結婚式で失敗しない婚礼料理の選び方!試食会で見ておきたいポイントは?

結婚式を行う際、婚礼料理はとても重要なポイントです。

美味しかったかどうかが、そのまま結婚式の評価になってしまうと言っても過言ではありません。

新郎新婦のお二人も、ゲストの皆さんにぜひ美味しい料理を楽しんでいただきたいですよね。

こちらの記事では婚礼料理で失敗しないために、試食会でチェックしておきたいポイントなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

婚礼料理にはどんな料理の種類がある?

婚礼料理には、主に下記の料理が選ばれます。

  • フランス料理
  • 折衷料理
  • 日本料理
  • イタリア料理
  • 中国料理

中でも一番多いのはフランス料理。約半数のカップルが選んでいます。

次がフランス料理と日本料理を組み合わせた折衷料理で約3割、そのあとに日本料理、イタリア料理、その他の西洋料理、中国料理と続きます。

フランス料理は高級感があり婚礼料理にふさわしい豪華さがある反面、日本人にとって馴染みのないスタイルが高齢者にとっては受けが悪いといったデメリットも。

折衷料理は和洋の良いところを取り入れた料理です。ナイフとフォークだけでなくお箸で食べても良いという気軽さもあり、最近人気が高まっているそうです。

 

平均的な値段と品数は?

結婚式にかけられる費用やこだわりによって変わってきますが、一般的に婚礼料理にかける費用やひな数の平均は下記のとおりです。

  • ゲスト一人当たりの婚礼料理の平均費用は「15,000円」
  • 品数はフランス料理や折衷料理の場合「9品」

これは、デザートや食後のコーヒーなどの飲み物も含みます。

平均以下の品数だと、結婚式に回数多く出席している人にとっては少なめだなと感じるかもしれません。

品数が少ない場合は、その分しっかりとご満足いただけるように高級食材を多く使うなど内容を充実させましょう。

パスタなどのボリュームがあるメニューを含んだイタリア料理などは、品数が少なくても十分満足できるという場合もあります。

品数が多ければ良いというわけではありませんのでご注意ください。

 

フランス料理9品の内容の例

  • 前菜
  • サラダ
  • スープ
  • パン
  • 魚料理
  • お口直し
  • 肉料理
  • デザート
  • コーヒー

 

折衷料理9品の内容の例

  • 前菜
  • 椀物
  • お造り
  • 魚料理
  • お口直し
  • 肉料理
  • お食事
  • デザート
  • コーヒー

 

 

婚礼料理で失敗しないポイントは?

ゲスト目線で選ぶ

当日は、新郎新婦のお二人が婚礼料理を食べる時間はほとんどありません。

婚礼料理はゲストに振る舞うもの。お二人が美味しいと感じることは大前提ですが、ゲスト目線で選びましょう。

招待客の男女比や年齢層を考慮して、シェフやプランナーさんに相談すると良いと思います。

年齢層が上がるほど、量より質の傾向があります。

 

祝いの席にふさわしい料理を選ぶ

ゲストとしては、トリュフやフォアグラ、オマール海老など、結婚式でもないと食べられないような高級食材が出てくると嬉しいものです。

また、縁起の良い食材が使われていたり、見た目の華やかさなども重要です。

 

アレルギーや子供、妊婦、高齢者に配慮する

招待状を送る際に、アレルギーの有無や、その他食事に配慮が必要なことがある場合、書き添えてもらえるよう記載すると良いと思います。

念のため、個別対応が可能か会場に確認しておきましょう。

 

必ず試食をする

会場のオススメ品や、高いランクにしたからといって、ゲストが満足できるとは限りません。

メイン料理は特に、お肉の硬さやボリュームなど確認しておきたいところです。

有料であってもきちんと試食をして、自分たちの目と舌で確かめましょう。

 

 

婚礼料理の費用を安く押さえたい場合は?

できれば、婚礼料理は節約しない方が良いです。

節約の仕方はいくつかありますが、ゲストにもバレてしまうことが多いのと、婚礼料理の満足度が結婚式の満足度と比例してしまうためです。

どうしてもと言う場合は、前菜やスープなど、メインではない料理で調整するか、なるべくなら衣装代など婚礼料理以外の部分で節約するようにしましょう。

「お色直しを3回もやったのに、料理はイマイチだった」となると、自分たちだけにお金をかけたと思われて、その後の人間関係にも影響を及ぼす可能性があります。

ゲストも服装やヘアメイクなどにお金をかけて、さらにご祝儀や会費を払って参加してくれています。

その分美味しい料理でお返しするという気持ちで、おもてなししましょう。

 

 

ブライダルフェアの試食会には絶対行くべき!

最近では結婚式場のほとんどがブライダルフェアを開催しています。中でも、婚礼料理を試食できる試食会はほとんどのカップルが参加しています。

料理の味で式場を決めたというカップルも少なくありません。試食会にはぜひ参加して、味を確認してから式場を決定しましょう。

人気の会場はすぐに予約が埋まってしまう場合もあります。できれば結婚式の閑散期と呼ばれる、1、2月や8月ごろのフェアが比較的空いているためオススメです。

また、月に何回か行われるBIGブライダルフェアというものがあります。

通常のブライダルフェアよりも大規模で内容も充実していることが多いので、ぜひチェックしてみてください。

人気の会場で予約が取れない場合、「ハナユメのウェディングデスク」「ゼクシィ相談カウンター」などの結婚式場相談窓口から手配してもらうと予約が取れる場合もあります。

複数の会場予約を一括して代行してくれたり、割引などの特典もついてお得ですので、ぜひこういったサービスも利用してみましょう。

 

 

試食会に行くメリットは?

無料で試食ができる

一番のメリットは、基本無料で料理が食べられることでしょう。

内容は会場によって様々ですが、豪華な食材をつかった料理を少ない量でも味わうことができます。

有料の試食会でも、本番と同じフルコースが半額以下の値段で食べられる場合もあります。

 

 

試食以外にも、フェアのイベントを楽しめる

ブライダルフェアでは、試食会の他にも様々なイベントを行なっています。

照明の演出やムービーなどが見れたり、ウェディングドレスを試着できたりする場合もあります。

会場の装飾やフラワーアレンジなどもとても参考になりますよ。

 

良いデートになる

美味しい料理を食べながら、式場の見学や結婚式の相談ができるので一石二鳥です。

非日常的な空間で、普段のデートとは違った今までにない新鮮な気持ちで楽しめることと思います。

 

 

試食会はどのくらいの量が食べられる?

試食の量は会場によっても様々ですが、一般的には下記のようなスタイルがあります。

事前に会場で行われる試食会がどのようなスタイルなのかを確認しておくことをお勧めします。

 

ワンプレート型

実際に提供される料理が一口サイズで盛り合わせされたワンプレート。

無料の試食会ではこのスタイルが多いようです。

量は少ないものの、広くどんな味かを確認することができます。

色々なランクを食べ比べすることもできるのがいいですね。

 

ハーフコース

前菜、メイン、デザートなど、会場オススメのメニューだけを抜粋して提供されるコースです。

ワンプレート型よりしっかりと味わうことができるので、より参考になりますが、有料の場合が多いので確認が必要です。

 

フルコース

フルコースは実際の婚礼料理を1人前全て食べることができますので、しっかりと全品確かめることができます。

有料の場合でも、通常より安いお値段で提供されることがほとんどですので、デートがてら参加するのもお勧めです。

無料のフルコース試食会は人気ですぐに予約が埋まってしまうようなので、予約の際はお早目に。

お二人で行かれた場合は、二人が違うランクのコースを頼んで、二種類確認するのも良いでしょう。

 

デザートのみ

稀ではありますが、規模の小さめな試食会ではデザートのみ振舞われるという場合もあるそうです。

デザート重視の方は必見ですね。

 

 

試食会で要チェックなポイント

試食会は料理を楽しむだけでなく、ゲストをもてなす婚礼料理としてふさわしいか、よくチェックしなければなりません。

下記のポイントを押さえておきましょう。

味付け 美味しくいただける味付けとなっているか、お二人が美味しいと思えることはもちろん、ゲストのことも配慮しながら確認。
食材 高級な食材が使われているか、また、地元食材やオーガニック野菜を使うなど、食材へのこだわりがある会場がオススメです。
見た目 盛り付けが美しく、婚礼料理らしい華やかさがあるか、食器やカトラリーは綺麗かなども確認。
ボリューム感 メイン料理の大きさ、物足りなさがないかなど。男女でも違いがありますので、お二人でよく確認しあってください。
演出 調理パフォーマンスや、シェフによる説明などゲストが喜ぶ演出があるか。
タイミング 温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちに提供されているか、スタッフがお皿を下げるタイムングはベストか。
ドリンク お酒のラインナップは内容が充実しているか。ランクによって違う場合はどこまでが見積もり金額に含まれるのかなど。
アレルギーの対応 個別でアレルギーに対応したメニューが提供できるか。
オリジナルメニューの対応 お二人に何かゆかりのあるオリジナルメニューを考えている場合は、可能かどうかこの機会に聞いておきましょう。
お子様や高齢者メニューの対応 小さなお子様や高齢者の方には食べやすいメニューを別途用意してもらえるかどうか、また費用はどのくらいか。
費用 様々なことを考慮しながら、金額と内容の釣り合いが取れているか。
パッッケージプランの場合、別途発生するものがないかをよく確認しましょう。

 

 

試食会に参加する際のQ&A

試食会に参加する際の疑問と答えを下記にまとめました。

 

試食会には誰と行く?

男性にとっては量が物足りない、女性からするとデザートのラインナップがイマイチなど、男女それぞれの視点からチェックできますので、できるだけ新郎新婦となるお二人で参加してください。お一人での参加はNGの場合もあります。両親などその他家族や友達との参加も、OKな会場とそうでない場合がありますので会場に確認を。

 

試食会は有料?無料?

有料の試食会と無料の試食会があります。基本は無料の試食会が多いですが、会場によって違いますのでよく確認してください。

 

どんな服装で行けばいいの?

普段デートをする時と同じでOKです。ドレスなどの試着を予定している場合は脱着しやすい服装が良いでしょう。あまりにもカジュアルすぎる格好(露出が多すぎる、ダメージジーンズなど)は避けた方が無難です。

 

 

試食会に参加する場合は結婚情報サイトからの申し込みがお得!

試食会へ参加しようと決まったら、まずは予約が必要となります。

その際、会場に直接申し込むのではなく、ゼクシィやハナユメなどといった結婚情報サイトから申し込むことをおすすめします。

結婚情報サイトでは、常に何かしらのキャンペーンを行なっています。サイトを経由して申し込んだだけで商品券がプレゼントされたり、正式に契約が決まった場合は大きな割引があったりと嬉しいことずくめです。

申し込み方法はサイトのフォームにそって必要事項を入力するだけのとても簡単なものなので、ぜひこの機会に特典をゲットしてください。

 

婚礼料理を決める際に大切なこと

いかがでしたか。

婚礼料理で失敗しないためには、

  1. 試食会に参加して、しっかりと料理の確認をしてから会場を決める
  2. 料理の内容はゲストに配慮して、お祝いの席にふさわしく、誰かが残念な思いをしないような内容にする

この二つが重要かと思います。

美味しい婚礼料理を選んで、ゲストにも心から楽しんでもらえる良い結婚式になるといいですね。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪