結婚式の2次会の会場はどう選ぶ?人気の会場スタイルをご紹介

挙式・披露宴のあとに実施される2次会。

挙式・披露宴ほどかしこまらずカジュアルに楽しむ時間となっています。

そんな2次会に人気の会場スタイルや選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

2次会におすすめの会場スタイル

一口に2次会といっても使う会場により雰囲気が変わります。人数や希望の雰囲気・内容に合わせて会場を検討しましょう。

結婚式場内にあるパーティースペースやバンケット

披露宴でも使用するバンケットなどの会場を2次会でも利用できるプランがあることがあります。

挙式・披露宴からの移動が少なく新郎新婦も余裕を持って準備ができるのがメリットです。

会場の雰囲気によってはカジュアルすぎずドレスアップした方がいい場合もあるので、下見の上ゲストのドレスコードや新郎新婦の衣装を決定しましょう。

 

レストラン・カフェ

美味しいお料理を提供でき、またカジュアルな雰囲気でリラックスできると人気です。

人数による会場の選択肢が多く、内装が様々で披露宴からのギャップを楽しむことができるメリットがあります。

2次会などのパーティープランがないなど、サービス・設備の充実度に会場ごとに差があるので事前の確認が必須です。

 

居酒屋・クラブ

少人数でワイワイと楽しみたい方におすすめです。

料理に特別感はありませんが、新郎新婦とゲストとの距離が近く会話を楽しむことができます。

大きな企画やコンテンツを行わずおしゃべり重視にするとよいでしょう。

控え室などの設備はないことが多いので、準備を終えてから移動できる場所を選ぶとよいでしょう。

この中でも内容・費用の面からレストラン・カフェが特に人気になっています。

このほかにもホテルの宴会会場やパーティー専門会場も利用されています。

 

会場選びのポイント

2次会の会場を選ぶ上で重視したいポイントはこちらです。

披露宴会場からのアクセスがよい

披露宴にも参加するゲスト、2次会から参加するゲストの双方がアクセスしやすい会場がベストです。

また2次会が夜の開催の場合は、帰りの交通手段が豊富な会場がよいでしょう。

 

スクリーンや音響などの設備が充実している

映像を流したり、BGMで場を盛り上げたりと演出に使いたい設備があるかどうか確認しましょう。

 

持ち込み料金が発生しないまたは安く済む

小道具や装飾を持ち込む場合に持ち込み料金が発生する場合があります。

持ち込み料金の有無と金額、持ち込めるものの規定を確認しておきましょう。

 

サービスや料理が充実している

料理の提供がスムーズでクオリティも確保されていればゲストの満足度は上がります。

口コミなどで事前にチェックしておくと安心です。

 

貸切ができる、立食・着席など希望のスタイルに対応している

周りを気にせず盛り上がりたい場合は貸切が嬉しいですよね。

また食事を立食スタイルにするのか、座席を決めて着席にするのかの希望に対応している会場を選びましょう。

 

収容人数が該当している

人数の上限はもちろんですが、利用するための最小人数が定められている会場もあります。

急なキャンセルで会場を変更する必要がないように、人数の幅に余裕がある会場を選びましょう。

 

控え室やクロークがある

早く到着した場合の控え室や大きな荷物を預けられるクロークがあると便利です。

ない場合は荷物預かりのスペースを設置できるかどうか確認しておきましょう。

このほかにも、下見の際にスタッフの対応も見ておきましょう。

 

会場が決まったら確認したい項目

会場が決まり予約が完了したら、以下の項目を確認しましょう。

 

備品の搬入・搬出方法

搬入できる時間、搬入口、スタッフの補助はあるのか、搬出の期限など無事に2次会を終えるところまで確認しておきましょう。

 

人数確定の期限

料理の都合があるため期日を確認し、前倒しでゲストの出欠の期限を設定しましょう。

 

当日人数の変更があった場合のキャンセル料

急な体調不良などで人数の変更があるかもしれません。

当日に人数が減った・増えた場合に対応が可能か、料金は発生するのかを確認しておきましょう。

 

支払い方法・期限

会計係の人と新郎新婦に必ず共有しておきましょう。

 

まとめ

2次会準備のスタートは会場探しです。

2次会のテーマのベースになるので新郎新婦・幹事でしっかりコミュニケーションをとりながら選びましょう。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪