ウェディングのウェルカムボードを手作りしよう♪簡単作り方まとめ

結婚式では手作りのアイテムが何か一つでもあると、お二人らしさがより演出できます。

中でも、「ウェルカムボード」は、DIYをしたことがない方でも、簡単に作ることができるオススメのアイテムです。

こちらの記事では、ウェルカムボードを手作りしよう!とお考えの方に向けて作り方の手順から、様々なアイディアまでまとめました。

ぜひこちらを参考にして、素敵なウェルカムボードを作ってください。

 

ウェルカムボードは結婚式の必須アイテム

ウェルカムボードは、披露宴会場のウェルカムスペースで、ゲストをお迎えする大切な目印です。

こうでなくてはならないという決まりはなく、お二人の似顔絵であったり、写真のコラージュであったり、スタイルは人それぞれ。

ウェルカムボードが結婚式の雰囲気を表すといっても過言ではありません。

ぜひお二人で協力してオリジナリティあふれるウェルカムボードを作ってみましょう!

 

 

ウェルカムボードの基本的な作り方手順

①デザインを考える

まずはまっさらな紙とペンを用意します。どんなテイストにしたいか、お二人で意見を出し合い、書き出してみましょう。

イメージがわかない場合は、ネットなどで制作事例をたくさん見てみましょう。

だんだんと「こんな感じがいいなー」と絞れてくると思います。

お二人の趣味に関係するものや、思い出の品を取り入れるのも良いでしょう。

また、結婚式のテイストと合わせることも大切です。

会場の雰囲気や、ドレスの色などを考慮して検討しましょう。

 

②予算決め

手作りの良さは、やはり費用が安く押さえられるというところではないでしょうか。

材料は100円均やホームセンターなどでも十分に揃いますので、内容にもよりますが数千円でも立派なウェルカムボードが出来上がると思います。

業者や結婚式場に発注した場合は、2万円程度かかるようです。

手作りの場合は、こだわり具合によって金額が調整できるのも魅力ですね。

 

③スケジュールを考える

結婚式前はやることが盛りだくさん!きちんとスケジュールを立てて物事を進めていかないと、後になって「間に合わない!」と慌てるハメになることも。

特に手作りする場合は失敗したり思うようにいかないこともありますので、余裕を持ったスケジュールを考えておきたいところです。

平均的には一週間くらいで制作できたカップルが多いようです。作る内容によって制作期間を考えましょう。

 

④置き場所の確認とサイズの確認

会場のどのあたりにウェルカムボードが置かれるのか、プランナーさんに確認しましょう。

だいたいが披露宴会場の入り口入ってすぐのあたりや、受付の横になります。

ほとんどの会場で、イーゼル(ボードを飾る台)やテーブルを貸してくれます。

どれくらいの大きさがちょうど良いのか、きちんとサイズを計っておきましょう。

サイズ感の目安は下記の通りです。

  • 受付の横に置く場合…A4サイズ以上
  • 受付のテーブルに置く場合… B5~A4サイズ
  • 会場の入り口…A2サイズ以上

額に入れたり、飾りをつけたりすることでボリュームが変わってきますので、ちょうど良いサイズ感になるよう工夫してみましょう。

 

⑤記載する文字やメッセージを考える

一般的には、

  • お二人の名前
  • 日付
  • ゲストへのメッセージ

を記載する方が多いようです。

よく使われるメッセージはこちら

  • Welcome to our wedding (私たちの結婚式にようこそ)
  • Thanks always as ever(今までもこれからも感謝)
  • Thank you for coming today(来てくれてありがとう)

 

⑥素材を集める

基本的に必要な素材はこちら

  • 土台となるフレーム、額縁、キャンパスなど
  • 装飾に使う写真、造花、リボンなど
  • グルーガンなど制作に使う道具

材料や道具はユザワヤなどの手芸店、ホームセンター、100均などで購入可能。

メルカリやヤフオクなどネットでも安く購入することができます。

メッセージを手書きではなくパソコンから印刷する場合は無料で便利なテンプレートがダウンロードできるので、活用しましょう。

 

⑦実際にウェルカムボードを制作する

いよいよ制作開始です。

デザインによって作り方は様々ですが、一つ言えるのは、「いきなり切ったり貼ったりしないこと」ですね。

似顔絵を描く場合も、当然下書きをしますよね。

同じように、写真のコラージュや文字を配置する場合も、ぶっつけ本番は危険です。

失敗した場合に後戻りができなくなりますので、まずは大まかでも全体にレイアウトしてみて、ボリューム感やバランスを確認することが大切です。

配置が決まったら、決めたデザイン通りに造花などを貼り付けたり、文字を書いたりして完成です!

 

おしゃれに見せるポイントは?!

せっかくなら、おしゃれなウェルカムボードを手作りしたいですよね。

かっこよくておしゃれに見せるにポイントとしては、

 

ごちゃごちゃにしすぎないこと

デコラティブにセンス良く見せるのは意外と難しいもの。あまりにも装飾しずぎると、まとまりがなくなります。シンプルすぎるかな、くらいでもちょうど良いです。

 

レトロ、ヴィンテージテイストがオススメ

最近の結婚式ではレトロな雰囲気や、ヴィンテージテイストが人気です。

しかもこれらのテイストなら、少し擦れたり失敗しても「味」となるのが嬉しいところ。

古木や少しくすんだ色の造花など、素材そのものがおしゃれなので、シンプルにアレンジするだけでも魅力的なウェルカムボードの出来上がりです。

 

全て手作りではなく、既製品に手を加える

時にはプロの力を借りましょう。誰でも簡単におしゃれなウェルカムボードを手作りすることができる「キット」がハンズやロフトなどにも売っていますし、ネットではおしゃれなロゴを無料でダウンロードできます。

既製品に少し手を加えただけでもお二人らしさは十分演出できます。

 

 

ウェルカムボードのアイディア

ウェルカムボードはまさに千差万別!結婚式の数だけウェルカムボードがあります。

アイディアも人それぞれで、たくさんの工夫がみられます。

こちらでは、ウェルカムボードのアイディアをいくつかご紹介します。

 

似顔絵や写真を使ったもの

定番ですが、ゲストが見て一番楽しめるのが写真や似顔絵など新郎新婦の顔が見えるもの。

似顔絵はある程度の力量が必要ですが、苦手でもあえて描いたものが逆に良かったりします。

写真は二人の思い出を再確認することもできて、作業自体がとても楽しくなります。

 

黒板を使ったウェルカムボード

こちらもおしゃれなウェルカムボードの定番!英文の落書き風にしてもよし、ゲストにメッセージを書いてもらってもよし、失敗しても消すことができるのが良いところです。

 

思い出の品や趣味の品をウェルカムボードに

ウェルカムボードはボード(板)でなければならないといった決まりはありません。

なんでもウェルカムボードにしようと思えば、なります!

サーフィンが好きならサーフボード、バイク好きなら二人で乗ったバイクなどに形どった文字を貼り付けたり花を飾ったり。変わったものであればあるほど、おおっとゲストの目を引きます。

ディズニーが好きな二人の結婚式で、巨大なミッキー&ミニーのぬいぐるみがウェルカムボードになっていたこともありました。

 

造花やブリザードフラワーで作ったリースをウェルカムボードに

会場の装花と合わせたカラーで、リースを作ってウェルカムボードにしてみてはいかがでしょうか。

造花の作り物感が嫌な場合は、ブリザードフラワーがオススメ。生花の美しさそのままで、半永久的に枯れることがありませんので、ずっと思い出の品としてとっておくことができますよ。

 

ウェディングツリーのウェルカムボード

ウェディングツリーとは、木の幹と枝のみが書かれたベースに、ゲストが葉っぱに見立てて指でスタンプをしたり、メッセージを書いたりして一本の木を完成させるもの。

ゲストと新郎新婦の共同作業で結婚式当日に作り上げるため、一体感が生まれますし、ゲストも楽しんで参加できる演出の一つにもなります。

 

 

二人の想いを込めたウェルカムボードにするために

ウェルカムボードを手作りする場合、主に花嫁となる女性が作ることが多いようです。

新郎も仕事や他の結婚準備で忙しいとは思いますが、ぜひこの作業はお二人で行うことをオススメします。

デザインを一緒に考えるのはもちろん、木材をカットするなどの大工仕事は新郎、飾り付けは新婦など、作業を分担しても良いでしょう。

お二人で頑張って作り上げたという経験が、その後の結婚生活でもきっと役に立つ日が来るはず。

ぜひ幸せな今の時間を大切にして、素敵なウェルカムボードを作ってください。

8/27まで!最大4万円もらえる
ハナユメのキャンペーン情報

ハナユメの公式サイトからブライダルフェアに予約することで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーン開催中! 8/27までの期間限定のお得なキャンペーンなのでお見逃しなく♪