9月に結婚式を挙げる人におすすめの日取り、テーマ、台風対策は?人気月は費用がかかる?

9月の結婚式

暑さが少し落ち着き、秋に近づく9月は結婚式を挙げるカップルに人気の季節。

しかし、まだまだ暑さが残っていたり、台風が多かったり、連休やお彼岸があったり心配なことも多いですよね。

今回はそんな9月に結婚式を挙げる時のポイントをご紹介します。

 

9月は結婚式の人気の月

春や秋など、暑すぎず寒すぎない気候の良い季節は、結婚式を挙げるカップルに人気のシーズン

秋に近づく9月も人気の月になります。

また、シルバーウィークという大型連休もあるため、遠方に住んでいる人も参加しやすいことや、結婚式の後にシルバーウィークを利用してハネムーンに行きやすいことも人気のひとつです。

 

残暑に台風!9月の天候でも結婚式を成功させるポイント

9月は秋の始まりといっても、最近は9月も残暑が厳しいですよね。

特に9月の上旬は8月同様に厳しい暑さに見舞われることがあります。

また、9月は台風が発生する月でもあるので、出席してくれるゲストのためにも天候に配慮した式場や演出選びが必要です。

 

結婚式場はアクセスが良い場所を選ぶ

猛暑や悪天候の中、外を移動するのはとても大変です。

結婚式場は、駅直結かシャトルバスが運行している式場を選び、ゲストができるだけ外を歩かなくて済むようにしましょう。

 

完全室内の結婚式場を選ぶ

完全室内の結婚式場であれば、天候や気候を気にせず結婚式を挙げることができます。

完全室内となると圧迫されて開放感のないイメージがあるかもしれませんが、完全室内でも開放的な印象を与えてくれるおしゃれな結婚式場はたくさんありますよ!

 

外での演出は室内でも演出できるように相談する

素敵なガーデンがある結婚式も多く、野外での演出も憧れますよね。

しかし、猛暑の中、外での演出はゲストにとっても新郎新婦にとってもつらいもの。

また、台風が接近している場合は、使用できなくなる場合もあります。

猛暑や台風がやってきた場合、室内でも納得のいく演出ができるように、あらかじめプランナーに相談しておきましょう。

 

急な欠席も覚悟しておく

台風などの悪天候によって、出席できないゲストもいるかもしれません。

残念な気持ちはわかりますが、仕方がないこと。ゲストが不快な思いをしないように対応できる心構えが必要です。

ゲストが自分から言い出しにくいこともあるので、出席できそうにないかな?と思った時には新郎新婦側から「無理はしないでね」と連絡をするのも大切なおもてなしですね。

 

9月のおすすめの日取りランキング

9月に結婚式を挙げる場合、下旬にあるお彼岸の時期は結婚式を控えるのが無難です。

今回はお彼岸の時期を除いたおすすめの日取りをランキング形式でご紹介します。

上位の日取りは人気の日取りになること間違いなし。希望する場合は、早めにご予約を!

 

<2018年9月>

1位:9月8日(土)大安…翌日が休日で大安のため、最もおすすめ!人気の日程になるかもしれないので、早めにおさえましょう。

2位:9月22日 (土)友引…翌日が休日で友引のため、独身のお友達が多い方におすすめの日取りです。

3位:9月16日(日)友引…翌日は月曜日ですが、敬老の日のため祝日です。しかし、3連休の中日のため、ゲストの予定を考えると3位に。

4位:9月2日 (日)大安…大安ですが翌日が平日なので、挙式が午前中から開始する時間がおすすめです。

5位:9月13日(木)大安…平日に挙式を挙げたい人は、大安の13日がおすすめ!翌日の14日に休みを取れば、15~17日の連休とつなげて4連休にすることもできます。

お彼岸:9月20日(木) ~9月26日(水)

 

<2019年9月>

1位:9月14日 (土)大安…大安で翌日が休日、翌々日が祝日のため最もおすすめの日取りです。この日程を希望する場合は、お早めに!

2位:9月8日(日)大安…大安ですが、翌日が平日なので、挙式が午前中から開始する時間がおすすめです。

3位:9月17日 (火)友引…平日に挙式を挙げたい人におすすめの日取りです。

お彼岸:9月20日(金) ~9月26日(木)

 

お日柄や縁起のいい日についてはこちらの記事で解説しています。

入籍日の決め方。2018年・2019年のおすすめ

 

 

9月の結婚式におすすめのテーマや演出

9月の結婚式

もみじや紅葉をイメージした秋らしいテーマ

席札やテーブル装飾、プチギフトにもみじや紅葉した葉を使用するなど、秋らしさを演出したテーマがおすすめです。

赤茶色やオレンジなど紅葉をイメージするカラーは温かいイメージや落ち着いた印象を与えてくれるので、ゲストにも好印象。

お色直しのカラードレスや新郎のアイテムにも赤やオレンジを取り入れると、会場の装飾と相性が良く、全体的にまとまった印象になります。

 

旬の食材を使用したお料理やデザートでおもてなし

秋は食欲の秋!きっと、ゲストも当日のお料理を楽しみにしています。

秋といえば、高級食材である松茸も旬の食材!お料理に使用することで、松茸の香りがゲストに秋を感じさせてくれます。

他にも秋刀魚やリンゴ、栗など秋の食材は豊富なので、プランナーや料理長と相談してゲストに秋を楽しんでもらえるお料理やデザートでおもてなしをしましょう。

 

季節のお花を使って他の人とかぶらないブーケや装飾を!

コスモスは、日本では「秋桜」と書き、秋を代表するお花です。ピンク色が有名ですが、その他の色をあるので、装飾やブーケに使用するのがおすすめのお花です。

ピンクやイエローのコスモスを使ったカラフルなブーケも可愛いですが、白いコスモスを使った純白のブーケも他とはかぶりにくくおすすめですよ♪

 

祖父母に参加してもらう演出

9月の第3月曜日は敬老の日。9月の結婚式は、出席してくれている祖父母に参加してもらう演出を取り入れるのがおすすめです。

演出はできるだけ当日のお楽しみにしましょう。演出は、高砂まで出てきてもらうものから席に着いたままできるものまでいろんな演出があるので、演出を取り入れる際には、祖父母の体調を配慮した演出を心がけましょう。

演出例

  • お色直しの中座のエスコートをサプライズでお願いする
  • 両親への手紙の前に祖父母に手紙を読む
  • 祖父母にファーストバイトをしてもらう
  • 両親だけでなく祖父母にも花束を贈呈する

 

ゲスト参加型の演出まとめ。ゲストが楽しめる結婚式・披露宴を挙げよう♪

 

人気の9月は結婚式の費用がかかる?

人気シーズンである9月は、シーズンオフの時期よりも値段が高く設定されていることがほとんどです。

それでも少しでも費用は抑えておきたいですよね。ここでは、9月に少しでも費用を抑えて結婚式を挙げる方法をご紹介します。

9月を夏として扱っている結婚式場を選ぶ

結婚式場によっては、9月をオフシーズンである夏の時期として扱っている結婚式もあります。

その場合は、7月や8月のようにお得な値段に設定されていることもあるので、その結婚式場を選ぶことで費用を抑えることができます。

 

人気の低い日取りを選ぶ。

平日や仏滅やお彼岸の日取りを選ぶと、値段が下がる場合があります。

結婚式場で相談する時に、「できるだけ費用を安くしたいから、値段が下がっている日程があれば教えてほしい。」と正直に伝えると案内してくれるはずです。

しかし、縁起が悪いとされている日取りについては、新郎新婦2人だけで決定せず、必ずご両親に相談しましょう

 

ブライダル情報サイトやブライダルフェアの特典を活用する

ブライダル情報サイトから見学の予約をしたり、ブライダルフェアに参加したりすると、予約特典や参加特典として、

  • 挙式料が無料になる
  • ドレスが1着無料になる

などのキャンペーンを実施していることがあります。

例えば、ドレス1着無料のキャンペーンを使用すれば、ドレスを1着の相場は20~25万円なので、20万円費用を抑えることができるので、結婚式費用を大幅に節約することができます。

また、どの結婚式情報サイトからブライダルフェアを予約するかによっても特典は変わってきますので、比較検討してみましょう。

 

ブライダルフェアをもっとお得に!サイト別キャンペーンまとめ

 

 

まとめ

いかがでしたか?

9月は人気の月で1年前から埋まっている結婚式場もあります。

9月に結婚式を挙げようと思っている人は、キャンペーンやお日柄のチェックをして、早めに式場選びを始めましょう♪

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪
9月の結婚式