結婚へのあと一歩がなかなか…。彼氏と結婚話のきっかけをつくるには?

そろそろ彼氏との付き合いも長くなって、結婚話が出てもおかしくないのに、その一歩がなかなか進まなくてお悩みの方は多いのではないでしょうか?

自分より年下の友人や同僚、交際歴が短いカップルの結婚話を聞くと、焦ってしまいますよね。

結婚がゴールではないのをわかっていても、結婚話が出るのと出ないのでは、大きな差を感じてしまいます。

お二人にはどうして結婚話が出ないのか、きっかけをつくるにはどうすればいいのかをご紹介します!

彼氏がどのケースにあてはまるのか、ご参考にしてくださいね。

 

結婚話が出ない!彼氏のパターンを分析しよう!

ご自身の誕生日や、恋人同士で楽しむイベントの時など、「今年こそは結婚話が出るんじゃ!」と期待する女性はたくさんいらっしゃいますよね!

プレゼントをもらう時に結婚話?と思うも何もなく…プレゼントの中にメッセージがあるかも!と期待しても何もなく…最後にサプライズ演出?とワクワクした結果…普通に「またね」…。

いつになったら、結婚へのあと一歩が踏み出せるの?!と、不安になってしまいます。

彼氏から結婚話が出ない時は、大きく分けて5つの原因があると思います。

  1. 彼氏は自分の気持ちを伝えるのが苦手。
  2. あなたの本心(結婚願望)に気がつけない。
  3. 彼氏には目標があるまたは悩みをかかえている。
  4. 彼氏は結婚願望をもっているが、詳細は未定。
  5. そもそも結婚願望が全くない。

いかがでしょうか?心当たりはありませんか?

パターン別にご紹介していきますね。

彼氏は自分の気持ちを伝えるのが苦手

彼氏自身、あなたと結婚したいと思っているのに、それが言い出せないパターンです。

特に普段無口なほうだったり、恥ずかしがり屋、受け身の男性だと、こういう状態に陥ってしまいます。

彼氏も、イベントなどのタイミングで結婚話をきりだしたいものの、その一言がなかなか言えない状態です。

お二人で心身ともにゆっくりできる時間を確保したり、親戚や友人の結婚話をしてみるのもおすすめです。

「○年後も△△くん(彼氏)といたいな」など、あなたの将来に彼氏が存在していることをそれとなく伝えることができると、彼氏も安心して結婚話ができるかもしれませんね。

気持ちを伝えるのが苦手な彼氏から、結婚話を聞くことができたら、真剣に耳を傾けたいですね。

変にからかったり、話をせかしたり、切り出し方にクレームをいれたりはNGです。

「ありがとう」「嬉しい」など、あなたの気持ちを彼氏に優しく伝えてくださいね。

 

あなたの本心(結婚願望)に気がつけない

あなたに結婚願望があることに、全く気付いていないパターンです。

女性の気持ちを察するのが苦手な男性や、思い込みが激しい男性に多いパターンでしょうか。

「彼女はこの前キャリアアップしたばかりだから、結婚なんて考えてないだろうな」「○歳すぎるまでは、女性って結婚願望ないんだろうな」というように、彼氏が思い込んでしまうタイプの場合は注意しましょう。

仕事や年齢に関係なく「今のあなた」の考えを伝えていくようにしたいですね。

「仕事と家庭の両立を考える時があるんだ」「なるべく早めに出産したいなー」など、しつこくならない程度に、結婚願望があることをアピールしてみてはいかがでしょう。

男性はストレートに言わないとなかなか察してくれないので、ある程度のハッキリさは必要ですね。

彼氏の思い込みがあまりにも激しく「女性とはこうあるべきだ!」と言い出すようになってしまったら、結婚についてもう一度じっくり考えてみてくださいね。

極端なイメージを押しつけるのは、お互いにNGだと心得ておいた方が無難です。

 

彼氏には目標があるまたは悩みをかかえている

目標が達成するまで、悩みが解決するまで、結婚話を控えているパターンです。

大きな仕事が目前だったり、転勤が決まりそうといった場合や、彼氏が年下で一人前と認められてからと思っている時などです。

また、悩み(個人、家族、仕事、借金など)が解決してから…と考えている場合もあります。

節目をすぎても一向に結婚話が出ない時には、あなたの知らないところで次の目標が定まってしまっていることもあります。

あなた自身どの程度なら待てるのかを、一度ゆっくり考える時間を持ってみましょう。

また、彼氏の悩みが原因の時には、その悩みが解決する時が訪れるのか冷静に判断したいですね。

よく「○百万円貯まったら、結婚話をするぞ!」と心に決めている男性も多いと聞きます。

結婚式や新婚生活の資金として考えるようです。

目標や悩みは、個人レベルの戦いというところもありますので、彼氏が本当に納得しないと、なかなか結婚話へと進まないかもしれませんね…。

 

彼氏は結婚願望をもっているが、詳細は未定

結婚自体はしたいけど、いつ・誰と・どこでなど詳細が全く決まっていないパターンです。

男性は女性と違って、あまり年齢に左右されないため、「いつかはー」と夢のまた夢のように考えている方も多くいらっしゃいます。

ここで気になるのは「誰と」といった相手の項目までも未定になっているところですね…。

相手は「あなた」だけど「いつ結婚するかわからない」のと、相手も「誰かわからない」し「いつ結婚するかわからない」のでは、状況が全く違ってきます。

結婚相手を「あなた」と考えているようであれば、あなたは「今」結婚したいと思っていることや、女性には出産適齢期が大きく関わってくることをさりげなく話題にしてみるのも一つの方法です。

しかし結婚相手まで「未定」の場合は、まずは彼氏があなたと結婚したいと思えるように持っていくことが先決ですね。

どちらにしても、焦らずしつこくならずを心がけていきましょう!

 

そもそも結婚願望が全くない

恋愛やつきあうのはよくても、結婚したくないと思っているパターンです。

こればかりは、個人の考えによるので、なかなか結婚話に持っていくのは難しいかもしれません。

なんとか納得させて結婚したとしても、結婚生活が続かなければ悲しくなってしまいますよね…。

結婚に対してあきらかに間違ったイメージをもっているようであれば、そのイメージを払拭することで結婚へのきっかけがつかめるかもしれません。

しかし、大人になってから自分の考えを180度変えることは、なかなか根気が必要で難しい作業です。

「結婚」への価値観の違いを、あなたがどう感じ取れるかで変わってくるでしょう。

今現在だけで判断せずに、長い目で考えてみてくださいね。

 

結婚話のきっかけがつくりにくい状況って?

お二人がともに新しく築き上げていく「結婚」という節目ですが、その結婚話のきっかけがつくりにくい状況があるのです。

彼氏との関係性はとてもうまくいっているはずなのに…とお悩みの方は、次の状況になっていないか、チェックしてみてくださいね!

  1. 実家暮らし
  2. 遠距離恋愛
  3. 再婚

お二人の状況が、この3つのどれかになっている場合、きっかけがつかみにくいかもしれません。

それぞれの理由をご紹介しますね。

実家暮らし

特にお互いが実家で暮らしている場合、普段の生活への不便さを感じにくいことから、結婚への一歩が遠のいてしまうことがあります。

誰だって新生活になれば大変ですし、多少の不便はでてきますからね。

彼氏があなたと結婚したいと思っていても「実家にいれば(家事も)何もしなくていいし」「家賃もかからないし」と、なかなか踏み切れないケースもあります。

また、あなた自身も「実家は居心地良いし」「結婚したら家事に育児、その上共働きでしょ…」と、どこかで結婚から逃避している可能性もあります。

結婚話のきっかけがほしい!と思いながら、お互いにあえて「きっかけをつかみにいかない」のかもしれませんね。

 

遠距離恋愛

遠距離になった時に結婚話がでないと、そこから進みにくくなってしまうという話も聞きますね。

特にお互い仕事をもっていると、結婚を機にどちらかが引越ししなければいけない可能性もあります。

彼氏は、あなたを呼び寄せたいと思っていても、それを伝える状況を作り出せていないのかもしれません。

距離に負けないぐらい、彼氏の心をわしづかみ!にしたいですね。

 

再婚

再婚または子連れなどの場合、「結婚」することで今の最高な関係性が壊れてしまうかも…と悩んでいるかもしれません。

特に子連れの時には、そのお子さんの成長段階をきっかけとして、結婚話が進むこともあると思います。

どちらにしても、一方的にならないように、コミュニケーションを密にしていくことが重要ですね。

 

まとめ

結婚話へのきっかけがほしい!と思ったら、まずは彼氏のパターンやお二人の状況を分析してみてくださいね。

その上で、身近な方の結婚話を話題にしてみたり、あなたの感情をストレートに伝えてみましょう。

あなたが選んだ大切な彼氏です。

きっかけさえ上手につかめれば、きっとあなたにとって一番の理解者となってくれると思います。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪