両家顔合わせ食事会の案内状・招待状やお礼状の例文

結婚が決まった二人の両親が、はじめて顔を合わせる両親顔合わせ。

最近では、結婚する二人が中心となり、食事会の形式でご両親を招待するケースが多くみられます。

その際、日時や会場などの連絡手段として、電話やメールだけでなく、案内状や招待状をご両親にお送りするカップルが増えているそうです。

ご両親にとって、日時や場所の連絡が電話やメールだけでは心もとなく、書面であるとありがたいものです。

また、食事会が終わった後にはお礼の手紙を送ると良いとされています。

そこで、案内状やお礼状について、どのように作成したら良いかをまとめましたので、参考にしてみてください。

両家顔合わせマニュアル

 

両家顔合わせ食事会の案内状・招待状に書き入れる項目は?

両家顔合わせ食事会の案内状・招待状に書く項目は下記のようになります。

  • 挨拶文
  • 差出人(新郎新婦)の名前
  • 日時
  • 会場
  • 交通のアクセスや、地図

パソコンで作成しても構いませんが、丁寧に手書きにすることで、気持ちが伝わりやすく、ご両親世代には印象が良くなるかと思います。

用紙は好みにもよりますが、会場が料亭なら和紙のレターセットや、松竹梅などの縁起物がプリントされたカードを使ってテイストを揃えたり、花柄やピンク色など華やかな雰囲気のものを使うと良いでしょう。

交通のアクセスは、電車で来るのか車で来るのかを事前に確認しておき、アクセス方法に合った情報を記載すると良いですね。

電車の場合は「○○駅から徒歩○分」、車の場合は駐車場の案内なども記載があるとわかりやすいです。

会場のパンフレットなどがあれば同封するのも良いでしょう。

 

両家顔合わせ食事会の案内状・招待状 挨拶の文例

挨拶文は一般的な招待状の文面と同じでOKです。

身内だけの会ですが、ある程度かしこまった文章にした方が良いでしょう。

句読点は、一般的に慶事の招待状では使いません。

文例

拝啓 〇〇の候 皆様 いかがお過ごしでしょうか
さて この度は私たちの結婚に向け 日頃のご厚情に感謝し
ささやかながら両家の顔合わせを兼ねた食事会を催したく存じます
ご多用中のところ誠に恐れ入りますが ご出席くださいますようお願い申し上げます
どうぞ当日はお気をつけてお越しください
お会いできることを楽しみにしております  敬具

平成○年○月吉日
(新郎名前)
(新婦名前)

・日時 平成○年○月○日(○曜日)
○○時より
・会場 ○○ホテル ○階 レストラン○○
住所、電話番号
JR〇〇駅から徒歩○分

 

会場のロビーなどで待ち合わせをする場合や、食事会の後に結婚式場の見学などの予定を立てている場合はその内容も追記しておきましょう。

 

両家顔合わせ食事会後のお礼状 文例

両家顔合わせ食事会から帰宅したら、相手のご両親にお礼状を送ると良いでしょう。

日が経つと印象が薄れてしまうので、遅くとも一週間以内に届くようにします。

相手がそれほどしきたりにこだわらない方なら、手紙ではなく電話やメールでもOKです。

無事に両家顔合わせが行えた事への感謝と、これからもよろしくお願いしますというメッセージを明るい言葉で伝えます。

かしこまりすぎず、自分なりの言葉で、心を込めて手書きすると良いでしょう。

文例

先日はお忙しいところをお時間いただきありがとうございました。
楽しいお話を聞かせていただき、とても幸せな時間を過ごせました。
私の両親も、ご一緒できたことを喜んでおり、これからもよろしくお願いいたしますと申しておりました。
この度、私たちの結婚を認めてくださったことに、改めてお礼申し上げます。
これから結婚式や新生活の準備などでご指導いただくことも多いかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

記念撮影をした場合は、プリントした写真を同封すると喜ばれます。

また、「おすすめいただいた映画に来週○○さんと行ってきます。」など、両家顔合わせを行なった際に話した内容を盛り込むのも良いでしょう。

 

まとめ

案内状やお礼状をもらえると配慮が行き届いた印象になり、ご両親も安心することでしょう。

ぜひお送りしてはいかがでしょうか。

両家顔合わせのしおりの作り方。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪