの金銭的負担が少ないということ。包む額に悩むこともありません。新郎新婦も会費の総額が事前にわかるので、予算内での実施が容易になります。

またたくさんのゲストを招待できることもメリットでしょう。

 

会費制のデメリット

ご祝儀制に慣れている年配の方にはまだ受け入れにくい部分があるので配慮が必要です。

またご祝儀制では引き出物の贈りわけ等で上司等立場が上のゲストへの個別のおもてなしが可能ですが、ご祝儀制では配慮が難しいかもしれません。

会費制のメリットにある金銭的な理由が主で会費制結婚式を選ぶカップルが増えているようです。そんな会費制を検討しているカップルにおすすめしたいのが『会費婚』です。

「安っぽくなるのでは」と思われがちな会費制結婚式を、ご祝儀制の結婚式と変わらぬクオリティで最小の自己負担額でサポートしてくれるサービスなんです。

 

 

会費婚とは?

「結婚式の新たな常識を作る」ことを理念に掲げ会費制の結婚式をトータルプロデュースしている株式会社アールキューブ(RCUBE)のサービスです。

独自に用意したプランで、希望の招待人数から会場を提案し、内容の打ち合わせから当日の運営までトータルサポートを行っています。

 

 

会費婚のプランと費用

会費婚では、結婚式に必要なものすべてが揃ったパッケージプランを提供しています。プランは以下の2種類です。

スタンダードプラン

自己負担額が5万円のプランです。新郎新婦の衣装が含まれていないため、もうすでに衣装を用意しており海外挙式をしたあと、国内でパーティーをしたいカップルにおすすめです。

〈プラン内容〉
  • お料理、お飲物
  • ウェディングケーキ
  • 新郎新婦控え室
  • 専属プランナー
  • カメラマン、写真データ(250〜300カット程度)
  • 音響オペレーション
  • 司会者
  • 介添え
  • ヘアメイク
  • 装花、ブーケ、ブートニア
  • プチギフト
  • 芳名帳
  • 宴内人前式
  • 結婚証明書
  • ウェルカムボード
  • 招待状、席次表、席札

これだけの内容を、自己負担5万円と会費でまかなえるとのこと。結婚式をした方ならおわかりかと思いますが、「こんなに安くて本当に大丈夫!?」と不安になるほどの内容です。

管理人が利用した会場では司会者の手配だけで8万円、装花やブーケにいたってはトータル10万円以内に収まればいいほう…というぐらいでしたから、かなり良心的です。安さの理由は後述しますね。

 

プレミアムプラン

自己負担額が25万円のプランです。内容は上記スタンダードプランに加え、新郎新婦の衣装であるウェディングドレスとタキシードをレンタルすることができます。

こちらもお気づきかと思いますが、通常ドレスを1着レンタルしようと思うとまず20万円では収まりません。さらに新郎のタキシードも…となると、このプランがいかにお得かおわかりいただけるかと思います。

「こんなに安いと衣装も安っぽくなるのでは…?」と思うかもしれませんが、ご安心を。有名ブランドであるタカミブライダル 、クチュールナオコと提携し40万円クラスの衣装を選ぶことができるのです。

ラインナップはこちらからご覧ください。ウェディングドレスだけでなくカラードレスや和装もご覧いただけます。

LOOK BOOK

 

会費婚で選べる会場

会費婚では、全国130以上の会場からふたりの希望に合う会場を提案しています。会場のエリアは関東、東海、関西、九州の都市部となっています。

補足説明
  • 関東…東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬に計85会場
  • 東海…愛知県、岐阜県に計22会場
  • 関西…大阪府、京都府、神戸市に計13会場
  • 九州…福岡市に計5会場

式場スタイルもホテル、ゲストハウス、レストランなど様々。ホームページに記載がない会場についても会費婚ラウンジで紹介可能な場合があるそうです。

人気の会場の例
  • 六本木ヒルズクラブ
  • CROSS TOKYO
  • ハイアットリージェンシー大阪
  • インスタイルウエディング京都
  • ホテルオークラ福岡
  • RITZ5

など、ご祝儀制の結婚式に劣らない会場がそろっているのがわかります。

 

会費婚の安さの理由

会費婚では前述のプランにおいて、契約後の大幅な金額アップを抑え5〜25万円の自己負担での結婚式を実現しています。ここまでいいこと尽くしだといよいよ気になってくるのがその安さの理由ですよね。

なぜこのサービスが実現しているのか、それは以下の理由があるからなんです。

 

理由①:自社会場を持っていない

会費婚では自社の会場を持っていません。会場を持っている場合、人件費や設備の維持費などそれだけでお金がかかるため、日程を埋めなければ赤字になってしまいます。そして、それらのコストの一部は新郎新婦が結婚式費用として負担することになります。

会費婚では既存の会場を借りるという形で新郎新婦に紹介しているため、それらのコストがかからず結果的に新郎新婦の負担を抑えることができるのです。

 

理由②:広告費をかけていない

結婚式業界には数多のサービスが存在し、顧客を得るために広告による広報活動に力を入れている企業も少なくありません。しかし現在会費婚はテレビCMや結婚情報誌への掲載などの広告を行っておらず、集客の大部分を利用者からの紹介や口コミに頼っています。

それでも年々利用者が増えているので、利用者の満足度の高さがうかがえますね。

 

会費婚利用の流れ

それでは実際に会費婚を利用して結婚式を挙げる流れをご説明します。

 

①会費婚ラウンジへ

会費婚の相談サロンである『会費婚ラウンジ』へ足を運びましょう。会費婚ラウンジは完全予約制です。事前に電話またはホームページの予約フォームから予約をしてください。もちろん「利用を検討している」「どんなサービスなのか知りたい」という段階でもOKですよ。

 

②プラン決定、申し込み

会費の設定や希望の招待人数、予算などを相談しプランを決定します。そして会場を決定したら契約となります。契約後に「衣装もレンタルしたい!」などプランの変更も可能です。

 

③打ち合わせスタート

衣装合わせや司会者との打ち合わせ、会場装花など詳細な打ち合わせを行います。打ち合わせは3回で終えられるようスケジュールが組まれていますが、希望があれば満足いくまで何回でも実施可能です。

 

④当日

いよいよ当日!家族やゲストと最高の日を過ごしましょう。担当プランナーが当日も最後までサポートしてくれます。

 

 

会費婚ラウンジ

会費婚ラウンジは現在全国に5ヶ所あります。

表参道ラウンジ

・営業時間 ※来店相談は21:00まで可能
土日祝 10:30~19:00
平日 11:00~19:00

・定休日
火曜日 ※祝日を除く

・住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-46-16 IL CENTRO SERENO 1F
※「表参道駅」東京メトロ銀座線/半蔵門線/千代田線B2出口 徒歩4分 
※「明治神宮前駅」東京メトロ副都心線/千代田線4番出口 徒歩6分 
※「渋谷駅」「原宿駅」JR山手線 徒歩12分

横浜ラウンジ

・営業時間
10:30~19:00 ※17:00が最終受付

・定休日
火曜日 ※祝日除く

・住所
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー17F
※TAKAMI BRIDAL内
※「桜木町駅」JR京浜東北線・根岸線/横浜市営地下鉄 動く歩道で徒歩5分
※「みなとみらい駅」みなとみらい線 徒歩3分

 

名古屋ラウンジ

・営業時間
11:00~19:00 ※ご来店相談は21:00まで可能

・定休日
火曜日 ※祝日除く

・住所
〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-25 アスタービル5F
※JR線 名古屋駅 徒歩5分
※市営地下鉄東山線 名古屋駅 徒歩5分

 

大阪ラウンジ

・営業時間
11:00~19:00 ※ご来店相談は21:00まで可能

・定休日
火曜日 ※祝日除く

・住所
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-5-14 四ツ橋YMビル1F
※「心斎橋駅」地下鉄御堂筋線 徒歩5分
※「四ツ橋駅」地下鉄四つ橋線 徒歩2分
※「西大橋駅」地下鉄長堀鶴見緑地線 徒歩4分

 

福岡ラウンジ

・営業時間
11:00~19:00 ※ご来店相談は21:00まで可能

・定休日
火曜日 ※祝日除く

・住所
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5F
※市営地下鉄空港線 「天神駅」西口・7番出口直結
※西鉄 天神大牟田線 「福岡(天神)駅」北口改札すぐ

各ラウンジでは県外在住の方の相談も受け付けています。

また遠方でラウンジへの来訪が難しい方にはテレビ電話等での対応も可能です。

 

会費婚まるわかりQ&A

ほかにも会費婚について気になるポイントをまとめてみました♩

 Q.会費婚では会費制の結婚式しかできないの?

A.ご祝儀制の結婚式も可能です。

ただし、前述のパッケージプランは会費制を前提としたプランなので、引き出物などプラスで用意するものの費用がかかります。

Q.くだけた2次会のようなパーティーしかできないの?

A.そんなことはありません。

カジュアルすぎない1.5次会のようなパーティーはもちろん、従来の披露宴のようなプログラムやおもてなしがしっかりしたパーティーも可能です。

Q.ウェルカムグッズや衣装を持ち込みたい!持ち込み料金は?

A.無料です。

引き出物を追加で用意したいという場合も持ち込み料は無料。衣装をレンタルでなく購入したものを持ち込みたいという場合も同様です。

Q.ゲストの会費はいくら?

A.会費の相場は1.5万円〜2万円です。

招待人数や希望の会場と予算を照らし合わせて決めていきます。

Q.安い分、お料理の品数が少ないのでは?

A.そんなことはありません。

利用する会場のお料理をそのまま提供するため品数も同じ。もちろん品質が落ちることもありません。

Q.お料理の試食や会場の下見は可能?

A.可能です。

すべての会場で試食、会場見学に対応しているとのこと。ただし、試食の内容は会場により異なる場合があります。

Q.お花やブーケが貧相になることはないの?

A.ご安心ください。

会費婚のインスタグラムでは実際に会費婚の結婚式で使用したブーケや装花の写真が公開されています。そのほかウェルカムボードやドレスの写真も見ることができますよ。

  Q.追加費用がかかるとしたらどれくらい?

A.多くても20〜30万円ほどでしょう。

当然ですが、パッケージプランに含まれていない内容を追加する場合は、その分の費用がかかります。お色直しでもう1着ドレスを着たい場合や、映像を流す場合に、各プラス10万円程度とのこと。一般の結婚式のように100万円も上がることはありません。

Q.パッケージ化されていると、自由度が少ないのでは?

A.アレンジ大歓迎です!

パッケージプランを提供しているのは『最低限必要なものをそろえて、新郎新婦の準備の負担を少なくしている』というイメージです。前述のように持ち込み料はすべて無料なので、手作りなどのアレンジは十分可能です。

 

 

会費婚で結婚式をするメリット・デメリット

会費婚を利用して結婚式をするメリット・デメリットをご紹介します。自分の希望の結婚式が叶えられるかどうか、チェックしてみてください。

メリット

・自己負担額を抑えて結婚式ができる
会費婚を利用する最大のメリットとも言えるでしょう。結婚式費用を抑えられる分、ハネムーンや引っ越し費用などに充てることもできますね。

・短い期間での準備が可能
すでに必要なものがパッケージされているため、打ち合わせの回数も少なくて済み時間的にも負担が軽減されます。

・たくさんのゲストを招待することができる
ゲストへの金銭的負担も少ないので、呼びたいゲストを呼びたいだけ招待することができます。

 

デメリット

・会費婚ラウンジや会場が都市部にしかない
紹介されていない会場も相談可能とのことですが、選択肢は狭まるでしょう。また会費婚ラウンジが近くにない地方の方は、テレビ電話などでの対応になるので直接打ち合わせしたい場合や会場を見学したい場合は負担になりそうです。

・年配の方には配慮が必要
【会費制のデメリット】でも紹介したように、会費制に馴染みがない年配のゲストには事前に説明をするなどの配慮をしたほうがよいでしょう。

・人気の日取りが確保しにくいことがある
結婚式で人気の日取りと言えば、土日祝日や大安などの縁起がいい日。会費婚専用の会場ではないので、人気の日は埋まってしまっていることもあります。

会費婚はこんな人におすすめ!

以上のメリット・デメリットを加味して、会費婚がおすすめなのは…

・時間やお金を理由に結婚式を諦めていたカップル
・海外挙式のあと、国内でのパーティーを予定しているカップル
・授かり婚や転勤などの理由でお急ぎ婚を考えているカップル
・たくさんの友人を一度に招待したいカップル

それぞれの事情に合わせて担当プランナーがしっかりサポートしてくれますよ。

会費婚を利用した人の口コミ

実際に会費婚を利用して結婚式を挙げた先輩カップルの声はというと、

口コミ
  • ゲストの負担を抑えることを一番に考えていてので、会費婚を選んで正解だった
  • 働きながらも準備に時間をとられることなく満足のいく結婚式ができた
  • プランナーさんが親身になってくれありがたかった
  • 決まった金額の中で打ち合わせをしていくので予算を大幅に超えることがなかった

と、よい口コミが目立ち、利用者の満足度は95%以上とのこと。迷っているなら一度相談だけでも行ってみる価値がありそうですね。

 

まとめ

お金や時間を理由に結婚式を諦めるカップルが多い中、会費婚のサービスは画期的なように思えます。

「一生に一度だから」とどんどん予算が膨れ上がる、そんな高すぎる日本の結婚式に新しい常識を作ろうとしているのが会費婚です。

「話を聞いてみたい」と思ったら気軽に会費婚ラウンジを利用してみてくださいね。

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪