小さな結婚式の基本料金・オプションでできること

結婚式準備を進めていると、10万円単位で料金を提示されることが多く金銭感覚が少し鈍ってきますよね。

そんな中で「10万円以内で結婚式を挙げられる!」と聞くと「ほんとに?どうせあとから高くなるんじゃないの?」と疑ってしまうこともしばしば…。

確かにどの結婚式でも追加のオプションによる料金の変動はつきものです。

小さな結婚式とは?プランと安さの理由をご紹介』の記事でご紹介した小さな結婚式のプランと料金についても同じことが言えます。

結婚式準備を進める上で予算の見通しを持つために、基本の料金で利用可能なもの、オプションで選べるものを確認しておきましょう。

 

小さな結婚式の公式サイトはこちら

 

 

基本のプランでは何ができるの?

小さな結婚式の基本料金に含まれるものについては『小さな結婚式とは?プランと安さの理由をご紹介』にて紹介しています。

復習すると、6万7000円からの基本料金には挙式に最低限必要なものが含まれており、

  • 挙式のスタイルは人前式
  • 衣装はウェディングドレスとタキシード

を想定したものとなっています。

よって、この基本のプラン以外のスタイルや追加でしたいことがある場合は、オプションとなり料金が発生したり会場によりどこまで対応できるかが異なったりします。

次項よりオプションでできることをジャンル別にご紹介します。

気になるものについては、利用予定の会場で対応可能かどうかを必ず確認してくださいね。

衣装のランクアップなど衣装に関するオプションについては『小さな結婚式で選べる衣装は?ブランドドレスやカラードレスも勢ぞろい』で紹介しています。

 

小さな結婚式の公式サイトはこちら

 

挙式に関するオプション

  • オリジナル誓約文入りの結婚証明書…3240円
  • キリスト教式…10万円(牧師、聖歌、演奏者の手配を含む)
  • 和装人前式…3万4000円

和装人前式については実施可能な会場が限られているため事前に確認しておきましょう。

美容に関するオプション

  • 新婦ヘッドパーツチェンジ…1080〜3240円
  • 新婦カクテルドレス用ヘアメイクチェンジ…8640〜1万800円
  • 新婦ドレスチェンジ(カラードレス着付け料)…3240円
  • 新婦つけまつげ…1620円
  • 新婦つけまつげ(持ち込み時の技術料)…1080円
  • 新婦ウィッグ…2160円
  • 新婦ヘアメイクリハーサル(要予約)…1万800〜1万2960円
  • 新郎ヘアセット…3240円
  • 新郎メイク…3240円
  • 列席ヘアセット…4320〜6480円
  • 列席メイク…3780〜4320円
  • お子様ヘアセット…3240円
  • 列席着付け…1万800〜1万6200円

かなり予算に影響してくるのがこれらの項目かと思います。

 

美容に関するオプションの節約ポイント

つけまつげ

つけまつげについては自分で用意し、つけ慣れている方は自分でつけることで節約しましょう。

 

ヘアメイク・アクセサリー

またヘアメイクリハーサルではじめて衣装とアクセサリーやヘアセットを合わせて見ることができ「思ったより合わなかった」と気づくこともあります。少し高く感じますができるだけ実施した方がよいでしょう。

新郎のヘアセットについては式場の規模により、新婦のヘアセットにあたる美容師のアシスタントが担当することもあります。

普段からセットしているという方は自分でしても問題ありません。

 

メイク

メイクについてはお好みですが、写真に残るので不安がある方はお願いしましょう。

列席者、特に親族の着付けやヘアセットについては新郎新婦が負担する場合と、両家もしくは本人が負担する場合があります。

事前に話し合っておきましょう。

また時間の都合なども考慮し会場以外の美容室を予約してもよいでしょう。

 

その他挙式にかかるオプション

  • ウェルカムドリンク(1人あたり)…540円
  • お子様用天使の羽(レンタル)…2160円
  • 会食会場使用料(50名まで)…5万4000円
  • 専属プロ司会者…5万1840円
  • 招待状(1組あたり)…324円〜
  • 席札(1枚あたり)…216円〜
  • メニュー表(1枚あたり)…270円〜

 

式に関するオプションの節約ポイント

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは必須ではありませんが、会場を楽しんでもらいたい場合や受付後にメッセージの記入などの時間を設けたい場合はお出しする方がよいでしょう。

 

ペーパーアイテム

招待状などのペーパーアイテムについては会食の実施の有無により検討しましょう。

外部サービスで作成する場合の料金やアイディアについてはこちらの記事で紹介しています。

手作りする?プロに頼む?結婚式に欠かせないペーパーアイテム

 

司会者

司会者については、プロに頼めばスムーズに進行ができ安心して楽しむことができます。

会場手配の司会以外に頼む場合は、会場により規定がある場合もあるので事前に確認しましょう。

管理人は披露宴の司会は友人にお願いし、2次会の司会は自分たちで行いました♩

場の雰囲気を左右する大事な存在なので、ゲストにどんな印象を与えたいのか話し合っておくとよいでしょう。

 

ギフトに関するオプション

  • カタログギフト(1人あたり)…3240円〜
  • 記念品…3240円〜
  • 引き出物(1人あたり)…3240円〜
  • 引き菓子(1人あたり)…1080円〜
  • ペーパーバッグ・寿袋(1個あたり)…270円〜
  • プチギフト(1個あたり)…162円〜

こちらは主に披露宴のような会食をする方に関わる項目かと思います。

 

ギフトに関するオプションの節約ポイント

引き出物

最近では引き出物にカタログギフトを用いるパターンが増えており、また上司や友人など相手によって贈りわけをする方も増えています。

部の引き出物サービスや宅配のサービスなども贈り方も様々です。

こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

結婚式での引き出物選び方。『贈りわけ』とは?【管理人体験談】

プチギフトは挙式や披露宴のあとにお見送りをする際にゲスト1人1人に手渡すものです。

お菓子や紅茶などが多く、新郎新婦をあしらったデザインや名前入り、写真入りのものなどもありバリエーションが豊富です。

管理人は一般のお店で可愛いパッケージのものを購入しました。

 

写真・映像に関するオプション

  • 記念写真追加(1ポーズ1枚/台紙付き)…1万2960〜1万5120円
  • 集合写真(チャペル内にて)…1万2960円
  • 記念写真データ…3万2400円
  • 焼き増し(台紙付き・1枚あたり)…5400円
  • 高級台紙…2700円〜
  • 高級台紙(3面)…3240円〜(追加1面あたり540円)
  • ベルト台紙…3240円〜(追加1面あたり540円)
  • デザインアルバム(挙式のみ/10P/20カット)…7万5600〜8万1000円(画像データ付き)
  • デザインアルバム(挙式+パーティ)…11万8800円〜(画像データ付き)
  • メモワール(フォトプランのみ/7カット)…3万2400円
  • DVD撮影(挙式のみ)…5万4000円〜
  • DVD撮影(挙式+祝宴)…11万8800円〜
  • ビーチロケーション撮影A(30分/80カット以上撮影)…3万2400円〜

こちらもかなり予算に影響する項目になります。

ふたりだけで決めずに親族にも希望を聞いておくことをおすすめします。

アルバムや台紙はデータがあれば自分で注文して安く作成することも可能です。

当日の写真・映像についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

晴れ姿をデータでも残したい!当日の写真・ビデオ、前撮りの話。【管理人体験談】

 

ブーケ・装花に関するオプション

  • 造花ブーケ(レンタル)…5400円〜
  • 生花ブーケ…1万2960円〜
  • プリザーブドブーケ…3万8880円〜
  • 式場装花…2万1600円〜
  • テーブル装花(メインテーブル)…2万7000円〜
  • テーブル装花(ゲストテーブル・1卓あたり)…4320円〜
  • トス・プルズ用生花ブーケ…6480円〜

お花もかなりピンキリです。

写真で見ても量が多い方が見栄えがするのでついつい高くなってしまいがちですが、量を増やさずにボリュームを多く見せる工夫で節約も可能です。

 

 

小さな結婚式の公式サイトはこちら

 

 

演出に関するオプション

  • セレモニーケーキカット…5400円
  • 生ケーキカット…1万800円〜
  • 乾杯セレモニー(1本あたり・19名以上は別途料金)…5400円
  • 光る乾杯セレモニー…1万2960円〜(追加1名あたり756円)
  • フェアリーイリュージョン…1万6200円〜
  • クリスタルタワー…1万6200円〜
  • キャンドルサービス…3万2400円
  • キャンドルリレー…270円〜
  • 雲のバージンロード…2万7000円〜
  • 贈呈用ネームインポエム…5400円〜
  • 贈呈用花束…4320円〜
  • 贈呈用サンクスレター…2万5920円〜
  • 贈呈用似顔絵ボード…1万7280円〜
  • 贈呈用ウェイトベア…1万7280円〜(刺繍は別途料金)
  • フラワーシャワー(アートフラワー)…5400円〜
  • シャボン玉シャワー(1名あたり)…324円〜
  • ライスシャワー…5400円〜
  • ジャンボクラッカー…1万800円〜

会場により扱っているものに差はあります。

人数により変動するものもあるので、ゲスト人数と予算を照らし合わせて考えましょう。

手作りすることで節約できる項目もあるので、より自分たちらしいやり方を見つけましょう。

 

結婚式後の会食も小さな結婚式で

小さな結婚式で挙式をするカップルのうち約90%は挙式後に会食を設けています。

小さな結婚式のチャペル併設の会場から提携のホテル、レストランまでお好きな会場から選ぶことができます。

料金は基本的に提供するお料理×人数分で、追加で会場利用料金がかかる会場もあります。

そこに上記の演出や装花などの料金がプラスされることになります。

それぞれの小さな結婚式の会場ページ下部より会食ができる会場が紹介されています。

少人数から大きなバンケット、洋風から料亭まで様々です。提携の会場を利用することで移動の手間がはぶけ、その分新郎新婦は余裕を持って身支度などの準備をすることができます。

会場により収容人数や何人から利用可能かが定められています。

 

小さな結婚式の公式サイトはこちら

 

小さな結婚式の料金についてのまとめ

たくさんオプションの項目があるので「ものすごく高くなるのでは…?」と不安に思われるかもしれませんね。

小さな結婚式を利用する場合に、料金について注意したいポイントは…

  • 挙式のみなら基本料金に近い料金で実施可能
  • 衣装や装飾、演出にこだわるとオプションで料金アップ
  • 親族に関わる項目もあるので早めに相談を
  • 手作りする時間があれば節約も可能
  • 堅苦しくない会食をしたいなら提携会場での実施がスムーズ
  • 会場ごとに扱っている項目や内容、料金に違いがあるため要事前チェック
  • 悩んだらとにかくプランナーさんに相談!

です。

もともと「お金がない、時間がないという理由で結婚式を諦めてほしくない」という思いのもと生まれたのが小さな結婚式です。

絶対に譲れないこと、安心できる予算をふたりで話し合った上で、満足できる結婚式を作りましょう。

次の記事では小さな結婚式で結婚式を挙げる場合の当日までのスケジュールをご紹介します。

小さな結婚式で結婚式を挙げた先輩カップルの口コミもご紹介していきますのでぜひ参考にしてください♩

 

小さな結婚式の公式サイトはこちら

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪