結婚式の衣装は和装も素敵♪白無垢の基礎知識とポイント

結婚式を挙げる際に、一番の楽しみとも言えるのが衣装選びですよね。

一般的にはウェディングドレスを選ぶ方が多くいらっしゃいますが、日本古来の和装も根強い人気です。

なかでも憧れの婚礼衣装といえば、やはり「白無垢」。

芸能人では沢尻エリカさんや真矢みきさんなど、とても美しくておしゃれな白無垢の花嫁姿を披露されて話題にもなりました。

しかし、白無垢についてなんとなくイメージはできるけれど詳しくはわからない、という方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では白無垢について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

Contents

和装の婚礼衣装、種類はどんなものがある?

結婚式で着る和装の婚礼衣装として、主に白無垢と色打掛、引き振袖があります。

白無垢(読み方:しろむく)

白無垢は、打掛、掛下、帯、小物にいたるまで、生地や刺繍全てが白一色で統一された格式高い婚礼衣装です。

挙式では綿帽子または角隠しをつけます。

 

色打掛(いろうちかけ)

白以外の打掛で、色がついたものが色打掛と呼ばれます。染めや色糸で織りや刺繍が施されており、挙式よりも披露宴などでよく着られます。

 

引き振袖(ひきふりそで)

身丈(着物の縦の長さ)が長く、打掛のように裾を引いて着るのが特徴です。色打掛は帯の上に打掛を羽織るので帯がほとんど隠れますが、引き振袖は帯が見えるので後ろ姿も華やかです。

その他にも、白無垢とウェディングドレスを融合させたような現代風の「新和装」と呼ばれるものや、皇族の方が婚礼衣装として着られる「十二単」なども婚礼衣装として着ることができます。

 

白無垢の歴史は?なぜ白なの?

「白無垢」の始まりは、鎌倉時代から室町時代にかけての武家社会だった頃までさかのぼります。

「白」という色は、身の清らかさを表し、古来から神聖な色として様々な儀式や式典に白の衣装が用いられていました。

「無垢」は「汚れなのない純真」を指し、白無垢には「嫁ぎ先の色に染まる」「一生添い遂げる」という意味合いも込められたことから、当時最も格式の高い婚礼衣装とされ、武家や豪商の娘など限られた人だけが着られる婚礼衣装だったそうです。

戦後になり、一般庶民も着られるようになった白無垢は、今でも高貴なイメージそのままに、花嫁達の憧れとなっています。

 

白無垢はどんなシーンで着られる?

白無垢は、以下の結婚式で着ることができます。最近ではどの挙式スタイルでも行うことができる結婚式場やホテルが増えています。

 

神前式

神社の神殿で執り行う伝統的な挙式。元来白無垢は、この神前式の際に着ることができる婚礼衣装でした。「三々九度の盃」や「玉串礼拝」などの儀式を行い、神様に結婚の報告をします。

 

仏前式

新郎新婦とその家族が信仰する仏教の教えに基づいて、仏様やご先祖様に二人が出会った縁を感謝し、結婚の報告をするスタイルです。

親族のみで、先祖のお墓がある菩提寺や、ゆかりのあるお寺で行うのが一般的です。

 

人前式

結婚の誓いを神様や仏様に対して行うのではなく、列席者に結婚の証人となってもらう挙式です。

宗教や形式を気にすることなく、アットホームな雰囲気で自由度が高いことから、最近人気のスタイルです。人前式であれば、チャペルで白無垢を着て挙式を行うことも可能です。

また、挙式ではウェディングドレスなど他の衣装を着て、挙式前の記念撮影である「前撮り」や、「フォトウェディング」の衣装で白無垢を選ぶことも可能です。

撮影場所は、天候に左右されず、白無垢の柄などまでしっかりと写すことのできる「スタジオでの撮影」を選ぶ方が多いのですが、二人の思い出の場所や、季節感の感じられるロケーションで撮影するのもオススメです。

 

白無垢にも色々な種類がある!

たくさんの色使いと華やかな柄のあるウェディングドレスや色打掛と違い、白無垢はあまりバリエーションがないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、白無垢にも素材や織り方、柄などたくさんの種類があります。

素材の種類

正絹(しょうけん)

まじりもののない、天然の絹100%でできた生地。しなやかで着心地が良く、上品な光沢があります。天然素材ゆえに真っ白ではなく、生成色(クリーム色)をしています。

化繊(かせん)

化学繊維で織られた生地。正絹と比べると生地の感触は固めに感じますが、比較的リーズナブルで「真っ白」な色が人気です。

縦糸に絹、横糸に化学繊維を使った「交織」(こうしょく)もあります。

柄の種類

柄は機械で織る場合と手作業の刺繍のものがあります。やはり手作業の刺繍のものが綺麗です。

刺繍糸は白のみでさりげなく入っているものもあれば、白だけでなく金糸や銀糸など色を使い、全体で見てもはっきりとわかるものもあります。

鶴は夫婦の仲が良く、結婚式にはぴったりな縁起の良い柄です。
「長寿の象徴」とも言われています。

菊は昔漢方薬として使われ、無病息災など縁起の良い意味が込められています。

鳳凰

鳳凰は「平和の象徴」と言われている中国古来の伝説の生き物で、日本でも縁起の良い象徴として人気のある柄です。

 

紅白のアクセントがある白無垢

赤ふき

打掛の衿や裏地に赤のラインが入っているものです。赤という色には、魔力に勝ち、災いを防ぐという意味があり、紅白はおめでたい配色として縁起も良く、全体を華やかに引き締めてくれます。

紅裏(裏赤)

着物の裏が赤くなっているものです。打掛の裏が赤いものや、掛下の裏が赤いものなど色々な種類があります。
袖や裾から覗く赤がとても美しく映えます。

 

新和装としての白無垢

厳密には白無垢とは異なりますが、白無垢とドレスを掛け合わせたような新和装スタイルも人気があります。ただし格は白無垢より下になりますので、挙式よりもお色直しや1.5次会などに向いています。

 

オーガンジー打掛

オーガンジーという透ける生地を使った打掛です。ふんわりとしたオーガンジーが軽やかで可愛らしい印象になります。

 

パステルカラー打掛

淡いピンクやブルーなど色が入った打掛もあります。全体にうっすらと色のついているものや、花の柄だけに色がついているなど、様々な種類があります。

 

挙式で白無垢を着る際に必要となる主なアイテム

ウェディングドレスなどの洋装と違い、和装はアイテムの種類が多く、またそれぞれに意味があります。

着物

打掛

一番上に掛ける着物のことです。白無垢なら白打掛と呼ばれ、刺繍や織り方で様々な柄が表現されます。

掛下

打掛の下に着る振袖です。基本は白一色ですが、赤いラインの入ったものを合わせるなど、選択肢も増えています。

長襦袢

掛下の下、肌襦袢の上に着ます。振袖のベースで、「重ね」の役割となります。打掛、掛下、長襦袢は通常一緒に用意されます。

 

下着類

肌襦袢

肌の上に直接着る上半身用の下着です。汗や皮脂からきものを守ります。裾除けとセットで着用します。

裾除け

腰に巻きつけるタイプの下半身用の下着です。長襦袢の汚れをふせぎ、足さばきも楽になります。肌襦袢と裾除けが一体となったワンピースタイプもあります。

和装ブラジャー

胸元の着崩れを防ぎ、胸の形を着物に合う形に補正します。

白足袋

足に直接履き、こはぜという留め具てかかとから足首までを引っ掛けるように留めます。礼装用で、ぴったりとサイズが合うものを選びましょう。汚れたときのために、替えもあると安心です。

ガーゼ、タオル

体形補正や着崩れ防止用に使います。薄手のものを多めに用意しておくと良いでしょう。

和装ストッキング

寒い季節の結婚式など防寒用にあると便利です。

 

衣装をレンタルする場合でも、肌に直接触れる下着類やタオルなどは、購入して持参するのが一般的です。
必要なものを式場や衣装店に確認しましょう。肌襦袢、裾除け、白足袋の3つは「和装肌着3点セット」などといった名目でも販売されています。

 

頭周りの小物

綿帽子

綿帽子は、頭を覆う袋状の大きな白い帽子です。白無垢の時のみ着用できるもので、色打掛では被りません。日本髪だけでなく、専用の金具を使って洋髪でも着用することができます。

角隠し

文金高島田を結った上に、帯状で幅広の布で額を隠すようにして被せるものです。白無垢でも色打掛でも着用することができます。洋髪には使えません。

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。 挙式では綿帽子または角隠しのどちらかを合わせます。
披露宴も白無垢を着る場合は、洋装の場合のベールアップと同じく婚儀が成立した象徴となるため、どちらもはずします。

鬘(かつら)、簪(かんざし)

ヘアスタイルを「文金高島田」にする場合に用います。「文金高島田」とは、伝統的な日本髪で、頭の上の方で髷(まげ)を結い、簪(かんざし)などで飾ったヘアスタイルのことです。

以前はかつらを使用するのが一般的でしたが、最近は地毛で結うことで自然な仕上がりになる「新日本髪」を選ぶ方も増えてきました。

かんざしはヘアピンのように髪の毛を留める役割に加えて、華やかさをプラスするアイテムとしても重要です。

お花と組み合わせてアレンジしても良いでしょう。

 

帯周りの小物

着物の上から腰のあたりに巻いて結ぶ布のことです。

 

帯締め

結んだ帯を固定させる紐のことです。花嫁衣装では「丸ぐけ」という布で綿をくるんだものを使います。

 

帯揚げ

帯の上部を覆って装飾する紐のことです。

 

帯枕

帯の形を整えたり、アレンジするために背中につけて使います。紐付きのものが便利です。

帯板(前板)

帯を締めた時に、前帯にしわが寄らないようにするため前に挟む板です。

 

抱え帯

きものの裾をたくし上げて押さえておくために帯の下の方で結ぶ細帯のことです。

 

腰紐

着物の上前を重ねた時に、丈に合わせて腰のあたりで結ぶ紐のことです。体型にもよりますが、4~6本必要です。

 

その他の小物

筥迫(はこせこ)

昔の花嫁が化粧道具や懐紙を入れて使った、化粧ポーチのようなものです。現在では装飾的な役割となっています。

 

懐剣(かいけん)

房つきの袋に入った短剣です。武家の女性が護身用に持っていたとされ、現代でも災いから身を守るとして、花嫁道具の一つになっています。帯の左側に挿します。

 

末広(すえひろ)

花嫁の持つ扇子のことです。「幸せが末広がりに続くように」との願いが込められています。

 

草履

白無垢には白で厚底の草履を合わせます。サイズがぴったり合ったもので、新郎との身長のバランスがとれる高さのものを選びましょう。

 

白無垢の着付けは?

白無垢を実際着る場合、どのように着ていくのか、あらかじめ知っておくとイメージがしやすいと思います。
順番に見ていきましょう。

 

  1. 通常の着物と同じように、肌襦袢、裾除け、補正小物や下着(和装ブラジャーやタオルなど、体型を調整する小物)を着けたら、長襦袢を着ます。
  2. おはしょりを作らずに掛下を着付けます。
  3. 帯や帯締め、抱え帯などを結びます。
  4. 筥迫を掛下の懐に、懐剣を帯に納めて、帯や全体のバランスを調整します。
  5. 最後に打掛を羽織り、衿や袖を整えて出来上がりです。

 

 

白無垢の選び方のポイント

まずはたくさん試着をしてみましょう。同じ白でも、合わせてみると微妙な色の違いや、肌の色との相性があります。

写真うつりや、周囲の反応なども参考にしつつ、最後は花嫁さんご本人の気持ちを一番大切に選んでみて下さい。

サイズについて

白無垢は基本的にフリーサイズですが、身長が150㎝から170㎝までが一番綺麗に着ることができます。衣装店によっては小さめサイズや大きめサイズ、マタニティ用などを用意している所もあるので問い合わせしてみましょう。

 

柄の選び方

お好きな柄を選ぶのが一番ですが、小柄な方は小さめ、背が高い方は大きめの柄を選ぶとバランスが良く見えます。挙式中など後ろから見られることも多いので、後ろの柄もチェックしましょう。

 

撮影のみの場合

挙式に着るのではなく、前撮りやロケーションフォトで白無垢を着る場合は、「正絹」の白無垢がおすすめです。

正絹は着崩れしにくく、長時間様々な場所に移動して行う撮影にも耐えることができます。「化繊」は生地が固めなので着崩れしやすく、真っ白な色味が魅力ですが、写真ではせっかくの柄が白すぎてとんでしまうことも。

スタジオ撮影であれば化繊でもOKです。

 

お色直しはどんなパターンが可能?

白無垢を着る場合、お色直しではどのようなパターンがスムーズでしょうか。

洋装は基本下着とドレスのみですが、和装は何枚も重ねて着付けたり小物も多いので、洋装と和装ではお色直しにかかる時間が違います。

和装から洋装のお色直しであれば比較的早く着替えることができますし、逆の場合はある程度時間が必要です。

白無垢は通常挙式で着るので、どんなパターンでもスムーズにお色直しできるかと思います。

 

挙式が白無垢、披露宴は色打掛

全体的に和のイメージでまとまった結婚式。着替えもスムーズです。日本庭園のある式場などでゆっくりと楽しむような結婚式にぴったりです。

 

挙式は白無垢、披露宴はウェディングドレス

白無垢とウェディングドレス、どちらも捨てがたいという方におすすめ。披露宴中にもう一度カラードレスにお色直しすることもできます。

ウェディングドレスのあとに色打掛となると時間がかかりますので、ゲストが飽きないような長めの演出などを考える必要があります。

 

白無垢はお手洗いが心配?

白無垢が着たいけれど、お手洗いの心配がある方もいらっしゃるかもしれません。

確かに着付けをした後でお手洗いに行くのは大変ですが、挙式にかかる時間は長くても二時間程度。着付けする前と、挙式が終わってから披露宴までの間に行けば大丈夫です。

 

白無垢を着た時のヘアスタイルは?洋髪も合う?

白無垢を着る際のヘアスタイルは伝統的な日本髪である「文金高島田」も素敵ですし、生花や造花でアレンジした「洋髪」も人気です。

文金高島田はかつらをかぶっても、地毛で結うことも可能です。洋髪でも綿帽子をかぶることができます。

 

白無垢を着た時のメイクは?

白無垢を着た時のメイクは、「水化粧」という白い粉を水で溶いたものを使ったメイクや、その後のお色直しのことも考慮してナチュラルメイクにするのが一般的です。

水化粧は、いわゆる白塗りメイクですが、舞妓さんのように真っ白ではなく、地肌より白く、白無垢に馴染むような白さですのでご安心ください。

一番のポイントは「赤の口紅」。真っ白な白無垢によく映えます。眉は短く少し太めに、チークやアイシャドウは使わず、アイラインとマスカラで目元を強調します。

ナチュラルメイクは、すっぴんに近いメイクということではなく、白無垢にもその後のお色直しでドレスを着ても合うようなメイクです。

メイクリハーサルの際に、担当の方に希望があれば伝えておきましょう。

 

白無垢とブーケの相性は?

衣装が白無垢の場合でもブーケを持つことができます。白無垢と相性が良いカラーは「白」「黄色」「緑」などのナチュラルカラー。

ボールブーケと呼ばれる丸い形のブーケは持ち手もあり、和装ともよく合います。

菊や桜、ユリ、牡丹など和の雰囲気を感じさせるお花を使ったり、アレンジ次第でモダンな雰囲気になったり可愛いらしい雰囲気になったりしますので、ぜひ白無垢と合わせてコーディネートしてみてください。

 

新郎は何を着る?タキシードはあり?

花嫁が白無垢を着た場合、新郎は「紋付袴」を着るのが一般的。

正装は「黒五つ紋付羽織袴」というもので、黒の無地の羽二重の羽織に同じ素材の着物と縞織りの袴を合わせます。

新婦は白無垢、新郎はタキシードが着たいなどと意見が分かれる場合もあるかもしれませんが、新婦が和装の場合は新郎も和装で格を合わせ、お色直しなどでお互いの希望を叶えるのが良いでしょう。

 

当日の立ち振る舞いで気をつけること

白無垢を着用の際は、以下のポイントを押さえておくと、より美しく見えますので参考にしてください。

 

  • 猫背にならないよう背筋を伸ばし、少しうつむき加減に。手は常に右手の上に左手を置いておくと気品良く見えます。
  • 歩き方は、小さめな歩幅でゆっくりとしとやかに。常に内股気味になるよう注意します。
  • ものを取る時などは反対の手で袖口を押さえてめくれないようにしたり、高く手を上げたりしないようにします。乾杯の時はグラスを胸元のあたりまで持ち上げる程度でOK。
  • 椅子に座る場合は浅く腰掛け、背もたれで帯を崩さないように座ります。

 

 

まとめ

白無垢についてご紹介しましたがいかがでしたか。

伝統があり格式高く、凛々しいイメージはそのままに、色を足したり洋髪と合わせたりアレンジも可能な白無垢。

種類も意外と豊富にあり、年齢を選ばないので、若い方はもちろん、大人ウェディングにもぴったりです。

結婚式の衣装にぜひ選ばれてみてはいかがでしょうか。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪