遠距離恋愛の彼氏と結婚したい!結婚に一歩踏み出すには?

彼氏と遠距離恋愛になってしまい、「結婚」まで遠くにいってしまった…と落ち込んではいませんか?

心の距離まで遠くに感じてしまったり、常に会っていた安心感がなくなり、心配で仕方ないですよね。

でも、結婚までの歩みに、二人が離れている距離はあまり関係ありません!

失礼ながら…隣に住んでいたとしても、一緒に住んでいたとしても、別れてしまうことだってあるのです。

遠距離恋愛で一歩踏み出すために大切なことや、結婚へのきっかけづくりをご紹介します。

 

結婚に一歩踏み出せる遠距離恋愛にするには?

遠距離恋愛を機に結婚話が出た方は、すでに一歩踏み出しているわけですが…。

将来の話もなく、距離だけが離れてしまうと不安ですよね。

なんとなく遠距離恋愛を続けてしまった…とならないためにも、一歩踏み出していきたいですね。

ダイレクトに「私との結婚どう考えてる?」と聞ける方は、一歩どころか数歩踏み出せますね!

「自分から直接聞くのはちょっと…」という方は、ご紹介する方法を試してみてください。

彼氏に変化が見えてきたら、あなたとの将来を前向きに考えているサインかもしれません。

一歩踏み出すおすすめ方法3つをご紹介します。

  1. 遠距離だからこそ、彼氏を支える。
  2. こまめに連絡をとる。
  3. 彼氏を不安にさせない。

具体的な内容をお伝えしますね。

 

1、遠距離だからこそ、彼氏を支える。

彼氏が落ち込んでいたり、体調を崩している時は、しっかり支えてあげましょう。

近くにいないからどうにもできないしと、自ら関わりを拒否してしまうと、彼氏にとって辛さや悲しみだけが残ります。

会いにいければ最高ですが、直接会えなくても電話やメール、ラインなど、彼氏とつながる方法はたくさんあります。

落ち込んでいる彼氏に、あえて手紙であなたの気持ちを伝えてみるのもおすすめです。

あなた直筆のメッセージは、彼氏のお守りになるかもしれません。

 

2、こまめに連絡をとる。

一時間に何十回も連絡を入れたり、毎晩さみしいと大泣きの電話をしたりなどはNGですが、彼氏の邪魔にならないように連絡をとるようにしましょう。

彼氏の仕事が忙しいことがわかっている時は、「返信は無理しないでね」など、相手を気遣うメッセージもいれたいですね。

「彼氏から連絡くれないから、私からも絶対しない!」と意地をはってしまうと、彼氏が寂しい気持ちになるかもしれません。

しつこくされるのが苦手な男性でも、自分を気にかけてもらえたら嬉しいと思います。

くどくどした連絡はさけながら、あなたの存在をさりげなくアピールしていきたいですね。

 

3、彼氏を不安にさせない。

ついついモテる女を演じてしまってはいませんか?

彼氏にとってあなたは、世界一素敵な女性です。

そんな魅力的な女性が、他の男性と…と考えてしまったら、彼氏は不安でどうしようもなくなります。

「見えない部分」が多いからこそ、相手に向き合う姿勢がとても重要です。

やきもちをやかせるつもりが、彼氏の怒りを呼び起こしてしまったら大変です。

自分がされて不安になるようなことは、相手に対してもNGです。

 

遠距離恋愛だからこそのメリット5つ!

連絡をいれれば、すぐに会うことができたのに…遠距離恋愛なんて最悪!!と嘆いている皆さまに朗報です。

実は、遠距離恋愛だからこそのメリットがあるのです。

もちろん全ていいことだらけとはいきませんが、それは近距離だとしても同じことです。

メリットに目を向けて、前向きな気持ちで生活していきたいですね。

では、遠距離恋愛だからこその5つのメリットをご紹介します。

  1. 結婚相手として、自分の本心を見つめなおせる。
  2. 彼氏以外のことに目を向けるチャンスを得られる。
  3. 小さな幸せを実感できる。
  4. 二人の絆を深めるいい機会になる。
  5. 会う時間や一緒にいる時間の大切さを感じられる。

いかがでしょう?

少し「遠距離も悪くないかも…」と思ってきませんか?

では、それぞれ詳しくご紹介していきますね。

 

1、結婚相手として、自分の本心を見つめなおせる。

実質的な距離が生じると、相手を冷静に見ることができるようになりますよね。

近くにいていつも一緒だと、ついついノリや勢いでやっていたことも、離れたことによって、ゆっくりと考える時間を持つことができます。

「一生彼氏といたい!好き好き!」と思っていても、離れた瞬間「あれ?彼氏のどこがよかったんだっけ?」となることもあるかもしれません…。

特に結婚相手として考えた場合、「好き好き!」パワーを生涯保ち続けるのは至難の業です!

今だけを楽しむ相手なのか、これから先ずっと共に歩んでいきたい相手なのか、ご自身に問いかけるには絶好の機会です。

ただし彼氏の方も同じように本心を見つめなおしている可能性もあるので、彼氏を失いたくない時にはしっかりと対応していきましょう。

 

2、彼氏以外のことに目を向けるチャンスを得られる。

恋愛中は彼氏のことしか見えません!!というタイプの方にとっては特に、遠距離恋愛ほどつらいものはありませんよね…。

でも、一生ずっーーと「彼氏漬け」でいることはほぼ不可能です。

なかなか会えない遠距離恋愛だからこそ、彼氏以外のことに目を向けてみましょう。

もちろん、他の男性に目を向けてってことではありませんよ!

例えば、今まで迷っていたキャリアアップをはかってもいいですし、興味のある習い事や趣味に没頭してみるのもおすすめです。

あなたの世界が広がれば、あなたの魅力も増えていきます。

久しぶりに会った彼氏が、ますます輝くあなたを見て釘付けになってしまうかもしれませんね。

 

3、小さな幸せを実感できる。

国内外での遠距離だったり、お互い休みが自由にとれない立場の時は、なかなか会う機会がありません。

しかし会えないからこそ、今まで感じることのなかった小さな幸せを見つけ出すことができます。

誕生日に手書きのカードをもらえたり、久しぶりに電話で声がきけたり…と、嬉しさや楽しみが増えていきます。

本当は、近くにいても「ある」幸せなんでしょうが、遠距離恋愛だからこそ身にしみる幸せです。

遠距離の悲しみにつかりすぎて、小さな幸せを見落としてしまったらもったいないですね。

 

4、二人の絆を深めるいい機会になる。

お二人の状況によっては、遠距離恋愛になることをきっかけに、結婚話がでることもあります。

そうなった時には、もちろん絆がますます深まるわけですが、結婚話がでなくてもお二人にとって関係を深めるいい機会になります。

「離れしまうけど、頑張っていこうね!」と、同志のような関係になり、一緒の目標を持ちやすくなります。

お互いの心を、相手に対して真っ直ぐに保つことができるように、コミュニケーションを密にとっていきたいですね。

 

5、会う時間や一緒にいる時間の大切さを感じられる。

近くにいると「また今度でいいや」「今日は疲れたからイライラしちゃった」と、相手のことより自分の感情優先になってしまいませんか?

遠距離恋愛の場合「また今度」が、数か月後のこともあります。

会う時間や一緒にいる時間が限られているからこそ、悪い意味での感情優先はさけたいですね。

二人で話したいこと、二人で行きたい場所…と、二人でいる時間の大切さをお互いに感じることができます。

時にはケンカしてしまうこともあると思いますが、離れる時は笑顔で「またね!」と言えるように、気持ちのいい時間を過ごしたいですね。

お互いに感情をぶつけあうことはとても大切ですが、一方的に感情をおしだしてしまうとシコリが残ったままになるので気をつけましょう。

 

遠距離恋愛で気をつけておきたいこと3つ!

恋愛においてタブーとされていること(浮気、金銭要求、プライバシー侵害など)は、遠距離恋愛であれNGです。

遠距離恋愛だからこそ、特に気をつけておきたいことは次の3つです!

  1. 思いやりを忘れない。
  2. 過度なわがままは言わない。
  3. 負担は同じを心がける。

いかがですか?

心当たりのある方は、ぜひご参考にしてくださいね。

 

1、思いやりを忘れない。

遠距離恋愛の場合、実際に「見えない部分」がとても多いです。

「本当に残業なの?飲みに行ったってどこに誰と?」疲れてるって大げさすぎじゃない?などなど、疑いだしたらきりがなくなります。

疑惑の波がおしよせてきたら、いったん自分におきかえてみましょう。

彼氏から同じように思われていたらどうでしょうか?

「信頼してよ!」「しつこく聞かれて気分悪い!」「あなただって疲れる時あるでしょ?!」と、イライラしてきませんか?

離れているからこそ、彼氏の立場になって想像してみることを忘れないようにしたいですね。

特に男性は、新しい環境になじむまで時間がかかるタイプの方も多くいらっしゃいます。

いっぱいいっぱいになっている彼氏を、追い込んでしまわないように接していきたいですね。

 

2、過度なわがままは言わない。

「○○(あなた)のわがままってかわいいな」と、言ってくれていた彼氏でも、距離が生じたことによってわがままを叶えられない場合もあります。

例えば深夜に「会いたい!!来なきゃ別れる!」と言ったところで、現実的に不可能ですし、彼氏を困らせるだけです。

「さみしくなっちゃって会いたいな」といった、かわいいと思えるわがままでしたら、彼氏もおもわずデレーっとなるかもしれませんが、緊張感をもたらすわがままはさけた方が無難ですね。

彼氏はすでにあなたの近くにいられないことで、つらい思いをしていると思います。

そこに無理なわがままを言ってしまうと「俺にどうしろっていうんだよ!」となりかねません。

時には彼氏のわがままを聞きたいな!ぐらいの心の広さをもっておきたいですね。

 

3、負担は同じを心がける。

常にデート代を彼氏がもってくれていたからと、遠距離恋愛後も彼氏が出すのが当然!と思っている方は、ご注意ください。

交通手段にもよりますが、遠距離の場合お二人が会うための旅費がかかってしまいますよね。

いつも彼氏だけが全て負担するとなると、経済的に厳しくなりかねません。

彼氏が来てくれたなら、デート費用はあなたが持つようにしたり、負担を分散させるようにしていきましょう。

男性によっては、全部甘えてほしい!という方もいらっしゃるので、その時は「ありがとう」の一言を忘れないようにしたいですね。

彼があなたを手放せなくなる!結婚したくなる女性になるための7つの条件とは?

 

彼氏が結婚を意識しているのか確認したい!

なかなか直接表情を見ることができないからこそ、彼氏の本音が気になってしまいますよね。

彼氏が結婚をどのくらい意識しているのか確認する方法は、たくさんあると思います。

しかし、確認を強引にやりすぎると、あなたの気持ちに彼氏の方が圧倒されてしまい、結婚どころではなくなる可能性もあります。

タイミングをしっかりと見極めてくださいね。

  1. 一緒に住みたいよね。と言ってみる。
  2. 友達や同僚の結婚話や子ども話をしてみる。
  3. ブライダルフェアデートに誘ってみる。

遠距離だからこそ、タイミングをのがさず上手に確認していきたいですね。

 

1、一緒に住みたいよね。と言ってみる。

会った時に直接聞ければ、彼氏の表情や空気感が伝わってきますが、電話を活用する方法もおすすめです。

「一緒に住んでたら、こうやって電話しなくてもいいのにねー」など、かるい感じで言ってみるといいですね。

いがいと「来年あたり一緒に部屋探す?」と、具体的な話に発展するかもしれませんよ!

おもい口調で言ってしまうと、お互い後にはひけない空気になりかねないので、ご注意くださいね。

 

2、友達や同僚の結婚話や子ども話をしてみる。

ラインやメールなどでも、さりげなく送れますね。

「○○ちゃん結婚(出産)したよー」「ドレス似合ってた!綺麗で羨ましい」というように、事実プラスあなたの感情を盛り込んでみてはいかがでしょうか。

彼氏がのってこない時には、タイミングをかえて再チャレンジしてみる方がいいですね。

彼氏が出す「結婚したい」のサインをのがさないで!ブライダルフェアで結婚を現実に!

 

3、ブライダルフェアデートに誘ってみる。

遠距離恋愛において、会ってデートできる時間はとても貴重ですよね。

お互いの住んでいる地域の観光地巡りが終わったら、思い切ってブライダルフェアデートに誘ってみる方法もあります。

たまたま教会の前を通った時に「そうえいばブライダルフェアって知ってる?試食とかできるらしいよ」と話してみるのもおすすめです。

【デートの新定番!】ブライダルフェアにデート感覚っていいことづくし♡

 

まとめ

遠距離恋愛で一歩踏み出すには、相手のことを考えた言動が大きく関係してきます。

自分だけが我慢していてつらい!と思いがちですが、それはお互い様です。

遠距離になったことで、結婚へのきっかけがつかめることを祈っています!

ブライダルフェアがきっかけ。結婚に煮え切らない年下彼氏と婚約【管理人体験談】

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪