会費制の結婚式にご祝儀は必要?渡し方や服装のマナー

従来の結婚式は『ご祝儀制』であることが多いですが、近年では『会費制』を選ぶカップルも増えてきています。

まだまだ会費制の結婚式に呼ばれ慣れていない方も多く、ご祝儀や会費の渡し方、服装などのマナーに悩むことも多いようです。

今回は、新郎新婦に失礼のないよう知っておきたい会費制結婚式と参列する際のマナーについてご説明します。

会費制とご祝儀制の結婚式の違いとは?

そもそも会費制の結婚式の特徴とはなにか?一般的なご祝儀制の結婚式と比較して見ていきましょう。

ご祝儀制

ご祝儀制の結婚式では、お祝いの気持ちとして招待ゲストからご祝儀をいただきます。

ご祝儀の額に定めはありませんが、新郎新婦と友人の関係であれば相場は3万円ほどです。

新札を用意し、ご祝儀袋に入れて、さらに袱紗(ふくさ)で包んで持参するのがマナーです。

新郎新婦は、ご祝儀に対しお料理やドリンク、引き出物で気持ちのお返しをします。

結婚式準備の段階ではもらえる額が明確にわからず予算は立てにくいというデメリットがあります。

一方で、ご祝儀の額が多いであろう上司や親族に対しては引き出物のランクを上げるなど、個別の配慮が可能です。

フォーマルな場であることが多く、参列者は着物やドレス、スーツなどの正装がよしとされています。

 

会費制

一方会費制の結婚式では、全員一律の会費をいただきます。

会費の相場は1万円〜2万円となっており、ご祝儀制の結婚式に比べ参列するゲストの金銭的負担が少ないのがメリットとして挙げられます。

一方で、会費制の結婚式に馴染みがない年配の方や親族が戸惑ってしまうこともあります。決定する前に家族に相談しておくとよいでしょう。

会費には食事やドリンクなど披露宴の運営にかかる費用が含まれているという認識なので、新郎新婦は引き出物を用意する必要はありません。

しかし気持ちとして紅茶やお菓子などのプチギフトを手渡すカップルが多くなっています。

ご祝儀制の結婚式に比べるとカジュアルな場であることが多く、女性はワンピース、男性はジャケパンスタイルなどで参列します。服装のマナーについては詳しく後述します。

 

ご祝儀制と会費制の割合

結婚式を挙げたカップルのうち約85%がご祝儀制を選択しており、まだまだご祝儀制が主流であると言えます。

一方北海道では割合が逆転し、会費制の結婚式が主流なんだそう。お互いに地域の異なるゲストを招待する場合は事前に説明しておくと安心して出席してもらえるでしょう。

 

会費制結婚式にご祝儀は必要?

ここで疑問になってくるのが、「会費制の結婚式に出席する際に会費とは別にご祝儀は必要なのか?」ということ。管理人も初めて会費制の結婚式に招待されたときは悩みました。

 

会費のほかにご祝儀は不要

答えは『必要ない』です。

会費制を選ぶ新郎新婦の中には、招待するゲストの金銭的負担を減らしたいという思いで選ぶ方もいます。

お金ではなく、ふたりのために出席することが一番のお祝いであり、一番嬉しいのです。

 

お祝いの気持ちとして渡すのはOK

ただ、ご祝儀を渡してはいけないというわけではありません。

お祝いの気持ちとして渡したいというのであれば新郎新婦も喜ぶことでしょう。

また、現金ではなくご祝儀相当の品物をプレゼントしても構いません。

その場合は、受付で渡すのではなく事前に本人に届けたり披露宴後に渡すほうがよいでしょう。

 

会費の渡し方のマナー

会費制の結婚式に招待されたら、会費を受付で渡す際のマナーも確認しておきましょう。

ご祝儀袋は必要ない

ご祝儀制の場合はご祝儀袋に入れてそのまま受付で渡しますが、会費制の場合はご祝儀袋は必要ありません。

というのも、全員一律で会費が決まっているため、間違いなく受け付けたか金額を確認する必要があるからです。

ご祝儀袋などに入れて渡してしまうと中身を取り出して確認する手間が生じてしまいます。

 

新札でなくてもよいが、おつりがないように

あらかじめ金額がわかっているので、できるだけお釣りがないように用意しておきましょう。

封筒に入れるなどして受付時にサッと取り出せるとスマートですね。

またご祝儀のように新札である必要はありません。ただ、新札や折り目のないお札を用意するのもお祝いの気持ちとして素晴らしいことです。

 

新札を用意する方法

新札を用意したい場合の方法をご紹介します。

『郵便局や銀行で』と紹介されていることが多くありますが、最近は郵便局では扱っていないことが多く「銀行へ行ってください」と言われます。

銀行では、あらかじめ現金を降ろし持参して新札と交換してもらったり、新札専用の両替機で新札に両替したりすることで新札を手に入れられます。

銀行の種類によっては、その銀行のキャッシュカードを持っていることなど条件があることがあるので事前にホームページなどで確認していきましょう。

どうしても銀行に行く時間がないという場合には、ATMで新札が出てくるまで引き出す、という方法もあります。が、いつ新札が出てくるかはわからないのでおすすめはしません。結婚式の予定が入ったら早め早めに用意をするようにしましょう。

 

会費制結婚式の服装のマナー

続いて悩みとして多いのが、会費制の結婚式に招待された際の服装ではないかと思います。

通常の結婚式であれば着物やドレスなど冠婚葬祭のために1着は用意していることでしょう。では会費制の結婚式に適した服装とはなんでしょう。

 

基本的にはご祝儀制と同じ服装でOK

女性は着物やドレス、男性はスーツなど、ご祝儀制の結婚式への参列と同じ服装で問題ありません。会

費制の場合はご祝儀制に比べカジュアルな傾向があるので、カラーや柄でおしゃれを楽しんでもよいでしょう。

 

ワンピースやジャケパンなどのカジュアルスタイルも

会費制の結婚式には家族・親族を招待せず、友人のみのカジュアルな会であることも多いです。

その場合は女性はワンピース、男性はジャケパンスタイルなどややカジュアルめな格好でもOKです。

もちろん女性のパンツスタイルも問題ありません。

 

ドレスコードやテーマで楽しむ場合

新郎新婦が披露宴にドレスコードやテーマを設けるケースもあります。管理人が経験したケースでは『リゾートスタイル』や『スマートカジュアル』等の言葉で伝えられました。

これはこれで難しい部分もありますが、「格式にとらわれず自分らしくおしゃれを楽しんで」という新郎新婦からのメッセージだと捉えてはいかがでしょうか。

失礼のない範囲で、友達とポイントをそろえるなどの工夫をして楽しみましょう。

結婚式を行う会場にそぐわない格好は避けるようにしましょう。

ホテルや専門式場ではフォーマルに近い服装で出席するのが無難です。ゲストハウスやレストランはカジュアルな雰囲気であることが多いです。

 

まとめ

格式よりも自分らしく、自由に楽しめる結婚式を望むカップルが増えてきており、今後会費制の結婚式にお呼ばれすることもあるでしょう。おさえておきたいポイントをおさらいすると…

  • 全国的にはご祝儀制が主流だが、北海道では会費制が主流
  • 会費制はご祝儀制に比べてカジュアルな場であることが多い
  • 会費のほかにご祝儀は必要ない
  • お祝いの気持ちとしてご祝儀やプレゼントを渡す場合は当日よりも事前・後日に
  • 会費はご祝儀袋に入れず直接渡す
  • 会費は新札でなくてもよいが、お釣りがないように
  • ご祝儀制の結婚式と同じ服装でOK
  • または会場や新郎新婦の意向に合わせて服装を選んで

お金や服装に関わるマナーはお祝いの姿勢を気持ちよく表現するためのもの。義務ではなく新郎新婦のことを考えて早めに準備をするようにしましょう。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪