結婚式の2次会攻略マニュアル!気になる予算とスケジュール

結婚式の披露宴のあとにも楽しみたいと、親しい友人を招いての2次会が人気です。

新郎新婦は挙式・披露宴の準備と並行して2次会の準備もする必要があるので何かとバタバタしてしまいます。

2次会の準備を円滑に進め、かつゲストにも満足してもらうためのポイントやスケジュール、気になる予算をご紹介します。

 

結婚式の2次会とは?披露宴との違い

挙式・披露宴が両家の結婚を祝うかしこまった場であるのに対し、2次会は友人だけを招いてカジュアルなパーティースタイルで行われるのが主流です。

披露宴が結婚披露の意味合いが強いのに対し、2次会では新郎新婦とゲストとの関わりをメインに一緒に楽しむという印象です。

 

2次会にはいくらかかる?

2次会の予算は、招待するゲストの人数と利用する会場のプランの料金がベースとなっています。

結婚式の2次会はほとんどの場合会費制で行われるため、会費の設定により具体的な予算が決定します。

予算の決定

利用する会場で用意されている基本のプランや料理のコース料金に必要な景品や備品の費用を上乗せしてゲストの会費を決定する場合が多いです。

会費だけで2次会の費用をまかなうのか、会費に加え新郎新婦がいくらかを負担するのかを先に決めておきましょう。

 

2次会に必要なもの

予算に含める必要があるものをリストアップし、当日までに準備・搬入の方法や担当を確認しておきましょう。

  • 料理やパーティーの基本料金
  • ウェルカムスペースや会場内の装飾
  • 名札、名簿、席札などのペーパーアイテム
  • コンテンツで使用する備品
  • コンテンツの景品
  • プチギフト
  • 新郎新婦の衣装(披露宴と同じ衣装でも別途アテンド料がかかる場合もある)

 

ゲストの会費

料理やパーティープランの基本料金をベースにゲストの会費を決定します。

会費の相場

男性と女性で会費をわける場合が多く、男性は7000〜8000円、女性は5000〜6000円が相場となっています。

男女の差額は1000〜2000円が多く、男性の方が食べる量・の無料が多いからという理由が多く挙げられています。

私は男女ではなく社会人・学生で会費をわけましたよ♩

会費の渡し方

当日受付で会費を渡します。披露宴のように祝儀袋には包まず現金のままでOKです。

またピン札でなければならないというルールもありません。お釣りが出ないように、シワの少ない紙幣を用意しておきましょう。

2次会費用の清算

披露宴の費用は振り込みで前払いするのが主流ですが、2次会の費用は当日清算であることが多いです。

会計の担当者は2次会の間、集めた会費を管理し漏れなく新郎新婦に引き継ぎましょう。

 

2次会の準備スケジュール

一般的に会場の予約が可能になるのが3ヶ月前であることが多いようです。

思わぬところで時間がかかる可能性もあるので早め早めに準備を進めましょう。

3・4ヶ月前〜

幹事を決定して依頼する

幹事との連絡は密にとり、特に予算の管理についてはしっかりと話し合いましょう。幹事同士の顔合わせや依頼の挨拶を兼ねて食事に行くのもおすすめです。

 

幹事にお願いすることを決めておく

どこまで任せるのか線引きを明確にしておきましょう。報告してほしいことや事前に相談してから動いてほしいことなどもしっかり伝えトラブルがないようにしましょう。

 

招待するゲストをリストアップする

ゲストに2次会に招待したい旨を先に伝えておくと予定を調整してもらいやすく後の出欠確認がスムーズになります。

 

2次会のイメージやテーマを検討する

装飾やコンテンツにも関わるポイントです。新郎新婦の衣装やゲストのドレスコードなどとリンクさせても統一感が出ます。

 

予算を決定する

ゲストの会費でまかなうのか、会費+新郎新婦の負担でまかなうのかを決めておきましょう。

 

イメージに合う会場を探しリストアップする

対応できる人数の幅を見て多めにリストアップしておきましょう。

 

2ヶ月前〜

会場を下見し決定・予約する

イメージやテーマに合う会場であるか、希望のコンテンツができる機材がそろっているかどうかを確認した上で会場を予約しましょう。

 

招待状・案内メールを送信し出欠確認を行う

招待状・案内メールの送信に漏れがないようにチェックリストを作成して管理しましょう。

 

2次会の企画やコンテンツを検討する

幹事の仕事の肝となる部分です。ゲストの顔ぶれも意識して内輪感がなくみんなで盛り上がれるコンテンツを考えましょう。

 

当日の役割分担を検討し必要に応じ依頼の連絡をする

受付や会計、音響、司会など当日必要な役割をリストアップし、必要に応じゲストの中から依頼しましょう。

 

1ヶ月前〜

ゲストの出欠を確認し受付用名簿を作成

必ず漏れがないように名簿を作成しましょう。会費に差額がある場合は名簿に明記しておきましょう。

 

企画・コンテンツに必要なものを購入

必ず会場に持ち込み可能か確認した上で物品を購入しましょう。大きなものについては搬入方法についても相談しておきましょう。

 

景品やプチギフトなどのプレゼントを準備

ラッピングした上で中身がわかるよう付箋を貼るなどの対応をしておきましょう。

 

予算の最終確認

予算内で収まるかどうか、人数変動により会費の合計がいくらになるかを確認しておきましょう。

 

やること別2次会マニュアル

スケジュール順に、やることに関するポイントを以下の記事で紹介しています。

 

当日の流れ・タイムスケジュール例

準備が終わればいよいよ当日です。タイムスケジュールの例をご紹介しますが、スケジュール通りにはいかないものと思って臨みましょう。

そのためスケジュールには余裕をもたせ、歓談の時間で時間配分を調整するように臨機応変に動きましょう。

タイムスケジュール例
17:00 会場到着、最終打ち合わせ、備品の設置・確認
17:30 受付開始
※会費を預かり名札と新郎新婦へのメッセージを書いてもらう
18:00 2次会スタート
18:05 新郎新婦入場
18:10 新郎新婦からのウェルカムスピーチ
18:15 乾杯、食事スタート
※次のプログラムに移る前にゲスト全員に食事が行き渡ったことを確認
18:25 披露宴ムービー上映
18:40 歓談
※新郎新婦との写真撮影も自由に
19:00 クイズ大会
19:20 歓談
19:45 新郎新婦から締めの挨拶、集合写真撮影
19:50 新郎新婦退場
19:55 お見送り
*ひとりひとりにプチギフトを手渡しお礼を伝える
20:00  完全撤収

 

まとめ

メインは挙式・披露宴ですが、2次会も大切な1日の一部です。時間を割いて来てくれるゲストに満足して帰ってもらえるように、早めに計画して動きましょう。

なにもかも新郎新婦だけでやろうとせず、幹事や協力してくれる友人と役割分担をするのがポイントですよ。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪