結婚式の余興のポイント!依頼する時期とメール文例

1.5次会お披露目ウエディングパーティー

結婚式の披露宴を盛り上げる『余興』。見たことはあっても企画したことがないという方も多いのではないでしょうか?

余興はゲストの満足度を左右する大事なプログラムです。

「楽しかった!」と喜んでもらえる、準備期間やゲストの顔ぶれに合った余興のアイディアをご紹介します。

また、余興を依頼するとき・依頼されたときに注意したいポイントも事前にチェックしておきましょう。

 

Contents

結婚式の余興とは?

余興とは、『余り』の時間を『興じる』ための、つまり盛り上げるための出し物や演出のことを指します。

結婚式においては、披露宴中にゲストやゲストと新郎新婦が行う出し物・演出を指します。

披露宴は2〜3時間の尺で行われるため、歓談の最中に複数余興を行うのが一般的です。

 

結婚式に余興は必要?

結婚式場との打ち合わせでは、一般的な披露宴の流れをもとに細かい演出や装飾を詰めていきます。その中に余興が含まれていますが、必ず実施しなければいけないわけではありません。

少人数でアットホームな雰囲気を重視した披露宴やパーティーでは、ケーキカットなどの主たるプログラム以外は決めずに、ゲストとのふれあいを楽しむ時間とする場合もあります。

しかし、ケーキカットなどの王道プログラム以外で、ほかの結婚式にはない個性を演出できるのが余興です。披露宴のコンセプトや新郎新婦の色に合う余興のアイディアを探してみましょう。

 

結婚式の余興の種類・定番

余興の種類には以下のようなものがあります。ただし特に決まりはなく新郎新婦や結婚式場との打ち合わせで適したものを企画していくので、これに限ったことではありません。

 

スピーチ

主賓のスピーチや締めのスピーチのほかに、親しい友人やお世話になった方にスピーチをお願いするカップルもいます。余興とはわけて考えられることも多いです。

 

歌や楽器演奏

バンド演奏や弾き語りなど、本人や友人に得意な人がいればぜひお願いしたいですね。楽器の持ち込みや音源については結婚式場のルールを確認しましょう。

 

ダンス

こちらも得意な人にお願いしたり、苦手であっても主役の新郎新婦が挑戦すれば盛り上がること間違いなしです。突然踊り出すフラッシュモブの演出も人気です。

 

寸劇やネタ

流行りの芸人のネタのオマージュやテーマに沿った寸劇などもおすすめです。映像と掛け合わせて音楽を上手に使うとさらに盛り上がること間違いなしです。

 

映像演出

映像での余興は、ゲストの写真や過去の動画、メッセージ動画などを用いたものが人気です。

 

クイズやゲーム

会場全体で楽しめる参加型のクイズやゲームも盛り上がります。食事のペースを考えてプログラムを組む必要があります。

では続いて具体的な余興のアイディアをご紹介します。

 

人気アイディア8選

先輩カップルたちの結婚式を参考に、盛り上がる人気の余興アイディアをご紹介します。

スケッチブックリレー

1冊のスケッチブックを使い新郎新婦の友人たちがお祝いのメッセージを伝えていくというものです。

披露宴に出席できなかった人にも参加してもらえるメリットがあります。新郎から新婦、または新婦から新郎へのサプライズで実施するカップルもいるようです。

家族や両親からのメッセージ

友人だけでなく、家族からのメッセージをサプライズで届ける余興もあります。

面と向かって気持ちを伝えることが少ない家族だからこそ、温かい言葉が響きます。遠方で出席できなかった家族にお願いしてもいいですね。

 

花嫁当てゲーム

新郎に目隠しをしてもらい、手を握る、ほっぺへのキスなどで誰が花嫁かを当ててもらうゲームです。

正解の花嫁以外のダミーには、新郎の両親やきょうだい、新郎と仲良しの男性の友人などがいると盛り上がりますよ。

また新郎に関する質問に声を変えて答えてもらって当てるという方法もあります。

正解すればご褒美のキスを、不正解なら…と罰ゲームを用意してもいいですね。

 

有名映画のパロディで映像演出

ある映画の音楽や演出を真似た映像の余興も面白いですね。こちらの映像では1人ずつのカットも多く、メンバーが集まれなくても実施可能なアイディアとなっています。

流行りの映画や誰もが知る有名映画を用いると盛り上がるでしょう。

 

映像とダンスのコラボレーション

こちらは老若男女が知るマイケル・ジャクソンをテーマに、上手に映像とダンスを組み合わせています。

余興において重要な掴みが大成功していますね。衣装も手を抜かずバッチリ決まっています。

 

オタ芸

こちらはオタ芸と呼ばれるサイリウムを用いたダンスパフォーマンスです。

一般のダンスと違いシンプルな動作の繰り返しが多く華やかさもありおすすめです。

 

クイズ

全員参加型や新郎新婦に参加してもらってのクイズは準備期間が短くても実施できる余興です。

「ふたりが初めて出会ったのは?」「一番最近の喧嘩の理由は?」などふたりに絡めた設問にしたり、人気クイズ番組のような一般知識を問う難しい設問にしたりとやり方は様々です。

設問は読み上げるだけでなくパワーポイント等で作成しスクリーンに映し出すといいでしょう。

 

フラッシュモブ

根強い人気なのがフラッシュモブ。特にダンサーが突然踊り出しどんどん増えていき最後には新郎新婦も…という演出は最後までわくわくが止まりません。

こちらは新郎新婦からゲストに向けてのフラッシュモブですね。

私も友人の協力を得てフラッシュモブを実施しましたよ♩

これらの余興を、新郎新婦主導ではなくゲストにお願いする場合は、誰に依頼するかも早めに考えておく必要があります。

 

 

余興の担当の考え方

余興を誰に依頼するかも、特に決まりはありません。余興が担う役割や、どんな雰囲気にしたいかなどを考慮して考えましょう。

依頼する人は、

  • 友人
  • 先輩・後輩
  • 家族・きょうだい
  • 派遣などのプロ

などがあります。ほかに

  • 新郎新婦本人が行う
  • ゲストの中から立候補してもらう

という場合もあります。

では、本人以外に依頼する際にどんなことに気をつければよいのでしょうか。

 

 

余興を依頼するときに気をつけるポイントとメール例文

余興と言っても、披露宴中のひとつのプログラムを作ることになるのでかなりの負担を要します。

引き受けてもらって当たり前と思わず、相手の意思を尊重しつつ丁寧に依頼をするようにしましょう。依頼するときに気をつけたいポイントをご紹介します。

できるだけ直接依頼する

大事なお願いなので、できるだけ直接、直接が難しい場合は電話で依頼をしましょう。

 

メールやLINEで依頼する際の例文

やむを得ずメールやLINEで依頼する際は、友人でも丁寧に、わかりやすく伝えることが大切です。

また「お願いします」と一方的に押し付けずに返事を聞くようにしましょう。

〈依頼文の例〉

こんにちは。
披露宴に関しまして1点お願いがありご連絡しました。
歓談の合間に5〜10分程度の余興をお願いしたいと考えております。
準備にかかる費用は私どもで負担いたします。

お忙しいとは思いますが、○日までにお返事をいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

 

いつまでに依頼する?

余興をすることが決まり、依頼したい人が決まったらできるだけ早く依頼しましょう。

可能なら2ヶ月、短くても1ヶ月以上準備ができるとよいでしょう。

 

新郎側・新婦側の両方に頼む

絶対のルールではありませんが、プログラムに余裕があるなら新郎側・新婦側両方のゲストに余興を頼みましょう。

余興に参加しないゲストも、知っている人や同じ新郎・新婦と繋がりがある人の余興のほうが親しみやすいでしょう。

新郎側・新婦側別々でも構いませんし、事前に顔合わせや打ち合わせができるのであれば合同でひとつの余興としても構いません。

 

内容がかぶらないように調整する

新郎側・新婦側など複数の余興を実施する場合は、それぞれの内容がかぶらないように調整が必要です。

映像、ダンスなどの余興の種類に加え、BGMなどに使う曲についても注意しましょう。

 

持ち時間などの詳細を伝えておく

一から内容を考えるとなると、詳細な条件がわかっているとスムーズに企画することができます。

持ち時間、実施のスペース、プロジェクターや音響などの機器、BGMの規定、準備物の費用負担など、式場のルールも確認しながら明確に伝えておきましょう。

 

連絡をとる式場スタッフを紹介しておく

余興の準備を進めていくと確認したいことや式場に伝えておきたいことが出てくるかと思います。

毎回新郎新婦を経由してもよいですが、直接式場と連絡をとれればスムーズです。

担当のプランナーなど代表スタッフの連絡先を共有し、当該スタッフにも余興担当者の名前と連絡があるかもしれない旨を伝えておきましょう。

 

景品など準備にかかる費用の負担を明確にしておく

ゲームの景品や小道具など、生じる費用を誰が負担するのかも事前に決めておきましょう。

余興の内容を指定している場合や景品を出してほしいとお願いしている場合は原則新郎新婦で負担しましょう。

それ以外についても新郎新婦が負担できる予算を伝えるなどしてできるだけ余興担当のゲストに負担をかけないようにしましょう。

 

 

余興を頼まれて困ったこと

しっかり配慮して依頼したつもりでも、頼まれた方が困ってしまうこともあります。

実際に余興を頼まれた経験がある方の声をご紹介します。

何をしたらいいかわからない

圧倒的に多い「困った!」の声が内容に関してです。「何かしてほしい」とだけ頼まれると検討材料もなく立ち往生してしまいがちです。好きなものやゲストの好みなど少しでも情報は多い方がいいですね。

 

メンバーが集まれない

何人かでやってほしいと依頼されたものの、メンバーがそろう日がない…という「困った!」も。先ほどの余興アイディアにあるように、メンバーが集まれなくてもできる映像などの内容を考えたいですね。

 

メンバーが仲良くない

新郎側・新婦側合同でしてほしいという依頼の場合に生じる「困った!」です。一緒にやるにもお互いのことを知らないと意見を出しにくいですよね。事前に打ち解けられるよう新郎新婦を交えての顔合わせの機会があるとよいでしょう。

 

当日まで時間がない

急な依頼で準備時間が少なく「困った!」という声も。依頼はできるだけ早く、遅くても1ヶ月前には返事をもらうようにしましょう。

 

 

余興を担当してもらったらお礼を

慣れないことで上記のような悩みを伴うものです。余興を引き受けてもらったら、言葉だけでなく何らかのお礼を用意するようにしましょう。

お礼の内容

お礼の内容は、その人に感謝が伝わるものを選びましょう。例として

  • 謝礼
  • プレゼント
  • 2次会に招待し会費を免除

などの方法があります。

 

お礼の相場

余興内容の負担に合わせて

  • スピーチや簡単な余興:3000〜5000円
  • 楽器演奏など練習が必要な余興:5000〜1万円程度

となっています。品物で用意する場合も相応のものを選びましょう。

 

お礼に人気のプレゼント

現金ではなく品物を渡す場合は、余裕があればゲストごとに品物を選ぶと喜ばれます。

人気の品物には

  • 図書カード
  • ギフト券
  • カフェやレストランなどの食事券
  • 好みの食品や飲み物、ビールなど
  • コスメや石鹸などの消耗品
  • カタログギフト

などがあります。

 

お礼の渡し方

謝礼やプレゼントの渡し方には

  • 披露宴の受付で渡す
  • 披露宴や2次会中に直接渡す
  • 後日お礼の食事会を開いて渡す

などがあります。

謝礼であれば受付にお願いしてもスムーズですが、品物や中身の違うものを頼むと受付の係の負担が増えることになります。

また依頼した新郎新婦から挨拶をかねて直接渡すとより気持ちが伝わるので、機会があれば顔を合わせて渡すようにしましょう。

 

エンドロールでも感謝を

上記のお礼に加えプラスαで、エンディングムービーのエンドロールに名前を載せるのもおすすめです。ふたりの結婚式の一部を担ったんだと嬉しくなります。

 

余興を頼まれたときに気をつけるポイント

次に、余興をしてほしいと頼まれたときに気をつけたいことをご紹介します。披露宴に来るゲストの満足度にも関わる大事な役どころなので、中途半端にならないように以下のポイントに注意しましょう。

 

時間などの条件を守る

あれもこれもとしたいことを詰め込むのではなく、あらかじめ提示された条件内で企画しましょう。余興のあとには花嫁からの手紙などの大きなプログラムが控えていることもあります。披露宴全体の流れを損なわないように意識しましょう。

 

内輪ネタはNG

余興をする本人とわかる人には面白いですが、そのほかのゲストが最も興ざめしてしまうのが内輪ネタです。新郎新婦を楽しませるのはもちろんですが、新郎新婦の大切なゲストも楽しませることを意識して内容を検討しましょう。

 

練習をしっかりして堂々と実施する

突然余興を頼まれて、緊張したり自信がなかったりするかもしれませんが、恥ずかしがって中途半端になってしまうのが一番恥ずかしいと思いましょう。やるからにはしっかり練習して、自信を持って堂々と取り組んでください。上手い下手に関わらず、一生懸命であれば見る人にも伝わります。

 

無理はしない

とは言っても、準備にかけられる時間も限られているので無理はしないようにしましょう。披露宴当日に間に合うような内容とスケジュールを考えましょう。

 

下品なことはしない

親しいメンバーだけのパーティーではなく、新郎新婦のお披露目の場であり親族や上司の方も出席しているので、決して下品なことはしないようにしましょう。何年もあとに動画や写真で振り返っても恥ずかしくない内容を選びましょう。

 

ゲストの顔ぶれも意識する

披露宴やパーティーの規模により出席する親族の人数や幅が異なります。新郎新婦の祖父母など年配のゲストがいる場合は最近の流行りのネタなど楽しみきれないものもあるかもしれません。また、年配の方や妊婦がいる場合、参加型の余興では配慮が必要です。起立や移動が必要な場合、負担がかからないように会場のスタッフとも連携して対応を考えておきましょう。

 

 

まとめ

友人として、家族として、同僚として、結婚式・披露宴に出席して「楽しかった!」と思えるのはどのような結婚式でしょうか。

新郎新婦にとって一生に一度の幸せな場にふさわしい、余興をプレゼントしたいですね。

決して無理をせず、楽しみながら準備ができるよう周りのメンバーと協力して成功を目指しましょう♩

 

 

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪
1.5次会お披露目ウエディングパーティー