結婚式を行う上で招待客が少人数のメリットとデメリットとは?

女性にとって、憧れでもある結婚式。

家族や多くの友人に囲まれて盛大な結婚式に…なんて人、実は減りつつあることをご存じですか?

今、増えているのがこじんまりとした少人数制のアットホームで小さな結婚式なのです。

 

少人数制の結婚式って何人くらい?

少人数制の結婚式とはだいたい30名程度の招待客で挙げる結婚式や披露宴のことです。

招待客は主に新郎新婦の親族がメインとなって、あとは特に親しい関係の人が呼ばれるといった形をとる事が多いです。

そんな年々増えつつある少人数制の結婚式の気になるメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

少人数制の結婚式のメリット

費用の負担が小さい

結婚式を少人数で行うメリットは、少人数ということもあり新郎新婦の結婚式にかかる準備の負担が少なくなります。

結婚式場をかりる料金とは別に、結婚式に招待するゲスト1人あたり2万円~3万円というのが相場です。

もちろん、お料理のプランを高いものにアップしたり、その他のオプションを付けて贅沢なウェディングをしようと思うと、さらに1人あたりの費用はあがります。

 

ゲストへの対応がしやすくトラブルになりにくい

招待客が多ければ多いほど、みなさんへの失礼が内容にと様々な配慮が必要になります。

また、人数が多ければ急な変更やトラブルもつきものです。

ですが、少人数の結婚式であれば招待客のメインは新郎新婦の親族になってくるので、対応もしやすいのがメリットです。

 

ゲストとの距離が近くなりアットホームになる

また、少人数であるとアットホームさが出るのでゲストとの距離が近くなります。

大人数であれば、せっかく二人の結婚式のために来てくださったゲストとゆっくりと会話する時間なんてまず難しいのが現実です。

やっと会話できるときといえば、最後のお見送りのときなんてことも少なくないなず…。

自分たちのために集まってくださったゲストの方々と会話する時間が持てるというのも、少人数ならではのメリットではないでしょうか?

 

少人数制の結婚式のデメリット

次に気になるデメリットです。

結婚式費用の自己負担額が増える

結婚式の準備にかける負担は減りますが、その分金銭面の自己負担額が増えるようになってきます。

人数が多ければ多いほどご祝儀で結婚式の自己負担額が減っていくのも事実です。

一生に一度の結婚式なので、ウエディングドレスやウエディングケーキそれに装花だってあれこれこだわりたい

そんなこだわりを盛り込んだ結婚式であれば、大人数の結婚式に比べ自己負担額がかなり大きくなることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

結婚式に呼べなかった友人へのフォロー

次にゲストに関してなのですが、少人数の結婚式が親族のみなら良いのですが、特に親しい友人が呼ばれる場合、結婚式に呼ばれなかった人への対応も重要です。

「私は仲良い友人だと思っていたのに…」なんて思ってしまう友人が中には出てくるなんてことも。

しっかりとした友人へのフォローが必要になってくることもあります。

 

少人数制の結婚式のメリットとデメリットまとめ

大人数しろ、少人数にしろどちらをとってもメリット、デメリットはあります。

重要なのは自分たちがどんな雰囲気の結婚式で、どの程度のゲストを呼びたいのかによって変わってきます。

世間が今少人数が増えつつあるとはいっても、自分たちにあった自分たちなりの結婚式をすることがなによりも大切になってきます。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください