両家顔合わせのしおりの作り方。

顔合わせが決まったら、顔合わせのしおりをつくってみませんか?

顔合わせは家族の紹介や記念写真の撮影などの順序がありますので、一目でわかるプログラムしおりがあれば便利です。

手書きでもいいですし、パソコンとプリンターがあれば簡単につくることができます。

顔合わせの記念品にもなりますし、当日の話題づくりにも最適です。なにより手作りのしおりは両家の親族に喜んでもらえます。

 

これは載せたい!しおりの内容

ごあいさつ

はじめに、当日自分たちのために集まってもらったことに対するお礼の言葉をいれると丁寧です。

 

当日のながれ

しおりをみると当日のながれをみんなで共有できるので滞りなく進行できます。

これから何をするのか把握できるので、初対面の緊張も和らぎます。

ふたりのプロフィール、馴れ初め

結婚する主役のおふたりのプロフィールはもちろん必須です。

当日も自己紹介はありますが、趣味や特技、好きな食べ物などを載せておくことで会話のネタにもなります。

おふたりの小さいころの写真などを入れても盛り上がります。

なれそめは家族でも意外と知らないことが多いものです。

何がきっかけでいつ頃から付き合いだしたかなど書いておきます。

結婚するお二人の関係をより知ってもらいましょう。

 

家族紹介

両家の家族紹介ももちろん当日行われますが、記載しておきましょう。

できれば顔写真入りのものを用意すると、参加者が多い場合などに相手側の方が顔と名前を覚えやすいです。

誕生日なども記載しておくと、今後お祝いを行う場面でわざわざ確認する必要がありませんので便利です。

おふたりのプロフィールの記載と同様に趣味や特技なども載せておくと当日の会話のネタになります。

レイアウトを家系図風に紹介するとよりわかりやすいです。

 

今後の予定(入籍・結婚式など)

顔合わせの目的は、両家の親睦を深めることだけでなく今後行われる結婚式についてなども話すことになります。

今の段階で決まっていることを載せておくとみんなで共有できます。

入籍をする予定の日程、結婚式を行う日程や会場の様子を写真入りで行うとイメージしやすく楽しみに思ってくれることでしょう。

おふたりの新居が決まっている場合は、新居の住所や連絡先を記載しておくと、今後親族と連絡をとる際スムーズです。

結びのあいさつ

当日顔合わせに来てくれたことにたいするお礼の言葉をいれましょう。

個別にご両親などにメッセージを添えるのも喜ばれます。

 

両家顔合わせのしおりの作り方

用意するもの

  • パソコン
  • プリンター
  • A4用紙(コピー用紙のようにぺらぺらではなく厚みのあるものを使うときれいです。)
  • マスキングテープ
  • ホッチキス

一番簡単なのは、パソコンとプリンターを使ってもともとあるテンプレートに文字を打ち込んでいくパターンです。

自分のオリジナルな内容にはできませんが、作成時間を大幅に削減することができるので忙しい方におすすめです。

無料のテンプレートもあるのでちゃちゃっと作成してしまいましょう。

無料テンプレートがダウンロードできるサイト

自分のオリジナルのしおりが作りたい場合は、ワードを使っても簡単にできます。

ワードを使う際は用紙を横向きに変更して、段組みを2段にしましょう。

あとは余白を調整するとうまくレイアウトできます。

イラストなどをたくさんいれるとかわいらしいしおりができます。

シールやスタンプを使ってアレンジをしてもいいですね。

作り方

  1. A4用紙を半分に折ってしおりを作成します。
  2. 縦半分よりも横半分にするほうが見やすいです。
  3. 半分に折った表紙背表紙にほかのページは袋とじになるようにはさんでいきます。
  4. あとは端をホッチキスで止めて、針の部分が隠れるように華やかなマスキングテープで背表紙をつけると完成です。

アレンジとして、穴あけパンチで穴をあけて可愛いリボンで結んでも綺麗です。

パソコンとプリンターがあれば、用紙とマスキングテープ代金くらいでできるのでぜひお試しください。

 

両家顔合わせマニュアル

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪