婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを楽しもう♪気になるポイントをご紹介

最近、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける方が増えています。

どちらか一方のみでつけても素敵なそれぞれの指輪ですが、なぜ重ね付けの人気が高まっているのでしょうか?また、重ね付けする場合はどんな選び方をしたら良いのでしょう?

これから婚約指輪と結婚指輪の購入を考えている方へ向けて、気になる「婚約指輪と結婚指輪の重ね付け」に関する選び方のポイントや注意点をまとめました。

指輪選びの参考にしてみて下さい。

 

婚約指輪と結婚指輪 重ね付けが人気の理由は?

少し前まで、別々のシーンで使われてきた婚約指輪と結婚指輪。

婚約指輪は婚約期間中、そして結婚後は特別な日の装いに、華やかさをプラスするアイテムとしての使われ方が一般的でした。

しかし最近では、「大好きな人から貰ったせっかくの婚約指輪を、特別な日だけでなく、毎日つけていたい。」「重ね付けした方が、単独でつけるよりもボリュームが出てより素敵に見える。」といった理由から、重ね付けする女性が増えています。

結婚後あまりつける機会のなかった婚約指輪が、結婚指輪と重ね付けすることにより、活躍するシーンが広がったのですね。

また、重ね付けを前提として購入しても、もちろん婚約指輪のみ、結婚指輪のみという使い方もできます。

職場ではひかえめに結婚指輪のみにして、夜食事に行く時に婚約指輪をプラスして魅力をアップする、というようなアレンジも自在にできます。

「婚約指輪をつけていいのは婚約期間中だけ」と思っている人もいるかもしれませんが、婚約指輪はいつまでに外さなければいけないというルールはありません。

海外ではアメリカなど、結婚後は重ね付けが当たり前という国もあります。

結婚後も婚約指輪を結婚指輪と合わせて、たくさん活用していきたいですね。

 

婚約指輪と結婚指輪 重ね付けする場合の選び方は?

できれば同じブランド、ショップで購入する

同じブランド、ショップで購入することの大きなメリットは、婚約指輪と結婚指輪を「重ね付けして試着できること」です。

別ブランドでも重ね付けは可能ですが、どちらか一方を先に購入していないと、両方揃えて試着ができません。

単品でつける場合と重ね付けの場合では、指にはめた時の位置も若干ずれるため、微妙なサイズ調整も必要になります。

後から「頭の中のイメージでは良かったのに、実際につけてみたら合わない」といった失敗を、防ぐことができます。

最近では、ほとんどのブランドで重ね付けを前提とした「セットリング」を販売しています。

「セットリング」は、重ね付けをした時に一番美しく見えるようにデザインされているため、片方だけが浮いてしまったりバラバラな印象になることはありません。

また、セットで購入した方が割引が受けられたり、アフターサービスが充実するなどの特典を用意しているブランドもあります。

同じブランド、ショップでジュエリーのプロである店員さんによく相談しながら両方とも選んだ方が安心ですね。

 

指輪の形を統一する

指輪には大きく分けて、3種類の形があります。形を合わせるだけで、統一感が生まれ、綺麗にまとまります。

①ストレートライン

まっすぐでシンプルなストレートラインは、婚約指輪のダイヤモンドを引き立たせ、誰の指にも合う王道スタイルです。違うブランド同士の重ね付けでもまとまりやすく、使い勝手の良い形といえるでしょう。

②V字ライン

中央にVのひねりの入った形は、クールで引き締まった印象があり、指を長く見せる嬉しい効果があります。
V字のひねりがぴったりと重なっていると美しく揃って見えますし、一本の華やかな指輪のようにもなりますので、セットで購入することをおすすめします。

③ウェーブライン(S字ライン)

波状で柔らかな雰囲気のあるウェーブラインは、女性らしく優美な印象です。こちらもV字ライン同様に、ラインが重なることにより美しい統一感が生まれますので、セットで購入するのがおすすめですね。

 

指輪のイメージを統一する

すでに婚約指輪を貰っていて、結婚指輪だけを後から購入する場合などでも、イメージさえ統一していれば違和感なく重ね付けができます。

例えば婚約指輪がゴージャスで厚みのあるものに対して、結婚指輪がシンプルで華奢なものだと、バラバラな印象になってしまいますね。

アンティーク調同士など、同じ雰囲気のものであったり、リングの太さが同じ位であったり、イメージが統一されていてバランスがとれていると、まとまった印象になります。

 

人と違った重ね付けがしたい場合は?

あえて統一感を求めずに、様々な組み合わせで重ね付けをすると、個性的でこなれ感のある、おしゃれな手元になります。

例えばプラチナとゴールドなど、違う素材のものを合わせてそれぞれの指輪を目立たせたり、ストレートラインとウェーブラインなど、ラインが違うものでもOK。リングが細めのタイプだと合わせやすいですよ。

この場合も、イメージの統一さえできていれば違和感なくまとまります。

組み合わせは無限大にありますので、固定観念にとらわれず、まずは色々と試してみてはいかがでしょうか。

 

婚約指輪と結婚指輪 重ね付けする場合の注意点

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする場合、いくつか注意しておきたいことがあります。

重ね付けは傷がつきやすい

重ね付けする場合、指輪同士がぶつかってしまい、傷がついてしまう恐れがありますので十分注意しましょう。

特にダイヤモンドとリングや金具がぶつからないように配置を工夫したり、エタニティのように、リングの中にダイヤモンドが収まっているタイプにすると、ダイヤモンドが露出しているタイプよりは防ぐことができます。

エタニティとは?

リングに同一サイズのダイヤモンドが並べられたデザインのこと。

また、サイズが合っていないとずれてぶつかりやすくなりますので、サイズはしっかりと店員さんに確認してもらうといいですね。

重ね付けの場合だけでなく、どちらか一方だけをはめた場合でも、ぴったりとはまるように調整してください。

長年使っていれば当然少しの傷はつきものですから、購入したショップのアフターサービスもきちんと確認しておきましょう。

 

重ね付けする順番が決まっている

実は、重ね付けには決まった順番があります。

まず先に結婚指輪を左手の薬指にはめてから、その上に婚約指輪をはめます。

これには、結婚式で永遠の愛を誓って交わした結婚指輪を、結婚の約束をした証である婚約指輪でロックすることで、「永遠の愛」をとどめておく、という意味が込められているそうです。

また、左手の薬指にはめるのにも理由があります。

古代ギリシャでは、心臓の中に人間の感情が存在するとされており、左手の薬指には心臓とつながる太い血管がある特別な指と信じられていました。

その薬指に愛の証である指輪を夫婦ではめることで、「お互いの愛が結びつく」とされていたのが起源のようです。

 

彼ともよく相談しましょう

指輪に関しての話は、ほとんどが女性側の希望にそって進められがちです。

婚約指輪だけならいいのですが、重ね付けの場合、婚約指輪だけでなく結婚指輪もペアで選ぶことになります。

今だけでなく、10年後20年後も身につけることを考慮して、お二人の希望にそったものになるよう、選んで頂けたらと思います。

 

結婚後の時間をより豊かに

一生モノの婚約指輪と結婚指輪。

二つを重ね付けすることで、結婚後の生活がより豊かで幸福に包まれた時間となりそうです。

お二人にとってベストな組み合わせを見つけて、重ね付けを楽しんで下さい

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪