結婚式の2次会に適した衣装・服装とは?【新郎新婦・ゲスト別】

挙式・披露宴がフォーマルな場であるのに対し、2次会はテーマにより雰囲気が異なるため服装を決めるのに悩むのではないでしょうか。

新郎新婦におすすめの衣装とゲストとして参加する際に気をつけたいマナーをご紹介します。

 

新婦の衣装

挙式・披露宴から変化をつけて楽しむのか、テーマと合わせてコーディネートするのか。

コンテンツとの相性も考えながら選びましょう。

 

ウェディングドレス

挙式・披露宴に招待できなかったゲストのために、同じウェディングドレスで登場すると喜ばれます。

また会えてテイストの違うドレスを選んでウェディングドレスを2着楽しむのもおすすめです。

 

カラードレス

2次会で人気なのがカラードレス。親しい友人に囲まれた空間だからこそ、自分らしい色の衣装で楽しみたいという方にはぴったりですね。

 

会場の雰囲気に合わせて変わり種

例えばアジア風の会場であればチャイナドレスを着てみたり、カラーコーディネートにこだわりがある会場であれば同じ色のアクセサリーや小物を身につけて見たりと一体感を出して遊んでみてもよいでしょう。

 

ワンピース

大切な友人としっかりコミュニケーションをとりたいなら、移動が楽チンなワンピースもおすすめです♩

「友達の結婚式で見た」などどかぶる心配も少なくなるので個性を存分にアピールできます。

 

新郎の衣装

新郎は衣装の選択肢が少ないと思っていませんか?

自由度の高い2次会だからできるコーディネートを楽しんでみましょう。

 

タキシード

挙式・披露宴と同じタキシードのポケットチーフの色を変えてみたり、ネクタイやベストを柄物にして変化をつけてみたりしてはいかがでしょうか。

新婦と同様にカラーコーディネートに合わせてみてもいいですね。カジュアルな2次会であれば蝶ネクタイでおめかししてもいいですね。

 

古着や異国風コーディネート

新婦がワンピースなどドレス以外の衣装であれば、格を合わせておしゃれな古着でキメてみてもいいでしょう。

カジュアルな会場であればジャケットを着用せずベストスタイルやサスペンダーで遊び心をのぞかせてもいいかもしれません。

 

2次会に適したゲストの服

カジュアルだからといって、何を着てもいいというわけではありません。

マナーを守った上でおしゃれを楽しみましょう。

 

会場に合わせた締まり感を

2次会といっても会場が違えば雰囲気も違います。ホテルや式場内のバンケットであれば崩しすぎずにドレスアップして行きましょう。

レストランやカフェではきれい目なワンピースやパンツスタイルもOKです。

 

肌の露出は控えて清潔感を大切に

肩が見える服であればボレロやカーディガンを羽織るなどして露出を抑えましょう。

ワンピースも膝丈以上の長さのものを選ぶようにしましょう。

つま先があいたパンプスも避けて素足が見えないように気をつけましょう。

ただし夜のパーティーであれば多少の露出はOKという意見もあります。

 

新郎新婦より目立つ服装はNG

これに関しては挙式・披露宴と共通のマナーです。新婦が身につける可能性がある白のドレス・ワンピースはNGです。

また派手なカラーのものやキラキラと光るもの、大ぶりのアクセサリーなども控えましょう。

 

殺生をイメージさせるものもNG

ファーや革製品、動物柄など殺生をイメージさせるものは小さなものであってもNGです。

毛が料理の中に入ると不潔だからという理由もあります。

 

おめでたい場にふさわしい印象のものを

黒や紺一色だと不祝儀の礼服をイメージさせるため、羽織や小物で差し色をするなどの工夫をしましょう。

淡い色で明るいイメージの服装が華やかなお祝いの場に向いています。

 

まとめ

新郎新婦は自分たちらしい特別な衣装を楽しみましょう。

ゲストとして参加する際はマナーを守り相手も自分も気持ちい服装で臨んでくださいね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪