プロポーズされたら!結婚までの流れ。

大切な彼氏からの、待ちに待ったプロポーズ!まさかの突然プロポーズ!!などをされたら、嬉しい気持ちが爆発してしまいますよね。

でも、冷静に考えてみると、プロポーズされたもののそのあとってどうするの?と疑問だらけになっていませんか?

すてきな結婚式をするためには、プロポーズされてからやることが数多くあります。

必要なことをしっかりと頭に入れて、すてきな結婚式にしたいですね。

今回は、プロポーズされてから結婚式までの大まかな流れや、必要なことのポイントをご紹介します。

 

大好きな彼氏からプロポーズされたら、まずはお返事をしましょう!

憧れのシチュエーションでのプロポーズや、サプライズプロポーズ、はたまた日常の延長のようなさりげないプロポーズなど、彼からの結婚の申し込みはさまざまですね。

でも、どんなかたちであれ、プロポーズされたらまずはしっかりとお返事をしなければなりませんね。

曖昧にしていたり、ちゃんと伝えなくてもわかってくれるだろう…という気持ちでは、結婚までの道のりが少し遠くなってしまいます。

彼からのプロポーズに無条件でOK!の方もいれば、ここだけは譲れないけどOK!というように、彼に確認しておきたい方もいらっしゃるはずです。

ご自身の率直な気持ちを、しっかりとお返事したいですね。

 

プロポーズされたら、二人で確認しておきたいことはこれ!

これまではポワンとした結婚のイメージだったかもしれませんが、プロポーズをOKした瞬間から、結婚が現実になります!

もちろん、あま~い結婚のイメージを持つことは悪いことではありません。

しかし、あとあと問題が続出して「結婚なんてやめる!」なんてならないためにも、ぜひこれだけはお二人で話し合っておきたいですね。

お二人の気持ちを確認しあいたいポイントをご紹介しますね。

  • 結婚式をあげるか、あげないか!
  • お互いの両親や家族(兄弟や親類)への挨拶はどうするか!
  • 婚約、結婚指輪は必要か!
  • 新居はどこにするか!
  • 現在の仕事は継続するか、辞めるか!
  • お互いの貯金額や借金(車や奨学金の返済なども含む)はどうなっているか!
  • 入籍はいつにするか!
  • どちらの姓をなのるか!
  • 将来、こどもが何人ぐらいほしいか!
  • 将来、親や家族との同居をどう考えているか!

細かいことをあげればきりがないのですが、ご紹介したポイントはおさえておいた方が、長い目で見た時に安心です。

お互いのご両親のことや、お金のこと、こどもの有無など、話しにくい項目もあるかもしれませんが、いずれ直面する可能性が高いものばかりです。

結婚の話が進むほど言い出しにくくなったり、残念ながらギリギリでトラブルに発展してしまうケースもあります…。

お二人で共に歩んでいく結婚を決めたからこそ、ひとつひとつゆっくりと話し合っていきたいですね。

 

この順番をおさえよう!プロポーズから結婚式までの流れをチェック!

お二人での話し合いや確認がある程度終わり、いざ結婚式へ!とステップアップしたら、プロポーズから結婚式までの流れをチェックしてみてください。

順番はそれぞれのご事情により前後するかもしれませんが、基本的な順番をご紹介します。

  1. プロポーズ
  2. 二人での話し合い
  3. 両親へ報告し、お互いの両親へ挨拶
  4. 結婚指輪の購入
  5. 結納
  6. 結婚式への段取り決め
  7. 入籍
  8. 同僚や友人への報告
  9. 結婚式のさまざまな準備
  10. 結婚式の最終確認
  11. 結婚式

いかがですか?

おおまかに順をおうだけでも、結構なボリュームですよね…。

でも、はじめのお二人での確認や話し合いがしっかりなされていれば、いがいとスムーズにはこんでいきますよ。

万が一、時間をとられてしまう項目があったとしても、お二人で力をあわせてのりこえていけば、多少時間がかかってしまっても、より絆が深まり良い方向へすすむはずです!

順番の詳細を、次にまとめてみました!ご参考にしてくださいね。

 

プロポーズされたら【①両親に報告】

お互いに結婚の気持ちが固まったら、それぞれ両親に「結婚したい相手がいる」ことを報告しましょう。

男性はプロポーズをした結果、彼女から承諾をもらえたことを、女性はプロポーズされて、承諾したことをはっきりと伝えましょう。

ご両親との関係により、プロポーズ前に両親へ報告している場合は、お二人の結婚の意志が固まった時点ですぐに報告するのがおすすめです。

また、報告の時に「どんな相手で、入籍までどういった流れにしたいか」などを、伝えられるとベストですね。

 

プロポーズされたら【②お互いの両親へ挨拶】

それぞれ親への報告が終わったら、次はお互いの親への挨拶です。

一般的には、女性の両親への挨拶が優先されますが、両家の都合や距離的な問題などがある場合は、お互いが納得できる形にしましょう。

ご自宅へ挨拶に伺う時は、食事の時間をさけてあまり長時間滞在しない方がスマートです。

また、カジュアルすぎる服装はさけて、あくまでも「社会人としてのマナー」を外しすぎないような恰好が好まれます。

お互いの両親や家族の性格や家庭状況、手土産の好みなどの情報は忘れることなく共有しておきたいですね。

お二人の都合よりも、ご両親方のご都合を優先して日程を組んでいきましょう。

遠方の場合は、宿泊の手配も忘れずにしたいですね。

 

結婚の報告と挨拶「娘さんをください」の儀式【管理人体験談】

 

プロポーズされたら【③結婚指輪の予約や購入】

今は結婚指輪を用意せず、他の品物などをお揃いで購入するカップルも増えています。

通常結婚指輪は、受注生産が多いため、購入後届くまでに3週間ぐらいかかります。

「いつまでに欲しいのか」を決めて、逆算して購入するようにしましょう。

完全オリジナルを発注したい方は、なるべく早めに準備をはじめたいですね。

各ブランドでサンプルを用意しているので、一度実際に店頭へ出向くのがおすすめです。

費用はお二人でもつことが多いです。

 

プロポーズされたら【④両家の食事会(顔合わせ)や結納】

「結婚」を大きく意識することになる両家の顔合わせには、十分な準備が必要です。

両家がもともとお知り合いでもない限り、ご両親はこの場で初めてお互いの家族を知ることになります。

軽い食事会にするのか、昔ながらの結納にするのか、両方なのか、日取りは?場所は?と、決めることがたくさんあります。

お二人が中心となって決めていくわけですが、ご両親やお互いの家族の希望を優先的に考えるようにしましょう。

お互いに思いやる気持ちを忘れなければ、問題が出てきたとしても乗り越えられます!

結納は地域によって全く異なるので、詳細の確認が必要です。

『両家顔合わせ』タイミング・会場・費用の支払いは?【管理人体験談】

『両家顔合わせ』進行・メンバー・とある工夫【管理人体験談】

 

プロポーズされたら【⑤結婚式や新婚旅行の段取り】

結婚式と一言であらわしても、スタイルは数多くあります。

国内なのか国外にするのか、費用に規模、チャペル式か他の様式なのか…など、まずはお互いの理想を出していきましょう。

結婚情報誌やネットでも、結婚式の情報を集めることができるので、それらを参考にしてみてもいいですね。

もちろんご両親のお気持ちを反映させることも、とても大切です!

ブライダルフェアブラフェスを上手に活用しながら、結婚式のイメージを現実のものにしていきたいですね。

新婚旅行に関しても、行くのか行かないのか、いつ、どこへ、どのくらいの期間行くのか、費用は…と、仕事との兼ね合いも含め、調整が必要です。

場所にもよりますが、特に海外を予定している方はなるべく早めに下調べや予約をおこなうことをおすすめします。

ハナユメのブラフェス情報まとめ。

ブライダルフェアをもっとお得に!サイト別キャンペーンまとめ

 

プロポーズされたら【⑥婚姻届提出(入籍)】

入籍に関しては、結婚式前にする方、結婚式当日にする方、結婚式後にする方、新婚旅行の後にする方…とそれぞれ違います。

大切な彼氏からの、待ちに待ったプロポーズ!まさかの突然プロポーズ!!などをされたら、嬉しい気持ちが爆発してしまいますよね。

でも、冷静に考えてみると、プロポーズされたもののそのあとってどうするの?と疑問だらけになっていませんか?

すてきな結婚式をするためには、プロポーズされてからやることが数多くあります。

必要なことをしっかりと頭に入れて、すてきな結婚式にしたいですね!

今回は、プロポーズされてから結婚式までの大まかな流れや、必要なことのポイントをご紹介します。

 

いよいよ入籍!婚姻届を書く時の注意点。【管理人体験談】

 

 

 

プロポーズされたら【⑦職場や友達への報告】

職場の方への報告は、結婚式の3か月前が一般的です。

しかしお仕事の事情によってかわってきますので、上司や同僚にとって迷惑のかからないタイミングで報告したいですね。

結婚式の披露宴で祝辞をいただきたい時には、可能かどうか確認をとりましょう。

結婚式の披露宴や二次会でお世話になる予定の友達へは、早めに結婚の報告をすることがおすすめです。

なるべく直接か電話での報告がマナーですが、最近はメールやラインでの結婚報告も増えてきているようです。

 

プロポーズされたら【⑧結婚式の準備】

ドレスはもちろんのこと、引き出物やプチギフト選び、そして結婚式の小物づくりにメッセージの作成…と、やるべきことが山積みです。

お二人の結婚式に必要なものは何か、忘れないようにリストアップして協力しながら進めていきましょう。

ご両親への確認もおこない、あとになってトラブルに発展しないように注意したいですね。

引き出物で印象が左右する?!ブライダルフェアを上手に活用して、あなたもデキル花嫁に!

ポーセラーツで結婚式のギフトにあなただけの逸品を!

結婚式での引き出物選び方。『贈りわけ』とは?【管理人体験談】

 

 

プロポーズされたら【⑨結婚式の挨拶を依頼】

結婚式には、乾杯の挨拶に祝辞など、招待客に挨拶をお願いする場面が多くあります。

招待状を発送する前には、了解を得ておきたいですね。

ご両親の意見も参考にしながら、考えていきましょう。

 

プロポーズされたら【⑩招待状の送付】

招待状は遅くとも結婚式の2か月前には、招待客に届くように手配しましょう。

挨拶や祝辞をお願いした方には、そのことを書いた別紙も同封するといいですね。

結婚式ギリギリに招待状が届くと、招かれる側が大変なだけではなく、お二人も出欠の確認などに大忙しになってしまいます。

余裕をもった日程で、招待状を送付したいですね。

手作りする?プロに頼む?結婚式に欠かせないペーパーアイテム

世界でたった1つ!結婚式の手作りアイテムが可愛すぎる♪

 

プロポーズされたら【⑪ブライダルエステやネイル】

ブライダルエステやネイルをお考えの場合、サロン選びは早いうちから開始した方がのんびりと過ごせます。

結婚式に向けて、忙しくなるいっぽうなので、バタバタと適当になってしまわないためにも、フットワークを軽くしておくことが大切です。

前撮りを予定している方は、いつまでにエステを終わらせたいのかしっかりと計画しておきましょう。

心身ともにリラックスするためのエステやネイルが、忙しさのあまり負担になってしまわないように気をつけたいですね!

 

プロポーズされたら【⑫結婚式の最終確認】

お二人の衣装や式場確認などに気を取られてしまい、挨拶や受付を頼んだ方への謝礼やお車代を忘れてはいませんか?

引き出物や内祝い、結婚・引越しの報告なども、最後までチェックしていきましょう!

相手に任せっぱなしになってしまって、ご自身の結婚式なのに詳細が把握できていない…なんてことがないように、連絡は細かくとりあって進めていきたいですね。

 

まとめ

プロポーズされてから結婚式をするまでには、お二人が理解しあう気持ちがとても大切です。

時間に余裕をもちながら、ひとつひとつ進めていってくださいね。

結婚は、お二人のことでありながら、ご両親やご家族、同僚や友人など、周りの方とのつながりが強くなることでもあります。

常にお互いを思いあう気持ちを忘れずに、すてきな結婚式をするために必要なことをのりこえていってくださいね。

お二人が納得したタイミングを大切にしながらも、ご両親にもご納得いただける日取りを見つけることができれば最高ですね。

入籍すると、クレジットカードや免許証など各名義の変更や住民票などの各書類や届出(会社含む)が必要です。

無駄なく変更できるように、一覧を作っておくと便利です。

婚姻届の際に必要なものは、各市町村の役所へ確認するのが確実です。

特に国際結婚の場合は、必要書類がそろうまでに時間がかかることもあります。

入籍日を決めているのならば、早めの確認が安心ですね。

 

誰も教えてくれなかった!入籍後に必要な手続きが大変だった話。【管理人体験談】

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪