結婚式に行くときの持ち物一覧。女性・男性ゲスト両方リストアップ

ゲストとして結婚式に出席する際、持ち物のチェックは欠かせませんね。

初めて参加する方はもちろん、何回も出席しているから大丈夫と思っていても、意外と見落としているものがあるかもしれません。

こちらの記事では、結婚式にゲストとして出席する際の持ち物を「必須アイテム」から「あれば便利」なものまでまとめました。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

Contents

ゲストとして参加/結婚式に絶対に忘れてはならない!男女共通基本アイテム

①ご祝儀または会費

結婚式では新しい生活をスタートさせる二人へのお祝いの気持ちを込めて、ご祝儀(お祝い金)を持っていきます。

結婚式用の「祝儀袋」に「新札」を用意して入れましょう。

祝儀袋を選ぶポイント

  • のしが付いている
  • 表書きに「寿」と書かれている(「御祝」は他の祝い事に使う表書きなのでNG)
  • 水切りは「結び切り」

親しい人に送る場合は表書きが英文のものや、カジュアルな今風の祝儀袋でもOKです。

金額は地方や新郎新婦との関係にもよりますが、基本的には縁起の良い数字にします。

  • 1万円、3万円、5万円、7万円など割り切れない奇数
  • 2万円は夫婦二人、ペアでお幸せにという意味があるので偶数でもOK
  • 8万円は末広がりの「八」なのでOK
  • 10万円は奇数の5万円が夫婦二人分ということでOK

4万円は「死」、9万円は「苦」を連想させるためNGです。

 

色々な種類の祝儀袋が販売されていますので、金額に相応しい祝儀袋を選びましょう。

祝儀袋は「袱紗(ふくさ)」に包んで持参しましょう。汚れや折れ曲りなどを防止できます。

北海道や青森の一部では披露宴でも会費制を取り入れています。

会費制の場合は、お金を祝儀袋や封筒に入れる必要はありません。

包んだままでお渡しすると、金額の確認をする際にかえって面倒になります。

おつりが出ないように、あらかじめ決められた額を財布に用意しておきましょう。

忘れないように、前日までに用意して、バッグや当日来て行くスーツのポケットに入れておきましょう。

万が一、忘れてしまった場合はコンビニなどで祝儀袋や筆ペンを購入して準備するか、現金が用意できない場合は正直に事情を説明し、後日お渡しするようにしましょう。

 

②招待状

招待状には会場の住所やアクセス方法、開始時間など、当日必要となる情報が全て書かれています。

道に迷ったり遅刻しそうな場合など、会場への連絡先がわからないと困ります。必ず持参しましょう。

招待状をなくしてしまった場合や忘れた場合は、返信はがきを出した後であれば友人に見せてもらうなどして対処し、返信はがきを出す前であれば事情を説明して、別のはがきで返信します。

 

③財布(現金、カード)

ご祝儀があれば財布はいらないかな?と思われがちですが、財布は持っていきましょう。

会場までの交通費や、結婚式と二次会の間にお茶をしたり、急に何かが足りない時にコンビニに寄ることもあるかもしれません。

いつものお財布がバッグに入らない場合は、ある程度の現金とカードを小さなポーチに移し替えていけばOKです。

 

④携帯電話・スマートフォン

常に持ち歩いているとは思いますが、携帯電話やスマートフォンも必ず持参しましょう。

乗り換え案内や友人との待ち合わせには欠かせませんね。

カメラ付きのものなら、デジタルカメラなどを持参しなくて済みます。

 

⑤ハンカチ、ティッシュ

こちらも普段から持つべきエチケットアイテムですが、結婚式では特に、涙を拭いたり、食事の際に何かと必要になるかと思います。

ハンカチは結婚式に相応しいデザインのものを選び、お化粧を触ることもあるので色は白ではない方が良いです。きちんとアイロンをかけて、用意しておきましょう。

ティッシュはかさばるかもしれませんが、少し多めに持って行くと安心です。

 

結婚式にあれば便利!男女共通応用アイテム

なるべく持ち物を少なくしたい結婚式。下記のものは、必須ではありませんが、困った時にあると便利なので、状況に応じて持参してください。

 

①デジタルカメラや一眼レフなどのカメラ、ビデオカメラ

最近の携帯電話やスマートフォンにはほとんどの製品にカメラが付いていますが、容量や機能的な問題で、写真はやはり専用のカメラがあった方が良いという方もいらっしゃると思います。

二度とない大切な一日なので、しっかりと記念撮影をしておきましょう。

 

②カメラや携帯電話などの充電器または予備のバッテリー

挙式から披露宴、二次会と、結婚式の一日は長丁場です。

充電がなくなってしまうことも考えられますので、充電器や予備バッテリーがあると安心です。

 

③二日酔い防止のドリンク

披露宴や二次会でお酒を飲む機会がたくさんありますので、飲み過ぎた時のために事前に用意しておくと良いでしょう。

 

④絆創膏

結婚式では普段履きなれない靴を履くため、靴擦れが起こりやすくなります。

普段ヒールを履きなれていない方や、男性でも普段スニーカーばかりで革靴は履かないという方はぜひ持参することをお勧めします。

あらかじめ靴擦れが起きそうな部分に予防として貼っておくのも良いです。

 

⑤エコバック

会場の装花や二次会の景品などがもらえた場合など、エコバックが一枚あると便利です。小さく折りたためるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

⑥ミント系タブレットなどのマウスケアアイテム

話す機会の多い結婚式では、食事後の口臭対策として持参しておくと安心ですね。

 

⑦ヘアワックスやスプレーなど

フォーマルな場ですので、髪型も普段とは違うヘアセットにして行かれると思います。

結婚式と二次会の間など、セットが崩れた場合にさっとなおせるアイテムがあると便利です。

 

⑧常備薬

頭痛薬や胃腸薬など。普段から病みやすい場合はもちろん、食べ過ぎ飲み過ぎで急に具合が悪くなることも。自分が使用しなくても周りの人に使ってもらって役立つこともあります。

 

⑨使い捨てカイロ、ストールなど防寒用品

冬はもちろん、冷え性の方は夏でもクーラーの効きすぎで寒くなってしまうことも。

ストールなどの布ものが一枚あると、膝にかけたり首に巻いたりと応用できて便利です。

 

⑩筆記用具

会場では演出の一環として新郎新婦宛にメッセージを書いたり、久々の友人と連絡先など交換したりと、何かと書く機会があるかもしれません。

また、御祝儀袋に記入漏れがある場合も。筆ペンなどが一本あると便利です。

 

 

結婚式にあると便利!女性のみ

①予備のストッキング

ストッキングはもともと破れやすいものです。当日はなれないアクセサリーやネイルで引っ掛けてしまい、伝線してしまうかもしれません。

近くで購入できる場所があるとも限りませんので、できれば持参しましょう。

 

②メイク道具、手鏡

感動のあまり涙するシーンも多いことでしょう。

いつものポーチごと持って行く必要はありません。メイク直しができる最低限のメイク道具は持参しておくと安心です。

 

③行き帰り用の靴や靴の中敷

会場ではフォーマルな装いが必須ですが、行き帰りまで高いヒールの靴だと疲れてしまうと思います。

行き帰りはヒールの低い靴を履き、会場でヒールの靴に履き替えると楽です。

また、ヒールの中にクッションとなるジェルパッドなどを貼っておくのも、疲れ防止対策になります。

 

 

荷物が増えてしまった!サブバッグはどうしたら良い?

女性の場合、身だしなみに気をつける小物が多く、上記のもの全て持参すると荷物が多くなってしまい、フォーマルバッグには入りきらないかと思います。

そんな時はフォーマルシーンでも使えるサブバッグを用意していきましょう。

たまに普段使いのカジュアルバッグやブランドロゴ入りの紙袋を持っている方を見かけますが、フォーマルな場にはふさわしくありません。

サブバッグは、光沢のあるサテンなどの生地で、色はベージュやグレー、ブラックなど、ドレスに合わせて選びましょう。

 

男性は荷物が少ない場合、結婚式に手ぶらで参加しても良い!?

女性と違って荷物の少ない男性は、ポケットに持ち物が全て入るため、手ぶらになることも。

男性の場合は結婚式に手ぶらで参加してもOKです。

ポケットに入りきらない場合はフォーマルシーンに合うクラッチバッグやセカンドバッグなど小さめのバッグを持って行くと良いでしょう。

 

 

両親(親族)として参加する場合の持ち物

ゲストではなく新郎新婦の両親(親族)として参加する場合は、ゲストをおもてなししたり、新郎新婦のサポートや挨拶など色々な役割がありますね。

両親(親族)として参加する場合の持ち物はこちらです。

 

①スピーチの原稿

一般的に新郎の父親が、披露宴の最後に両家代表として謝辞を行います。

その際のスピーチ原稿はあらかじめ用意し、忘れないように持参しましょう。

 

②主賓、仲人(晩酌人)、遠方からのゲスト、受付など手伝ってもらうゲストへの謝礼代や車代

謝礼や車代は、新郎新婦に代わって、ご両親が挨拶も兼ねてお渡しします。

主賓や仲人への謝礼は1万円、受付は3千円から5千円が一般的。

車代は交通費の半額~全額を、関係性などに応じてお渡ししましょう。

 

③結婚式の進行表や座席表

ご両親はゲストに挨拶まわりをする必要があります。

披露宴中は常に進行表を確認し、歓談の時間になったら座席表を見ながら一人一人ご挨拶しましょう。

 

 

遠方の結婚式に参加する場合の注意点は?

飛行機や新幹線で移動するほどの遠方での結婚式に参加する場合は、どのような注意が必要になるのでしょうか。

 

①スーツケースなど大きな荷物を持参する場合

前日にホテルなどに寄らず、当日会場に直接行く場合はスーツケースや大きめのカバンを持参することになりますね。

その場合は会場で受付をする前に、クロークに荷物を預けましょう。

パーティーの最中に使うバッグなどの持ち物は、あらかじめまとめておき、スーツケースの出しやすい場所に収納しておくと会場で焦らずに済みます。

 

②着替えが必要な場合

汚れ防止などの理由で、移動中は普段着で、会場でフォーマルな服装に着替えたい場合もあると思います。

あらかじめ会場に着替える場所があるかを確認し、できる場合は時間に余裕を持って到着するようにしましょう。

 

 

妊娠中や子連れで参加する場合の持ち物は?

妊娠中や子連れで参加の場合、一般的な持ち物にプラスして下記の物を用意して行くと良いでしょう。

①妊娠中の場合

  • 母子手帳
  • かかりつけ産婦人科の連絡先
  • 健康保険証
  • エチケット袋
  • ナプキン
  • マスク
  • 張り止めなど処方されている薬やサプリメント
  • 防寒用品
  • ローヒールの靴

 

②赤ちゃん連れの場合(0歳児~1歳くらい)

  • 粉ミルク
  • 授乳ケープ
  • 離乳食
  • 使い慣れたカトラリー
  • おやつ
  • ストローマグと飲み物
  • お手拭き
  • 食事エプロン、スタイ
  • オムツ、使用済みオムツ入れ
  • おしりふき
  • 着替え
  • タオルなど
  • 抱っこ紐
  • バギーやクーファンなど
  • ブランケット
  • おもちゃ、絵本など

 

③幼児連れの場合(1歳半~6歳くらい)

赤ちゃん連れの場合の持ち物と同じものを、必要に応じて持参します。

この年齢の子供はじっとしていられないので、

  • 塗り絵とクレヨンなどお絵かきグッズ
  • 折り紙
  • パズル
  • シールブック
  • 絵本

など、お助けグッズを多めに持参しましょう。

音がなったり、周りに迷惑がかからないようなもので、普段からよく遊んでいるおもちゃと、初めて見るおもちゃの両方があると良いです。

スマホやタブレットを使わせることは、スピーチ中などは特に子供であっても失礼に感じる方もいますので、できるだけ避けましょう。

 

 

まとめ

結婚式に参加する場合の持ち物をご紹介しました。

人それぞれ状況が違うと思いますので、ご自身に必要なものは何かをあらかじめ確認し、当日慌てることのないよう、前日までに必ず準備しておきましょう。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪