彼女が喜ぶプロポーズをしよう!おすすめ場所のメリットとデメリットとは?

プロポーズに関する悩みは尽きないですよね…いつ?どこで?どんな風に??などなど、男女ともにドキドキしてしまいます。

既婚者に聞くと、素敵なプロポーズだった!という方がいる反面、全く思い出に残っていない!という方もいらっしゃいます。

せっかく勇気を出して一歩踏み出すならば、お互いの思い出に残るプロポーズを目指したいですよね。

今回はおすすめ場所のメリットとデメリットをご紹介します。

お二人にとって「いい」条件が多い場所を、プロポーズの候補地にしてみてください。

 

プロポーズで大切にしたいポイント3つ

プロポーズはする側だけではなく、される側にとっても思い出に残ります。

自分がしたい形のプロポーズにこだわりすぎて、相手の気持ちを無視してしまう…なんてことにならないためにも、大切なポイントをおさえてくださいね。

  1. 相手の気持ち(好み)を優先にする!
  2. ノリや勢いで言わない!
  3. サプライズの意味を取り違えない!

 

当然のようなポイントですが、いがいと「やっちゃった…」となってしまうこともあるのです!

後悔を最小限度にとどめるためにも、ぜひ詳細をご参考にしてくださいね。

 

ポイント1【相手の気持ち(好み)を優先】

プロポーズにこだわり始めてしまうと、ついつい相手の気持ちや好みが後回しになってしまいます。

その気がない相手に、ド派手なプロポーズをしてしまったり、二人でゆっくりするのが好きな相手に、非日常を設定し緊張させすぎてしまったり…。

いくら節目となるプロポーズといえども、自分だけの思いを通してしまっては、相手も困惑してしまいます。

相手の立場になって、心地よいと思える状況をつくりだしましょう。

 

ポイント2【ノリや勢いはNG】

普段無口な方や緊張するタイプ方、そしてお調子者の方は、特に気をつけたいですね。

シラフじゃ言えない!と大量のお酒に頼ってしまったり、いつもの軽いノリでプロポーズするのはNGです。

お二人の人生において大きな出来事であるはずのプロポーズが、勢いで言ったがために信頼感も何もなくなってしまいますね。

相手が真剣に耳を傾けてくれるように、すすめていきましょう。

 

ポイント3【サプライズに注意】

サプライズが好き!といった情報をうのみにするのは危険です。

もしもあなたがドラマや映画などに影響されて、フラッシュモブなど不特定多数の前でプロポーズを考えているなら、一度冷静に相手を分析してくださいね。

サプライズは「えっ!まさか!嬉しい!」というような演出は好まれますが、「はぁ??何これ?!」といった本当の意味での驚きはあまり好まれません。

プロポーズしようとしている相手が、どんなことを喜ぶ性格なのか、しっかりと見極めることが重要です。

 

 

プロポーズの場所【1、自宅】

プロポーズの定番ともいえる「自宅」または「相手宅」です。

メリット

  • お互いが落ち着ける
  • 二人きりでいられる
  • 自然な雰囲気を保てる

 

デメリット

  • 非日常感がない
  • メリハリに乏しい
  • 地味な感じが否めない

 

相手が非日常的なことをあまり好きではなかったり、二人きりになれる状況を優先にするならば、自宅プロポーズがおすすめです。

ただし、あまりにもいつも通りすぎると思い出にも残りにくくなるので、多少の演出やプロポーズの言葉にはこだわりたいですね。

 

「自宅+サプライズ」には要注意!

例えば相手が留守の間に、相手宅をプロポーズ仕様(一面に花、バルーンをいたるところに…など)にしちゃおう!と、お考えの方!
よーーく考えてから実行してくださいね。

仕事でクタクタになって帰宅したのに、自分の部屋がプロポーズ仕様になっていたら…中には喜べなく怒りを感じてしまう方もいるかもしれません。

相手の性格と状況をしっかりと把握してくださいね。

 

プロポーズの場所【2、ドライブ(車内)】

デートをしながらも二人きりになれる場所と言えば「車の中」ですね。

メリット

  • 非日常の演出がしやすい
  • 二人きりになれる

 

デメリット

  • 派手さは少ない

定番の夜景ドライブや、景色のいい場所をみながら、車内の音楽などでも雰囲気をプラスしていくことができます。

しかし、車内ということもあり可能な演出も少なく、派手さには欠けます。

二人きりにこだわらないのであれば、夜景の見えるレストランも選択肢にいれてみるのもおすすめです。

 

 

プロポーズの場所【3、ホテル】

この日のために!とスイートルームを奮発する方も?!憧れの「ホテル」です。

メリット

  • 非日常感が大きい
  • プロポーズのサポートもある

 

デメリット

  • 派手さを求めない相手には逆効果
  • 万が一上手くいかない場合、気まずさが大きい

普段は泊まらないクラスの部屋や、思い出の宿泊先でのプロポーズを夢みる方は多いのではないでしょうか。

ホテルにプロポーズ演出を頼める場合もあります。

しかし、ホテルの場合宿泊を伴うことが多いので、「万が一」のことを考えておきましょう。

お互いが気まずくなってしまわないように、慎重にすすめたいですね。

 

 

プロポーズの場所【4、レストラン】

自宅と並んで定番ともいえる「レストラン」です。

メリット

  • 非日常を演出しやすい
  • 結婚してからも記念日などで行きやすい

 

デメリット

  • 二人きりになりにくい
  • サプライズがしにくい

 

景色が素敵なレストランや、思い出のレストランなど、選択肢も多いうえに特別感を出しやすいですね。

思いでのレストランでプロポーズ、結婚後に記念日に訪れ、出産後に家族で訪れる…というように、今後も出向きやすいのも魅力です。

しかし、個室ではない場合、まわりにもお客さん大勢いることもあります。

またいつもよりランクの高いレストランにした場合、事前に「もしかしてプロポーズ?」と相手が気づいてしまうこともあります。

定番場所なだけに、お二人にあったベストなやり方を見つけたいですね。

 

 

プロポーズの場所【5、屋外】

海辺やテーマパーク、有名スポットなどが人気の「屋外」です。

メリット

  • 非日常を演出しやすい
  • ド定番ではないので気づかれにくい

 

デメリット

  • 天候に左右される
  • 二人きりになりにくい

 

相手な好きな場所や、思い出の場所ならば、お互いに気持ちも高鳴りますね。

しかし屋外は二人きりになりにくいのと、天気が心配です。

悪天候で思い描いていたプロポーズとかけ離れてしまった…とならないためにも、フォローできる案も準備しておきたいですね。

 

 

プロポーズにはタイミングが重要!

就職、転職、転勤…といったタイミングで、プロポーズを考えている方は多いと思います。

もちろん、こういった転機を上手に使うことは重要です!

しかしあくまでも相手の気持ちを優先に考えてくださいね。

「タイミングがあわなくて結婚できなかった」というような話を聞いたことはありませんか?

自分勝手なタイミングだけをおしつけるのではなく、相手のタイミングもさぐってみましょう。

 

 

まとめ

プロポーズにおすすめな場所のメリット・デメリットをご紹介しました。

お二人にとって最高なプロポーズとなる場所に出会えますように!

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪