披露宴なし、挙式のみの結婚式をする場合の費用や流れはどうなる?

最近では結婚式のスタイルは様々で、披露宴は行わずに挙式のみという選択をするカップルも増えてきました。

こちらの記事では、挙式のみ行う場合の費用や流れ、メリット・デメリットなどをまとめています。

 

挙式のみの場合、費用はどれくらい?

披露宴を行わずに挙式のみの場合、10万円未満で済む場合がほとんどですが、選ぶ衣装や、挙式後に会食などを行うか行わないかによっても大きく変わります。

しかし、挙式と披露宴の場合は平均350万円ほどかかるので、挙式のみの場合は大幅に予算をおさえることができると言えるでしょう。

衣装代も、中古品を安く購入したり、ヘアメイクなどご自身で行うなど工夫すれば、もっと節約ができそうです。

 

 

挙式のみの場合の内容は?

多くの人が、結婚式場であらかじめ用意されている「挙式のみのプラン」を利用しています。会場によって内容が違うので、プランの中に何が含まれていて、何が含まれていないのか、きちんと確認しましょう。

足りないものがあれば、オプションでつけることもできます。挙式スタイルによっても含まれるものが違います。

キリスト教式(教会式)の場合

  • 挙式料(音楽も含む)
  • 衣装代(ウェディングドレス、タキシード)
  • ブーケ、ブートニア
  • アフターセレモニー(フラワーシャワーなど)
  • 美容着付け
  • 写真撮影
  • 招待状

 

神前式の場合

  • 初穂料
  • 衣装代(白無垢、紋付袴)
  • 美容着付け
  • 移動代
  • 写真撮影
  • 招待状

 

 

挙式のみの場合のメリット

①費用を抑えることができる

披露宴を行わないため、上記でもご紹介した通り、大幅に費用を抑えることができます。

その分、ハネムーンや新生活にお金をかけることも可能ですね。

 

②時間がないカップルでもOK

挙式と披露宴の一般的な結婚式を行なった場合、ゲストをお招きする準備、演出を考えたりアイテムを用意する時間など、やらなければならないことが盛りだくさんです。

挙式のみであれば、忙しいお二人でも一般的な披露宴より時間を節約することができます。

授かり婚や転勤前で急いでいる場合などでも、挙式のみなら負担も少なく済みますね。

 

③ウェディングドレスが着れる、両親に晴れ姿を見せることができる

挙式も披露宴も行わない「ナシ婚」を選択するカップルもいますが、やはりご両親や親族にとっては「何も無し」は寂しく感じるかも知れません。

また本人も、憧れのウェディングドレスを一度は着てみたいという願望がある場合も。

挙式のみであれば、費用はそこまでかけずに、晴れ姿を両親や親族に見てもらうことができますし、写真もしっかりと残すことができます。

 

④ゲストの負担が少ない

一般的な結婚式ではゲストがご祝儀を用意して出席しますよね。

友人であれば3万円、親族の場合はそれ以上が相場ですが、挙式のみの場合は最初からご祝儀を辞退するか、いただくとしても1万円位が相場のため、ゲストの負担が少なくて済みます。

 

⑤親族への紹介、けじめをつけることができる

挙式も披露宴も行わない場合は、結婚報告の挨拶に親族のお宅に一軒一軒回らなければならない可能性も出てきます。

その点、挙式だけでも行えば、一度でパートナーの紹介が済みますし、けじめをつけたことにもなります。

 

挙式のみの場合のデメリット

①後悔する可能性も

披露宴はやりたくない、という場合はいいのですが、本当はやりたかったけど金銭的な問題で披露宴をあきらめるという場合は、後々になって、やはり披露宴もやっておけばよかったと思う可能性もあります。

最近では結婚式場検索サイトでお得に結婚式を挙げられるプランがたくさんありますし、日取り次第では半額となることもあるようです。

少しでも気になる場合、あらためてお二人で相談するのが良いでしょう。

 

②招待しなかった人との関係性に注意

挙式には誰でも招待することができますが、挙式のみを選択した場合の招待するゲスト人数は10人未満というカップルがほとんど。

予算の関係で挙式のみ親族だけで行うなどと、事前にきちんと周囲に報告しておかないと、「仲良しだと思っていたのに結婚式に呼ばれなかった」と誤解を招きかねません。

招待できない友人や会社関係者などには、しっかりと説明しておきましょう。

 

③プランをよく確認しないと後悔することも

挙式のみのプランには、最低限しか含まれていない場合も多く、よく吟味せずに選んでしまって後々追加料金が発生してしまったというケースもあります。

事前にしっかり確認し、自分たちにとって必要なものがちゃんと含まれているか確認しましょう。

 

 

挙式のみの場合のマナーは?

挙式のみの場合でも、マナーはきちんと抑えておきましょう。

 

①ご祝儀は?

挙式のみの場合、お料理や引き出物がないため、ご祝儀は辞退するのがベターです。

ただし、過去に相手の結婚式に参加した場合や、これから参加する場合などは、相手にかえって気をつかわせてしまう可能性がありますので、辞退した上でどうしてもということならば、快く頂戴し、後日内祝いを贈りましょう。

挙式後に会食を行う場合は、会費制にしても良いでしょう。

 

②招待状は送る?

招待状は必須ではありませんが、あると時間や場所が正確に伝わるので、できれば用意しましょう。

文面には下記の内容を含めると良いでしょう。

  • 披露宴は行わないという旨
  • 当日の服装について、平服でお越しくださいなど
  • ご祝儀はいただかない旨、会費制の場合は金額など

 

③引き出物は?

挙式のみであれば、ご祝儀もいただかないので引き出物は必要ありません。

それでも何か気持ちだけでも、という場合は、少額のプチギフトをお配りしてはいかがでしょうか。

 

 

挙式のみの場合 当日までの流れ

挙式のみの場合、基本的な流れはこちら

①招待する人を決める

まずは招待客のリストアップから始めると後の流れがスムーズになります。

正確な人数でなくても良いので、会場を決める前に大体何人くらいになるかリストアップしておきましょう。

 

②式場、プラン、日取りを決める

会場によって様々なプランがあります。また、一つの会場でも写真撮影付き、食事会付きなどいくつも種類がある場合も。

お二人の理想にあった挙式ができるかもよく見極め、挙式のみでもきちんと対応してくれる会場を選びましょう。

 

③衣装などを決める

会場とプランが決まったら、衣装はどうするか、ヘアメイクはどうするかなど細かい点を決めていきます。

ギリギリでは希望のドレスが予約済みで選べないという場合もあるので、余裕を持って決めておきましょう。

 

④結婚指輪の準備をしておく

当日は結婚指輪の交換をしますので、こちらも時間に余裕を持ってご準備を。

 

⑤会食をする場合はセッティング

挙式後に食事会をする場合はお店の予約やコースを選ぶなどセッティングをしておきましょう。

 

⑥招待状を発送、人数の確定

招待状を送る前に、電話などで結婚式を行うため招待状を送りたいという連絡をします。

披露宴は行わず、挙式のみということをきちんと伝えておきましょう。

また、ご祝儀は必要ない旨と、会食を予定している場合はその旨も伝えましょう。

全員から招待状の返信が来たら、人数の確定となります。

 

⑦プチギフト、挨拶の準備

前日までに、プチギフトの準備や、会食で挨拶をする場合は内容を考えておきましょう。

 

⑧挙式当日

結婚式当日はなるべく余裕をもって会場へ向かいましょう。

タクシーの予約などをあらかじめしておくと安心ですね。

 

 

挙式のみを選択することは非常識ではない

挙式のみの結婚式は、意外にもメリットがたくさんあることがわかりました。

披露宴なしでも十分だけど、周りの目が気になるという方もいるかも知れませんが、挙式のみが非常識というわけではありませんので安心してください。

披露宴がなくても、筋を通しておきたい人だけでも挙式に招待すれば、きちんとパートナーを紹介できます。

最近では全体の一割程度のカップルが挙式のみを選択しているそうです。

もちろん、地域や個人の考え方によっては、きちんとお披露目しないと!と感じる方もいるかも知れません。

二人だけで決めずに、まずはご両親に問題がないか相談すると良いでしょう。

後悔のないよう、よく検討して、素敵な結婚式を挙げて下さい♪

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪