和婚をしたいけど、神前式と人前式どっちがいいの?

どんな結婚式にしたいか思いをめぐらせるとき、日本の伝統的な和のイメージを取り入れた和婚もステキだと感じませんか?

挙式を白無垢や色打掛など日本人だからこそ似合う特別な衣装で行いと考えている方も多いでしょう。

しかし、和装での挙式がどんなものか具体的なイメージがわきにくいですよね。

どのような流れで行われるのかわからない。型にはまった儀式で自分たちの好みには合わせられないとお思いではありませんか?

和装での挙式は神社などで決められた流れにそって行う神前式と自分たちの好きなスタイルで行う人前式とがあります。和装での人前式も教会などでウェディングドレスを着て行う人前式と同じものです。

どちらがあなたの理想の結婚式にしっくりきますか。式のながれとメリットデメリットを紹介します。

日本古来のスタイルで厳かな雰囲気の神前式

神前式のながれ

  1. 参進の儀(さんしんのぎ)…「花嫁行列」とも呼ばれる。新郎新婦、両家の両親、親族の順に並んで歩く。
  2. 入場
  3. 修祓の儀(しゅばつのぎ)…身を清めるお祓いのこと。
  4. 祝詞奏上(のりとそうじょう)…祝詞とは神様に伝える言葉のこと。結婚を神様に報告し、幸せを祈る。
  5. 三献の儀(さんこんのぎ)…三々九度の盃。新郎新婦が大中小3つの盃でお神酒を三口で飲みほす。
  6. 誓詞奏上(せいしそうじょう)…新郎新婦が夫婦になる誓いの言葉を読む。
  7. 指輪の交換
  8. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)…玉串を神殿に捧げる儀式。玉串とは榊(さかき)という木の枝に紙で作る紙垂(しで)を結んで垂らしたもの。紙垂はお正月のしめ縄などにもついているじぐざぐの細長い紙のこと。
  9. 巫女の舞
  10. 親族盃の儀(しんぞくさかずきのぎ)…両家の結びつきを祝い、親族一同がお神酒を三口で飲み干す。
  11. 斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
  12. 退場

手順がたくさんあるので失敗したらどうしようと思うかもしれませんが、安心してください。

当日は介添という一つ一つの動きをサポートしてくれる人がついてくれるので全てを完璧に覚える必要はありません。

全体のながれを頭に入れて予習しておくくらいで大丈夫でしょう。

費用は、神社への謝礼として支払う玉串料が挙式代としてかかります。一般的に結婚式場で行う費用よりも安く済むとも言われています。

神前式のメリット

  • 日本の歴史ある場所で式を挙げることができる。
  • 観光スポットにもなっているため目立つ、他の観光客の方にお祝いしてもらえる。
  • 結婚式後も訪れることができ、ふたりの思い出の地になる。

神前式のデメリット

  • 友人を招待できない。
  • 移動手段を考えなければならない。

 

和の雰囲気と自分らしさを活かす人前式

人前式のながれ(一例)

  1. 入場
  2. 開式宣言
  3. 結婚の誓約
  4. 指輪の交換
  5. 三々九度
  6. 結婚証明書に署名
  7. 結婚成立宣言
  8. 結婚の承認
  9. 閉式の言葉
  10. 新郎新婦退場

人前式は結婚するふたりのアイデアを取り入れることができる式なので決まったながれはありません。

この例では神前式でも行われる三々九度を取り入れることでより和の雰囲気を演出しています。他にもフラワーシャワーを和紙で折った小さい折り鶴で折り鶴シャワーにしてみたり、和風のリングピローを使用するのもおすすめです。

費用は、式の内容にもよりますが一般的に神前式よりも安く抑えることができます。

 

人前式のメリット

  • 自分の好みやしたいことを式に取り入れることができる。
  • 和やかな雰囲気で式を行うことができ、親族だけでなく友人にも祝ってもらえる。
  • 場所を選ばず式を行うことができる。

人前式のデメリット

  • 神前式と比べるとくだけた印象になってしまう。

 

まとめ

どちらの式を選んでも、他にはない和の凛とした雰囲気で素敵な結婚式になるでしょう。

式を行う場所によってできる演出も変わってくるので、プランナーさんと相談して理想の結婚式を挙げてくださいね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪