両家顔合わせ食事会でのスピーチ・ご挨拶に使える例文と進行例

両家顔合わせ食事会で、「どんな挨拶をしたら良いのかわからない!」とお悩みの方の為に、両家顔合わせ食事会で使える挨拶文をまとめました。

セリフのように丸暗記しなくとも、「だいたいこんな事を話せばいいんだな」と頭にいれておくだけで、当日の気持ちが楽になると思います。

顔合わせ食事会の流れにそってご紹介しますので、ご参考下さい。

 

両家顔合わせマニュアル

 

まずは全体の流れを確認

一般的な顔合わせ食事会の流れは下記のようになります。

  1. 最初の挨拶
  2. お互いの両親を紹介
  3. 両親同士が結婚の承諾をする
  4. 婚約記念品の交換、記念写真撮影
  5. 乾杯の挨拶、食事スタート
  6. 結びの挨拶

顔合わせ食事会の進行に、特に決まりはありませんので、この通りにする必要はありません。

場の雰囲気などに応じて進行して下さい。

男性本人または男性の父親が進行役になり進めていくやり方が多いようです。

事前にどちらが進行役になるか決めておくと良いですね。

お二人がご両親を招待するスタイルの場合は、男性本人が進行すると、頼もしく感じられて良いと思います。

それでは挨拶の例文を一つずつ見て行きましょう。

 

 

①最初の挨拶

入室して全員が席についたら、食事が運ばれてくる前に、男性本人または男性の父親がはじめの挨拶をします。

手短に、集まっていただいたことへのお礼と、これから食事会をスタートさせる旨を伝えます。

 

男性本人が進行する場合

例文1

「本日はこのような席をいただきまして誠にありがとうございます。私と〇〇さんの婚約にあたり、家族の紹介や、両家の親睦を深めることができたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。」

 

例文2

「本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。楽しく過ごしていただけるよう、進めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

 

男性の父親が進行する場合

例文1

「本日はお集まりいただき、誠にありがとうございます。〇〇様と、私どもの息子〇〇が結婚する運びとなり、このような会を開くことができました。両家の親睦を深める場になればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。」

 

例文2

「本日はお忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。〇〇様と、私どもの〇〇の婚約が整い、とても嬉しく思っています。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

手土産を持参している場合

手土産を持参している場合は、このタイミングでお渡しすると良いでしょう。

「甘いものがお好きだとお聞きしましたので…。」

などと、その手土産を選んだ理由をひと言添えると印象が良くなります。

両家顔合わせ食事会でおすすめしたい手土産の選び方や渡し方

 

 

②お互いの両親を紹介する

はじめに、男性本人が両親を紹介し、それを受けて男性側の両親が自己紹介します。

例文

男性本人
「まずは私から、両親を紹介します。父の〇〇、母の〇〇です。」

男性両親
「〇〇の父(母)の、〇〇です。どうぞよろしくお願いいたします。」

次に女性本人が両親を紹介し、それを受けて女性側の両親が自己紹介します。

例文

女性本人
「それでは、次に私の両親を紹介します。父の〇〇、母の〇〇です。」

女性両親
「〇〇の父(母)の、〇〇です。これからお世話になります。よろしくお願いいたします。」

 

この時、どちらかのご両親が遠方ら来ている場合は、「本日は遠くから足をお運びいただきありがとうございます。」などと一声付け加えると好印象です。

仕事や趣味についても簡単に自己紹介すると良いでしょう。

 

③両親同士が結婚の承諾をする

まず、男性の父親が結婚の意思を確認します。

例文

男性父親
「〇〇さんのような素晴らしい女性が息子と結婚してくださると聞いて、妻と二人で心から嬉しく思っております。これからよろしくお願いいたします。」

次に、女性の父親が結婚に賛意を示します。

例文

女性父親
「〇〇くんのような立派な好青年と縁談がまとまり、本当に喜んでおりました。至らないところも多いかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

二人の婚約を嬉しく思っている気持ちと、今後は末長くよろしくお願いしますという言葉を伝えられれば良いでしょう。

 

 

④婚約記念品の交換

食事が始まる前に、婚約記念品を交換します。すでに贈り合っている場合でも、あらためて家族にお披露目すると良いでしょう。

婚約記念品は、男性からは「婚約指輪」を贈る方がもっとも多く、女性からは「時計」「スーツ」「財布」などの長く使えるものを贈る方が多いようです。

婚約指輪は、実際に男性から女性の指にはめてあげると、セレモニー感が増して場が盛り上がります。

婚約記念品は、男性側、女性側の順に交換します。

例1

男性本人
「婚約の印として、この指輪を贈ります。」

女性本人
「結構なお品物をありがとうございます。」

 

例2

男性本人
「婚約記念品です。お受け取り下さい。」

女性本人
「ありがとうございます。大切にします。」

 

婚約記念品とは?金額の相場や人気の品物をご紹介!

 

このタイミングで、両家揃って記念撮影をしておくと良いでしょう。

食事が始まってお酒を飲むと顔が赤くなってしまったり、食事でお化粧がくずれたりすることもありますので、乾杯の前がおすすめです。

お店の方に頼んで撮影してもらい、後日プリントしたものをお互いの両親にプレゼントすると喜ばれます。

また、披露宴を予定している場合は、プロフィール映像などにもこの時の写真が使えますので、ぜひ撮っておきましょう。

 

 

⑤乾杯の挨拶、食事スタート

乾杯の挨拶は、手短に一言で十分です。

ここまで男性側が進行している場合、乾杯の挨拶は女性側の父親に依頼するのも良いですね。

例1

「それでは、ゆっくり食事を楽しみましょう。乾杯!」

例2

「これからよろしくお願いします。乾杯!」

その後、食事と歓談の時間となります。

 

始まりの挨拶の段階で、飲み物が運ばれてくることもあると思います。その場合は、最初の挨拶のあとに、「それでは、飲み物もきましたのでまずは乾杯しましょうか、乾杯!」と付け加えるだけでもOKです。

計画通りに進行したい場合は、あらかじめ飲み物をどの段階で運んで欲しいか、お店の方に伝えておきましょう。

また、簡単なプログラムを作って両家で確認できるようにしておくと、進行の流れがわかりやすく便利です。

 

歓談の時間は、お二人が中心となり、積極的に話題をつくりましょう。

お互いの両親が揃う機会はあまりないので、結婚式の方向性や、入籍の時期、新生活を始めるタイミングなどを話し合えるチャンスです。

ここで両家の意向を聞いておくと、その後の準備がスムーズになります。

おめでたい席なので、政治や宗教、財産、病気などの話は避けます。

お二人はアルコールを控えめにして、周囲に気を配れると良いですね。

 

 

⑥結びの挨拶

食事の終わり頃を見計らって、結びの挨拶をします。

男性本人か、男性本人と女性本人のお二人でしても良いです。

 

男性本人

例1

「本日はありがとうございました。未熟な二人ですが、これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。」

例2

「本日はありがとうございました。これから二人で力を合わせて頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

女性本人

例1

「本日はありがとうございました。皆打ち解けて楽しんでいただけたようで幸せに思います。これからもよろしくお願いいたします。」

例2

「本日はありがとうございました。これからも何かとご相談させていただくことがあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。」

 

 

まとめ

いかがでしたか。

できれば例文そのままではなく、自分の言葉に置き換えて話した方が気持ちが伝わります。

顔合わせ食事会は、こうでなければならないという決まりはありませんので、あまり難しく考えずに、リラックスして本番を迎えましょう。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪