夏の結婚式は非常識?おすすめのテーマと演出のアイディア

夏に結婚式を挙げたいけれど、非常識な式にならないためにはどうすればよいでしょうか?

暑い夏にゲストに快適に過ごしてもらう対策やおすすめのテーマや演出、日取りなど夏に結婚式を検討している人にぜひ読んでほしいトピックスです。

 

Contents

夏の結婚式は迷惑なのか?

ここ数年、夏は35度以上を超える日が続くなど厳しい暑さに見舞われています。

ちょっと外に出ただけでも汗が出てくる季節に結婚式を挙げるのは非常識だと思われないか気になるところですよね。

確かにこの時期は、猛暑や悪天候でゲストに迷惑がかかるという理由で避けられることが多い季節ですが、結婚式を諦める必要はありません。

ちょっとした心遣いやおもてなしでゲストへの迷惑を軽減することができますよ!

 

夏で一番人気の月は?

夏(6~8月)で一番人気の月は6月です。

梅雨で天候が不安定な季節ではありますが、過ごしやすい気温であることと、6月はジューンブライドで「6月に結婚式を挙げるとその新郎新婦は幸せになれる」という言い伝えから夏で一番人気の月になります♡

憧れのジューンブライド!雨の多い6月の結婚式は迷惑?費用は高い?おすすめのテーマや演出は?

2018年7月23日

 

夏の結婚式は安いって本当?

夏は暑さや梅雨や台風など気候が不安定であることから避けられることが多い月。結婚式場にとってはオフシーズンといわれる季節です。

そんなオフシーズンの時期にも結婚式を挙げてもらおうと、結婚式場によっては他の月よりも費用が安くなっていることが多く、費用以外でも演出やドレスが1着無料になるなどのキャンペーンを実施していることがあります。

 

夏の結婚式のメリット

費用が安い

上記の通り、オフシーズンである夏は他の月より費用が安くなっていることやキャンペーンが豪華になっている結婚式場があります。

ハネムーンの休みが取りやすい

ハネムーン用に長期休暇が取れない人も、8月であればお盆休み前に結婚式を挙げて、そのままお盆休みを利用してハネムーンに行くことができます。中にはお盆休みに新婚旅行のお休みを追加して、長期ハネムーンに行くカップルもいますよ♪

 

他の人の結婚式と日程がかぶりにくい

せっかくの結婚式。できるだけ多くのゲストに参加してほしいですよね。夏は一般的には避けられる季節なので、親戚や友達など他の人と日程がかぶりにくく、ゲストが他の結婚式に参加するため欠席になることが避けられます。

良い日取りが抑えやすい

オフシーズンはライバルが少なく、大安など良い日取りなどが抑えやすいのもメリットです。しかし、オフシーズンといっても結婚式を挙げるカップルは他にもいらっしゃるので、良い日取りは早めにおさえましょう。

より多くのウエディングドレスから選べる

レンタルのウエディングドレスは、挙式の1週間前に着用する新婦のサイズに調整し、挙式後はクリーニングをするため、結婚式の前後2週間ほどは他の人が着用できなくなります。

人気のシーズンは、たくさんのウエディングドレスが予約されるため、選べるドレスが限られてきますが、オフシーズンなら予約されているドレスも人気シーズンよりも少ないので、より多くのウエディングドレスから気に入ったドレスを選ぶことができます。

 

夏の結婚式のデメリット

悪天候や暑さなど過ごしにくい気候

夏の始まりである6月は梅雨、梅雨が明けた7月~8月は暑さが厳しくなってきます。

最近は、35度を超える猛暑が続いたり、7月や8月にも台風が発生したり、ゲストに会場まで移動する際に暑さや天候で迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

屋外の演出が制限される

夏は緑もいきいきしていてガーデンなど屋外での演出がとっても魅力的ですが、梅雨時期の雨や夕立などの悪天候や7~8月の猛暑によっては屋外の演出ができなくなってしまう可能性があります。

 

お盆がある

8月にはお盆があります。一般的にはお盆の期間はお祝いごとを避けるように言われています。また、お盆休みは旅行や帰省など予定が入っているゲストも多いので、お盆中の挙式は避けるようにしましょう。

7月の結婚式は暑いから非常識?ゲストに迷惑をかけないための対策とおすすめのテーマ

2018年7月31日

暑い8月の結婚式は迷惑?お盆は避けるべき?8月の結婚式はゲストへのおもてなしを。

2018年5月22日

 

ゲストへの夏の暑さ対策でおもてなし

暑い中出席してくれるゲスト。少しでも快適に結婚式の時間を過ごしてもらうためにおもてなしをしましょう!

結婚式場はアクセスが良い場所を!

夏は暑さや雨が気になる季節。駅から徒歩10分の結婚式場でも、式場に到着した頃には、暑さで汗だくになったり、雨でずぶ濡れになってしまいます。

結婚式場は、駅直結か、シャトルバスが運行している式場を選び、ゲストができるだけ野外を歩かなくて済むようにしましょう。

 

入口にうちわを用意する

式場の入り口や受付にうちわを用意し、ゲストが自由に使えるようにしましょう。

中には、うちわにオリジナルのデザインや名入れをしてくれる会社もあるので、オリジナルのうちわを作って配布するのもいいですね♪

 

男性はジャケットを脱いで良いことにする

夏にスーツのジャケットを着用するのはとっても暑いですが、結婚式では脱ぐのは…と暑いのを我慢している男性は少なくありません。

そんな時に、「ジャケットを脱いでOK」というアナウンスがあると、遠慮なくジャケットを脱ぐことができ、ゲストに快適に過ごしてもらえます。

司会の人にお願いするかウェルカムスピーチで、男性の方はスーツのジャケットを脱いでも良いことを伝えてあげましょう。

 

ナイトウェディングにする

昼間に比べて暑さがやわらぐ夜に結婚式を挙げるのもおすすめです。ナイトウェディングも挙げる場合は、翌日の仕事などゲストの予定も考えて日程を決めましょう。

 

化粧室に汗拭きシートを置く

結婚式場によっては、化粧室にゲストが自由に使用できるようにアイテムを置くことができます。メイク直しのグッズやウコンが置かれていたりしますが、そこに汗拭きシートを置いておくと、移動で汗をかいてしまったゲストもリフレッシュできますね。

また、夕方もまだまだ暑い季節なので、プチギフトに汗拭きシートをプレゼントするのもおすすめです♪

 

ウェルカムドリンクは必ず用意する

暑い中来てくれたゲストは喉がカラカラ!ウェルカムドリンクで喉を潤してもらいましょう。予算が厳しい場合は、ドリンクの種類を絞ってもよいのでウェルカムドリンクは必ず用意するようにしましょう。

 

屋外での演出を控える

夏の結婚式で一番やめてほしいのが、屋外での演出です。ブーケトスなど1演出だけなら…と思うところですが、1演出だけでもゲストは汗だくになってしまいます。

できるだけ屋外での演出は避け、どうしても屋外の演出を取り入れたい場合は、プランナーさんとできるだけ短時間で済ませられるように相談しましょう。

 

お料理やデザートにも涼しい工夫をする

冷静スープやアイスケーキなどお料理やデザートに冷たいものや見た目に涼しさを感じられるものを用意すれば、暑さも和らぎます。

デザートビュッフェにかき氷を用意できる結婚式場もあるので、何か納涼できるお料理やデザートはないかプランナーさんに確認してみましょう。

 

夏の結婚式におすすめの演出のアイディア

夏におすすめの衣装

夏のテーマカラーといえば、涼しげなブルーや、向日葵をイメージした黄色など元気なカラーもおすすめです。

 

View this post on Instagram

 

ドレスデザイナー 桃世さん(@momoyom)がシェアした投稿


ブルーは爽やかで涼しげな印象に♪


お花をあしらった大胆なドレスも夏らしくて素敵ですね♡

新郎にはブルーのタキシードもあります♡

 

View this post on Instagram

 

ルーブル・ブライダルサロンさん(@louvrebridalsalon)がシェアした投稿


蝶ネクタイなど1アイテムをドレスと同じ色にするだけで統一感が出てより素敵です☆

 

夏におすすめのブーケ

お花は、花言葉にも注目して選ぶとより思い入れのある素敵なブーケになりますよ♡

※()は花言葉

向日葵(私はあなただけを見つめる)

 

View this post on Instagram

 

madoka nakanoさん(@nakayan_y)がシェアした投稿

カラー(華麗なる美)

 

View this post on Instagram

 

nomigorokiuiさん(@nomigorokiui)がシェアした投稿

かすみ草(幸福)

 

View this post on Instagram

 

The 33 Sense of Weddingさん(@the_33_sense_of_wedding)がシェアした投稿

ラベンダー(幸せが来る)

 

 

View this post on Instagram

 

One Fine Dayさん(@onefinedaywedding)がシェアした投稿

ハイビスカス(繊細な美)

 

View this post on Instagram

 

フルールウルーズさん(@fleurs_heureuses)がシェアした投稿

あじさい(家族団らん)

 

View this post on Instagram

 

ゆみさん(@yumi_mame_)がシェアした投稿

 

夏におすすめのテーマ

季節のテーマやその月ならではのテーマを取り入れて、ゲストをお迎えしましょう。

向日葵を取り入れる

 

View this post on Instagram

 

deuxzero デゼーロさん(@deuxzero_kobe_wedding)がシェアした投稿

夏の花といえば、向日葵を思い浮かべる人も多いのでは?

向日葵に合わせて黄色をテーマカラーにすると、元気で明るい夏らしい印象になります。

  • 向日葵をあしらったペーパーアイテム
  • 向日葵のブーケ
  • 向日葵の装花
  • 向日葵を使用したケーキ

 

View this post on Instagram

 

【公式】アネーリ長岡さん(@anelli_nagaoka)がシェアした投稿

海やビーチをテーマにする

夏といえば、海!水色や青をテーマカラーにし、貝殻やビーチボールなどを飾ると夏らしい印象になります。
グラスサンドアートを席札などに活用するのもおしゃれですね♡

 

View this post on Instagram

 

Lua_moanaさん(@lua_moana)がシェアした投稿

プルメリアやハイビスカスなどを飾るとハワイなどリゾートウェディングのような印象を与えることもできますよ♪

 

その月のイベントを取り入れる

 

View this post on Instagram

 

アメイジンググレイス前橋さん(@amazinggrace.maebashi)がシェアした投稿

7月の七夕、8月の夏祭りなど、その月に行われるイベントをテーマに取り入れましょう。

 

View this post on Instagram

 

GMC中野さん(@gmc_nakano_wd)がシェアした投稿

 

夏の結婚式のおすすめの日取り

<2019年>

土日

  • 6月9日(日)大安
  • 6月15日(土)大安
  • 6月30日(日)友引
  • 7月14日(日)大安
  • 7月20日(土)大安
  • 8月11日(日)大安
  • 8月17日(土)大安

平日

  • 6月3日(月)大安
  • 6月21日(金)大安
  • 6月27日(木)大安
  • 7月8日(月)大安
  • 7月26日(金)大安
  • 8月5日(月)大安
  • 8月23日(金)大安
  • 8月29日(木)大安
<2020年>

土日

  • 6月14日(日)友引
  • 6月20日(土)友引
  • 6月21日(日)大安
  • 6月27日(土)大安
  • 7月12日(日)友引
  • 7月18日(土)友引
  • 7月26日(日)大安
  • 8月1日(土)大安
  • 8月23日(日)大安
  • 8月29日(土)大安

平日

  • 6月5日(金)大安
  • 6月11日(木)大安
  • 6月17日(水)大安
  • 7月3日(金)大安
  • 7月9日(木)大安
  • 7月15日(水)大安
  • 8月7日(金)大安
  • 8月13日(木)大安

いかがでしたか?

夏は暑さが心配な季節ではありますが、アイディア次第でゲストにも快適に出席してもらえます。他の季節より良い日取りを抑えやすく、費用も人気の季節より抑えることもできるので、実はとってもお得な季節です。

更に、結婚式場探しサービス「ハナユメ」で見学予約・ブライダルフェア予約すれば、 ハナユメ割”で結婚式の費用が最大で100万円以上お得なることも!

地域や予算の条件で探すことができるのはもちろん、「かわいい」や「ナチュラル」、「クラシカル」など式場のイメージで検索することもできるので、理想の結婚式場を見つけることができますよ♪素敵な結婚式をお得に挙げたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ハナユメのキャンペーンで商品券が最大4万円もらえる!

2017年12月18日

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪